2021年12月30日

APorteus-LXDE_ja-v21.12.24-x86_64.iso。vmware workstation player-16.2.1 / sparkylinux-6.1-amd64

live起動してみました。
便利に使うための、いわゆるツール類は、フル装備に近いです。
ブラウザは、netsurfです。作り手の軽量化への執念?
そのぶん、好きなブラウザをインストールして!という具合です。

APorteus_2021-12-30_10-37-01.jpg

最近流行りのbraveもすぐインストールできます。
主要なブラウザは、すべて選べる充実ぶり。

そのほかネットワーク関連では!

APorteus_software-1_v2021_12_24.jpg

そのほかでは、

APorteus_software-2_v2021_12_24.jpg

孫への簡易ゲームづくりで、久しぶりにaudacityを
使いました。やっぱり便利です。録音できて、
mp3で書き出し、フリーの音声素材にない
ような音も効果音にできました。

メニューの中で重要なのは、3つです。

APorteus_menu_V2021_12_24.jpg

usbメモリへのインストールに使うのが、「ライブUSB生成」。
簡易インストールですぐ主要ソフトウェアが
使える「追加パッケージ取得」。
「追加パッケージ取得」でカバーできないソフトウェアの
インストールに使うのが、
「AarchLinuxパッケージ簡易管理コマンド」です。

日本語入力は、fcitx-mozcで、問題なくできます。
入っている日本語フォントで十分だと思いますが、
他のものを使いたければ、ブラウザでビルド済みのものを
ダウンロードしてきて、~/.fontsに入れ、
$ fc-cache -fv で反映。

じっさいのところ、扱いが難しいのは、
「AarchLinuxパッケージ簡易管理コマンド」で、
archlinuxのmirrorからソースをダウンロードし、
ライブラリ解析して、最小限の構成で、.xzm拡張子の
パッケージを作ります。そのおりに、
いくつか選択肢があるのですが、私もうろ覚えです。

rootのパスワードは、toorです。
ログアウトしたあとの再ログインのとき
のパスワードは、guestです。

カーネルは、最新のそのまた最新、
5.16-rc7。新しいデバイスを使っている
環境に、いいかもしれません。


posted by ブログ開設者 at 11:31| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいAporteusのリリースです。Porteusのarchlinux版化したlinuxディストリビューション

https://forum.porteus.org/viewtopic.php?p=36689#p36689

上記urlのサイト(駅のホームの写真が目印)で、
私の環境では、マウスホイール18回回しぐらい下へスクロール。
lxdeのi468版とx86_64版のリンクが見つかります。
リンクをたどってダウンロード可能です。

・APorteus-LXDE_ja-v21.12.24-i486.iso (563 M)
・APorteus-LXDE_ja-v21.12.24-x86_64.iso (566 M)

詳しくは、コメント欄の最新にある、nekoさんより
のコメントをご覧ください。

今回は、ソフトウェアは、あまり入れていない、とのことですが、
主要ソフトは、ビルド済み(検証済み)で、guiツールを
使ってインストールすれば、すぐに使える、とのことです。
jaが名前に入っているので、デスクトップ環境は、
日本語化済みだと思います、日本語入力も含めて。

ただ、usb等にインストールしたら、
必要になる可能性のあるものは、
早いうちにぜんぶインストールしてください。
時間が経ってから入れると、
ライブラリ齟齬などが生じる可能性があります。

isoの物理的軽量さと内容の豊富さでは、
比類できるディストリビューションはほかにないです。
8GBぐらいのusbに入れて使えば、ある意味、天国。
(RAMは、多いほうがいいです)

APorteusの操作については、2016年11月の半ばから
ひと月ぐらいの投稿に付いているコメントが役に立ちます。
nekoさんご自身に拠るご説明です。

いま、ご覧になっているページで、
すべての過去投稿に月単位で飛べるようになっています。
まず月単位で選んで、そのあとカレンダーを使えば、
たどり着くのに時間はかかりません。
各投稿記事の下のcomment
後ろの( )の中がゼロ以外であることが目印です。
関連しているコメントかどうかは、
開いてみないと判らないですが、
ほぼ、nekoさん(と私)のコメントが続いている
と思います。APorteusに関するドキュメントは、
おそらくこれ以外にない、と思います。

APorteusは、本家のPorteusも含め、かなり特殊です。
ふつうのlinuxディストリビューションとは、
扱いがまったく異なります。

探究心を全開にして、ぜひ、お試しあれ。


posted by ブログ開設者 at 10:30| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月29日

新しいNuTyXが出ていますが、、、。linuxディストリビューション

前回リリースのとき、インストールしました。
今回は、また違うかもしれませんが、前回リリースのを
きのうすこし、動かしてみて感じたところを、ご報告。

システムの起動ごと、youtube動画の音が間延びしたり、
縮んでしまったり、正常になっても
ぷつぷつ音が出たり、します。

仮想環境には、vmware workstation playerには、
インストールできても、起動しなかったです。
virtualoboxなら、インストールの本体起動は可能でしたが、
virtualboxのguest additionsがデフォルト状態では
機能しなかったです。

日本語入力は、mozcをビルドすれば、ibusで
できますが、mozcのアプレットアイコンが
私の場合、上手く表示させられませんでした。

linuxユーザーで、じゃじゃ馬馴らしが趣味な人向け
というのが実際のところ。
インストーラーも、フルネーム、ユーザー名を決めたりする
ところで、いらいらさせられることもあります。

東アジア言語対応は、
まったくしていません。一番東で、ベトナム語までです。
こっちの方角は、まったく向いていない精神構造なので、
それを日本語仕様にしてしまうのは、むずかしいですね。
わたしは、環境を日本語化できなかったです。

きょう、動かしての収穫は、以下です。

/etc/rc.d/init.d/rcの54行目と59行目を修正。

if [ -z $interactive ]; then
${i} ${2}
return $?
fi

while true; do
read -p "Run ${i} ${2} (Yes/no/continue)? " -n 1 runit
echo

以上を行うと、virtualboxの
guest additionsは効くようになりました。
ただし、引き換えにnetworkmanagerが、繋がらなくなりました。

ethernetに限っての話になりますが、修正しての起動後に、
手っ取り早くネットにつなぐ方法は、修正前の
つながっている時に
$ sudo cards install dhcpcd
とdhcpcdをインストールしておくことです。
$ sudo dhcpcd &
で、つながります。
ただし、networkmanagerのappletは、バッテンが
付いたまま。networkmanagerは機能しないままです。
でも、additionsとネットの両立はできます。

日本人が付き合うには、よっぽどの物好きである
ことが条件、ということで間違いないです。

魅力があるとすれば、全面自前でのシステムだ、
ということです。sysVのdebianに近い
んでしょうけど。/etc/inittabファイルがあります。

前々回インストールしたときと、前回インストールした
ときとでは、ずいぶん時間が隔たっていましたが、
変わった感じはなかったので、今回も大きくは
変わっていないんではないですかね。
前回インストールした時期は、数ヶ月前です。
10月のはじめぐらいだったと思います。


posted by ブログ開設者 at 12:28| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする