2022年01月17日

wifiアダプター(WI-U2_433DHP)、カーネル5.17でも動作。

(再掲)(20220507 again)

$ git clone https://github.com/aircrack-ng/rtl8812au.git

$ sudo mv rtl8812au /usr/src

$ cd /usr/src

$ sudo mv rtl8812au realtek-rtl88xxau-5.6.4.2~20220405

$ cd realtek-rtl88xxau-5.6.4.2~20220405

$ sudo dkms add -m realtek-rtl88xxau -v 5.6.4.2~20220405

$ sudo dkms build -m realtek-rtl88xxau -v 5.6.4.2~20220405

$ sudo dkms install -m realtek-rtl88xxau -v 5.6.4.2~20220405

$ sudo modprobe 88XXau


古いドライバーバージョンで、動かない場合は、

削除してからインストールする必要ありです。

たとえば、それが、rtl8812au-4.2.2であるなら、


$ sudo dkms remove -m rtl8812au -v 4.2.2 --all


カーネルを5.16に上げたarchbang(archlinux)で、

dkmsが働き、新しいカーネルにドライバを入れたようでしたが、

ドライバは動作せず、でした。5.6.4.2~20220405であれば、

5.17でも動作しました。/usr/srcに移してビルドするやり方は、

個人的な嗜好、おまじないに近いです。近頃の作法では、

ユーザーエリアでビルドするみたいですね。


単に一例ですが、linuxドライバのあるwifiアダプターなら、

インストールの方法は、似ていると思います。

dkmsを使う仕様におそらくなっているでしょう。



posted by ブログ開設者 at 10:58| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする