2022年03月23日

仮想環境でisoビルダーを使う方法。vmware workstation player16.2.3 / sparkylinux-6.2-amd64(lxde)

おととい、nekoさんよりコメントをいただき、
APorteus-v22.03.04-x86_64.isoのご案内がありました。
これは、位置づけとしてisoビルダーです。

主要ツールのカスタマイズをしつつ、
好みのAPorteusも作成するものです。

このiso自体も、日本語環境や
ブラウザがないだけで、ふつうにAPorteusです。
環境は、パネルにメニューをおいている
openboxのデスクトップですが。

いま、autofsをoverlayfsの変更に取り組んでいられる、
とのことです。まだ、これには反映されていない
ようでした。lsmodで、overlayモジュールが
動作していなかったので。

ホスト側の共有フォルダに宛てているフォルダに、
Aporteusのisoを移し、vmwareでゲスト起動しました。
で、メニューからisoビルダーを起動してisoを作成する方法です。
live起動上で、共有フォルダを使います。
open-vm-tools、fuse2 fuse-commonを
これもlive上にインストールしました。

ここでどういうわけか、activateコマンドが
ない状態だったので、起動したisoの奥から、
同コマンドを/usr/bin/にコピーしました。
インストールしたものを、
$ sudo activate … し、
$ sudo systemctl start vmtoolsd
vmwareのツールメニューから、共有フォルダの設定をし、
$ mkdir /home/guest/share
$ sudo vmhgfs-fuse /home/guest/share -o auto_unlmount \
-o allow_other &
などして、共有フォルダ内が見えるようになりました。

あとは、通常通り、元となるisoのパスを指定し、、、
あ、workスペースも、共有フォルダにし、
isoビルダー でisoを作成しました。
少し、残念なところではあるのですが、
現に起動しているシステムをインストールする
ことはできません。モジュールスタイルの
linuxであるせいですかね。元となるisoの指定が
可能である必要があります。

isoは、作成できましたが、5時間ぐらいかかりました。
work スペースを共有フォルダにしたのがまずかったか。
テストだったので、
素の状態で、何も追加していません
(追加したら失敗したのもあって)、
つまり、起動したisoと同じものの複製が
できあがりました。日付は、作成当日の日付になります。

時間のかかり方からすると、まことに現実的ではない
方法ですが、cd-rやusb、、、資材の消費なしにできる方法も
なくはない、ということです。workスペース(空き容量)は、
おそらく10GBは見たほうがいいです。

いま、nekoさんは、activate&deactivateコマンドの削除にも、
取り組んでいられるとのことです。 それがoverlayfsへの
変更とリンクしているのだと思います。その途上で、
このisoビルダー(APorteus)がどういう位置づけにあるのか、
私は、ファイルシステムについて知識が足りず、
きちんとは把握できていない状況です。
どのように進展していくのか注目です。

探索好きな方は、こちらです。
https://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=4997
の3番目の投稿(かなり下)に、i486版と併せて
APorteus-v22.03.04-x86_64.isoの
ダウンロードリンクがあります。

↓  ↓  ↓  ↓
じぶん的勝手な予想としては、overlayにすると、
「インストール」がなくなり、liveのまま
設定や追加パッケージとかを保存できるように
なるのかも、と想像したりしています。
そうなるのであれば、仮想環境派としては、大歓迎です。
仮想のhddを2つに別けるのは、簡単なので。


posted by ブログ開設者 at 10:09| Comment(4) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月21日

少しいじりました。Nvidia Xサーバー設定。sparkylinux-6.2-amd64(debian11 bullseye)

せっかくGカードを取り付けているのに、
Nvidia Xサーバー設定の設定を
まったくいじっていませんでした。

いじりました。

xserver-setting.jpg

opengl_2022-03-21_16-16-06.jpg

Max_performance_2022-03-21_17-02-07.jpg

以上ですが、動画の動きが少し向上し、画質がどれほど落ちたか、
私の感覚レベルでは、差はわからないです。
音が少し表面的になった気がしたので、
スクリーンショット下の設定をしました。
通常はAutoになっていて、
adaptiveのモード。音の奥行きが復活した感じです。
ただ、Prefer Maximum Performanceは、
システムを再起動したら、Autoに戻っていました。

OpenGL SettingsのAllow Flipping、Image Settingsは、
High Performanceにしておいたほうが、
私レベルの素人感覚では、差がはっきりわかります。
動画再生の動きは、ベンチマーカーを
使うまでもなく、誰でも判りますからね。
残りの選択肢は、High Quality、Quality、Performance。
メモリやGカードの辺りが熱くなったりは、
していない感じです。33℃。


posted by ブログ開設者 at 17:30| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

archbang-spring-rc-2003-x86_64.iso。vmware workstation player16.2.3 / sparkylinux-6.2-amd64

カーネルが、5.16.15-arch1-1。
あとは、前回と同じで、archlinuxパッケージが
更新されているだけだと思います。

今後の目標は、1ドルダウンロードだそうです。
sourceforgeのフリーダンロードの数に
掛け算して採算性を考慮しているんだったら、
考えが甘いと思います。
世界は、想像以上にドライ。1円でも取った途端に、
サポートは必要になるんじゃないですかね。
サポートはしません、と断って問題なしなんですかね。

ab2003_2022.jpg


posted by ブログ開設者 at 02:01| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする