2021年12月22日

課題★2才児には画像出力で。シェルスクリプト粗談-5

音声認識のシェルスクリプトが
可能なのか、できないのか、、、。
勝手にできないと決めてかかって
キーボードでの代書は、
爺がやればいいや、でこんなです。

#1/bin/bash

echo " "
echo "ピがつくかわいいのは、だーれだ?"
echo " "
read str
str1="ピカチュウ"
echo " "
if [ $str == $str1 ];
then
eog -f '/home/user/画像/pikachu1.jpg'
else
echo "ちがうよ、パパやママじゃなく、ほら‥‥"
echo " "
fi

正解だと、これが
pikachu.jpg
どかんとフルスクリーン表示。

pikachu_execute_2021-12-22_19-50-40.jpg

eogコマンドは、デフォルトではなし、ですね。
(debian,、archlinux)。使うには、
eogがそのままパッケージ名で、
インストールする必要がありました。

始めたばかりの勉強。仕掛けとしては、
このへんで許してもらおうと思います。

あと、賞品を考える担当は、
お祖母様です。

私、エクセルができない絶滅危惧種です。
作業の効率化っていったって、
現役じゃないから、効率化したいものがないです。
この先、どう勉強を勧めていくべきか。

できたい具体的な課題がないと、
勉強は進まない、とネット上の大概の
センセイたちは、おっしゃっていられます。んー。


posted by ブログ開設者 at 20:38| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする