2022年01月27日

archlinux。黄金期へばく進中?

いま、distrowatchのダウンロード100以内で
勘定しましたら、arch系は12ディストロでした。
endeavouros、manjaro、garuda、artix、arcolinux、archlinux本家、
bluestar、rebornos、mabox、kaos、archman、archcraft

すでに命脈尽きて、なくなったものもありますが、
bridgelinux、chakra、frugalwarelinuxとか。
それでも、100位以内に11あって、
トップテンに、3つもあるのですから、
大出世だと思います。

バイナリパッケージ更新スタイルの中では、
もっとも合理的だと思います。
この間、差分更新のgecolinuxを更新しました。
かかるかかる、時間が。更新中もpcが使えるんですけど。
ファイルの更新が始まったら、pc電源、切れないです。

debianは、bullseyeになって、スピードが上がった
と思いますけど、とにかくシステム更新に時間のかかる
のは、よろしくない、と思います。

archlinuxは、取捨選択がきっぱりしている
と思います。仮想ホストにされることは、
考えていないんじゃないですか。
仮想環境プロジェクトが、debian redhat方面に
しか関心がないのもあると思いますが。

あと、archlinuxの利用形態として向かないのは、
マルチブートの子ディストロにしたときです。
os-prober(grub)が、inteleやamdのucode.imgがある場合に、
initramfs-linux.imgを拾わないってことがあります。

これこそ、シェルスクリプトで補えばいいこと
なのですが、そのスキルはまだないので、
私の場合、手動修正になったりします。
(manjaroは、何らかの方法でこれが起こらない
仕組みを提供しています)

その2つを除けば、使っていてとても快適です。
設定ミス等の不具合も直しやすいですし、
arch-chrootコマンドも、とても便利です。
ユーザーがもっと増えていいんじゃないかな
と思います。

勝手に私的御用達に任命している
archbangも、かつては、30位台だったです。
linuxをやっているにもかかわらず、
コマンドアレルギーな人がまだ多い
ということではないですかね。

linuxにもっとも人の心を近づけさせるのは、
archlinuxだと思いますけどね。archメインにして、
もう10年を超えました。飽きることはありません。

ドキュメントの多さ(英語)は、ほかを圧倒していますし、
これからはlinuxで行くぞ、の人には、ぜひとも、
archlinux方面に目を向けてもらいたいです。


posted by ブログ開設者 at 17:11| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーって何なんだよ。と言いたくなります。python日記-19

それが教える者の態度か!って叫びたくなる。
解っているヒトというのは、解らないってことを
ホント理解していない。パソコンやっている素人人間が
キーと云われれば、キーボードのどこかの
キーかな、と思うではないですか。違う?

pythonにディクショナリって機能があるそうで、
それのどこが便利に使えるのか
まださっぱりわからないのですが、
辞書で調べられる方の言葉を
プログラミングの世界ではキーと呼ぶらしいですね。

広辞苑の宣伝が眼の前にあるとして、キーなんて
書いてあったら、なんのこっちゃ?にならないですかね?
25万キー収録とか、書かないでしょうに。
言葉の意味するところのほうの記述を値と呼ぶのは
IT的に解らないでもないですが。私の
ディクショナリという言葉のIT的理解が足らないんだろうな、
とは思います、、、。きょうは機嫌が悪いです。

高校生の頃かな、金持ち?のクラスメイトの家に
ホームステイしたアメリカ野郎が、
英語がまるで通じないのに辟易して、
ディクショナーリー!!! ディクショナーリー!!!
と叫んでいたのを思い出しました。
「ここは日本だ、日本語しゃべれ」と
言い返しはしませんでしたが。

ディクショナリ機能。
言葉と言葉を対応させているだけだと思いますけどね。
どういう場面で、これが役に立つのでしょうかね。
input()でAppleと入れたら、
りんごとかって出るならわかりますけど。
課題自体がつまらないというか、意味不明。
#!/usr/bin/env python3

E_to_J = {"Apple": "Ringo", "Orange": "Mikan","Grape": "Budo" }
for i in E_to_J:
print(i, E_to_J[i])

pythion_dectionary_2022-01-27_11-29-04.jpg

for文を使って、いかに求められる出力結通りにできるかが課題でした。

python側が、_to_ でディクショナリと理解するのか、
{}のカッコの種類でそれと悟るのか、ちょっとわかりません。
値の方を日本語にしても恐らく大乗仏教です。

答え合わせのできない出題サイトの課題です。

学習を数日サボりました。課題クリアに1時間ほどかかりました。
まだまだ、プログラミング脳の取得には程遠いです。


posted by ブログ開設者 at 12:15| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする