2022年01月30日

日本語入力。linuxfs-11.1.1103-plasma-win11-theme。vmware workstation player16.2.1 / sparkylinus-6.1-amd64

日本語が打てないままなのもシャクの種で、
fcitx5のセットに変えようとしました。
synapticで、必要パッケージを弄りましたら、
fcitx5用のmozcもanthyもないことがわかりました。

一度、削除したのですが、fcitx-mozcのセットで
再インストールしました。それがよかったみたいです。
kcmモジュールもロードするようになって、
打てるようになりました。
怪我の功名? 瓢箪から駒? 犬も歩けば棒に当たった?
適切な表現が思い浮かびませんが、とにかく
日本語の入力ができるようになりました。

検索ツールとのキーバインドの重複は、
パネルの虫眼鏡アイコンをクリック、出た検索窓の
右下にある小さな設定アイコンをクリックで、
他の組み合わせにできます。
パネルウィジェット(虫眼鏡アイコン自体において)も
訂正する必要があります。右クリック→Properties、
アプリケーションタブでバインドキーを同様に
修正します。

mozcのctrl+spaceはそのまま生かしました。
検索ツールは、shift+spaceで、問題なく
使えています。

というようなことなので、私のインストールのとき
だけのイレギュラー事象かもしれません。
私と同じように上手く行かなければ、
fcitx-mozcのパッケージ群を一旦削除して
再インストールしてみてください。

linuxfs_desktop_20220130_201037.jpg


posted by ブログ開設者 at 20:26| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

archbang-winter-2901-x86_64.iso。vmware workstation player16.2.1 / sparkylinux-6.1-amd64

カーネルが、5..16.3-ach1-1になっています。
それ以外は、パッケージバージョンが
新しくなっているだけでしょう。

ab2901_2022-01-30_13-02-22.jpg

タイル型のデスクトップにしたくてしょうがない模様。
みどり氏が、dwmやdkなど、試していられます。

年寄りという者は、できだけ手を動かしたくない
みたいなことをメールで伝えたことがあります。

落とし処(isoのダウンロードは)
https://sourceforge.net/projects/archbang/files/


posted by ブログ開設者 at 13:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

linuxfs-11.1.1103-plasma-win11-theme。vmware workstation player16.2.1 / sparkylinus-6.1-amd64

linuxfsは、外観はwindowsに徹して、
中身はubuntu20.04lts(focal)な
linuxディストリビューションです。
仮想環境にインストールしました。
女房殿のニューマシンに合わせて、
win11もどきを選びました。

以下のご注意がよく出ます。

linuxfs-1_2022-01-30_11-29-33.jpg

fcitx-mozcのセットアップの画面が、開きません。
パッケージは足りていそうなんですけど。
kde-config-fcitxは、入っています。
kcmモジュールがロードしていない、とかって
叱られます。ロードさせても、設定画面が開かないので、
やっぱり何か足りていないんですかね。
いまのところ、パネルのアプレットをクリックすることでしか、
私のキーボード設定では、英日入力の切り替えができません。

usでなくjp106の設定でインストールしていれば、
設定画面が開かないままでも、
半角/全角ボタンが効くかもしれません。

edgeで見る動画は、仮想環境でもよく動きます。
外観は、win11とそっくりです。
デスクトップの無料ライセンスを取れ、
と言ってくるぐらいですから、当たり前?

この4月には、ubuntu22.04ltsの出るのが判っていて
入れることもないかな、という感じはします。
でも、22.04ltsでこの仕様にするには
時間がかかるんでしょうね。
ターミナルは、Microsoft PowerShellです。

英日入力の切り替えがショートカットキーに
ならないと、私の場合、使えないですね。
この記事も、linuxfsで書いていますが、
とてもじゃなけど、かったるくて使えないです。
英日の切り替えの激しい記事投稿なので。
ちなみに接タップツールが動いたにしても、
システム内検索ツールのキーバインドが
crtl+spaceに割り当てられていて、
修正しなければなりません。

live機能があって、お試しはできますが、
仮想環境でフルサイズにするには、
vmware workstation playerでは、
open-vm-tools、open-vm-tools-desktopを
入れて、機能させる必要があると思います。
ディスプレーのサイズ設定で設定をしても、瞬時に
上書きされるみたいですぐ元のサイズに戻ります。

ディストロの切り口としては、windowsユーザーへの
linuxお誘いの夕べ、ってところでしょう。
windows10風バージョンもありますよ。


posted by ブログ開設者 at 12:40| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする