2021年12月04日

archbang-autumn-0412-x86_64.iso。vmware workstation player16.2.1 / sparkylinux-6.1-amd64

12月に入ってのリリースで、クリスマスプレゼント付き
ですと。スクリーンショット中央のシステム情報表示がそれ。
クリスマスツリーカラーできれない表示ですね。
super(win 旗キー)+ sキーで表示されます。

カーネルは、5.15.6-arch2-1になっています。
装備は、これまでどおり。

ab0412_2021-12-04_22-03-39.jpg

isoのデフォルト起動が、efiになっています。


posted by ブログ開設者 at 22:14| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私がwindows10を話しても、ネタにはならず。

ここに来てくださる方の3分の2ぐらいはwinな方で、
何も話しても、そんなことは先刻承知に、
なってしまいますね。

まあでも、感想を。
デバイスのドライバは、プリンターが古くて、
メーカーからダウンロードして反映しましたが、
それ以外は、すぐ動きました。
pc業界の支配者たるところ歴然でした。

edgeが、デフォルトブラウザーですが、
使いにくくはないですね。ブックマークバーは
出ない仕様のようなんですけど。
動画の動きは、仮想環境上にあるにしては、
よく動いています。ハードスペックを
超えてよくなることはありませんが、
2160pで風景動画を再生させても、
ふつうに動いています。

ツリー構造がないのは昔からですが、
どこに何があるか、不明瞭ですね。

windows11の評価版もあるようなのですが
(仮想環境ソフトウェアごとのファイル形式
で配布しているらしいですね)、10にしたわけは、
女房殿が普段から仕事で使っているバージョン
に合わせたからでした。

linuxにかなり慣れてきたじぶんからすると、
ゲームの世界に用はないですし、
デバイス対応もなんとかなっていますから、
windowsを使う意味はとぼしいです。


posted by ブログ開設者 at 17:51| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮想環境に評価版Windows10をインストール、第一感「疲れました」。vmware workstation player16.2.1 / sparkylinux-6.1-amd64

多くの人は馴れている世界でしょうが、私は、
windowsに関しては、ほぼ win7以来です。
初めて東京に上京してきたときのように、
目を白黒させられました。

windows10評価版の寿命は、40日間
(インストール後のデスクトップの右下に
90日って出ています、ホントかな。
40日って書いてあったはずなのに)で、
延長はできるらしいですけど、
一年までは、使えないみたいですね。
インストールしたわけは、女房殿に時折、エクセルの需要があり、
困ることがあったためでした。これまでは、
linuxのlibreofficeでごかましてもらっていましたが、
苦労も掛けているので、ってことでした。

vmplayer上にインストールするとき、いつものように
isoをイメージから通常起動すると、インストールに失敗します。

windows10_vmware_setting_2021-12-04_05-02-49.jpg

のように一旦して、設定を終えた後、
isoの起動前に再度、dvdイメージからの起動に戻す
というような
裏技みたいな操作が求められるようです。でないと、

----
マイクロソフト ソフトウェアライセンス条項が見つかりません。インスト
ール元が有効であることを確認し、インストールを再実行してください。
----

というような表示が出て、インストールに失敗します。
評価版だから、プロダクトキーの欄を空にしていたためですが、
上記のようにすると、プロダクトキーの欄も出ずに進みました。

あと、難しかったのは、共有フォルダのゲスト側設定でした。

説明するより早いので、
windowsのサポートページです

一部異なるようなところもありましたが、おおむね上記で行けました。

windowsのインストールは、相変わらず時間がかかりますね。
草臥れました。archbangなら、10分前後です。

あと、評価版の場合だけかは知りませんが、
保存先は、デフォルトではonedriveです。
情報は、頂戴します、ということでしょう。
暗号化できるみたいですが、、、

インストールしていても気持ちが後ろ向きなもので、
ほんとうに疲れました。

win10_nopay_2021-12-04_08-09-01.jpg

web版office(機能制限で無料)を使うには、マイクロソフトの
アカウントが必要でした。それもなかったので作成。
本人確認が執拗でうんざりでした。
ロボットじゃない証明に、図形選びが3連続でありました。

ソフトウェアが外部にあるわけですから、
動きがいいわけはないですね。回線速度がしっかり
していることが使用上の条件だと思います。


posted by ブログ開設者 at 10:27| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする