2022年05月12日

Fedora-LXDE-Live-x86_64-36-1.5.iso。

dosパーティションに、リアルインストールしました。
fedora36のlxde版isoを、fedora spinからダウンロードして。

インストールした当該ドライブは、やっぱりマルチブートのhddで、
mbmで起動しており、インストーラーのブートローダー
のインストールが、mbrに入れるか、ブートローダーの
インストールをしない、の二択しかありません。
インストールしない、に設定して、fedoraのインストールを終え、
他ディストロから、/etc/default/grubで、
GRUB_DIS ABLE_OS_PROBER="false"を効かせて、
grub-mkconfigを実行。生成されたgrubのブートメニューより、
fedora36を起動。fedora36上で、
sudo grub2-install --force /dev/sda5 などとする
ことにより、本体から起動できるようにしました。

インストール後は、ほぼなにもすることがありません。
日本語環境のデスクトップになっていますし、
日本語入力も、ibus-anthyではあるものの、
問題なく日本語が打てる状態になっています。

インターネットブラウザのmidoriが
youtubeを再生で、システム全体がフリーズしますね。
動画を見なければふつうの挙動。

$ midori

(midori:3950): GLib-GObject-WARNING **: 16:35:44.878: ../gobject/gbinding.c:467: Unable to convert a value of type gpointer to a value of type CairoSurface

firefoxを入れました。最初おかしかったですが、
何度かシステムの再起動、firefoxの起動し直しを
しているうちに調子よくなりました。

fedoraはベータ版のないredhatのための斥候隊ですから、
こういうことなんでしょう。

fedora36lxde_2022-05-12_17-18-30.jpg


posted by ブログ開設者 at 17:27| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする