2021年11月23日

身ぐるみはがされていくopenbox? / linux

すでに、oblogoutはなくなっていました。
obmenu-generatorも、aurからなくなっています。
復活しています。
代替手段はあるにせよ、寂しい限りです。


いずれ、本体openboxも、つながりで、
lxdeもなくなるのかもしれませんね。
これらは、じぶんの主力デスクトップ環境です。

archlinux界隈での話です。
ほかでも、似たような状況ではないでしょうか。

余談ですが、wirelessアダプターで、rtl8812auという
モジュールを必要としますが、カーネルが上がると、
dkmsが自動でモジュールを反映してくれなくなりました。

いま、archlinuxのデフォルトカーネルは、
5.15.4.arch1-1辺りですが、ltsカーネルだと、
5.10.81-1-ltsまで下がります。
そして、ltsカーネルをインストールすると、
またdkmsが働きだしてくれて、デバイス利用を
復活させることができました。

外部モジュール(ドライバー)は、極力
使わずに済むに越したことはないですね。
システムを更新するにも、アップグレードする
にも、足かせとなります。

これから、linuxをという方は、
ありきたりなハード環境でトライすることが
悲しい目に遭わないための一里塚。
心いたしましょう。


posted by ブログ開設者 at 15:11| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

intel環境でインストールのlinux_os(hdd)が、amd環境につないで動いた。

使っている2TBのhddがもう満杯です。
仮想ホストにして調子のよろしくない
fedora35も経過を見たく、
新たにパーティションを作るわけにもいかず、
ってことで、intel用のhddをまるまる1個、
amd用に明け渡そう、と考えました。

centos-8のインストーラーが入った
usbメモリで起動したつもりが、なぜか、
hddからの起動になりました。
クリックが下にぶれた?
捨てないで!と言いたげに、mbmの
os選択画面が出ました。

起動候補にあったものの一つに、fedora34がありました。
起動させてもどうせfailedになるだけだろう、と
思ったのですが、どういうわけか、ふつうに起動しました。

ゲゲッ! そんなことって、あるの?
起動したということは、いっぱいあるintel環境で
インストールしてきたlinux_os入りhddをつなげば、
ぜんぶ動くのか!、、、ってことで、方針を転換。

centos-8のインストールは取りやめ、
fedora34で、仮想環境を試すことにしました。

それにしても、たぶん知っている人は、
遠の昔に知っているんでしょうけど、
intelでインストールしたものが、amdで
動くというのは、新鮮な驚きでした。

core i 5 2450sでインストールしているはずの、、、
少なくとも、fedora34(元はfc30)と
archbangは、ryzen 3 2200gで問題なく起動しています。
全面的にitenlとamd間、何をもってきても動作するってことは
考えにくいですが、たまたまピタッと相性が
あったのか、不思議でした。

で、fedora34への仮想環境の導入、
virtualbox-6.1.28および、
vmware workstation player16.2.1のインストールは、
問題なしでした。でも、virtualboxのほうは、
ゲスト上でミニツールバーが出ません。
archlinuxでのvirtualboxと同じ状態を呈していますが、
guests_os(archbang-autumn-2111)の
動作はまったく問題ありません。

一方、vmware workstation playerのほうは、
同じarchbangをインストールして、
動画がフルスクリーンのとき、駒落ちします。
メモリ量とか上げても、状況に変化は
起こりませんでした。マウスでウィンドウを
ドラッグするときの追随性もいまいちです。
問題は、動作性能の部分だけです。

ちなみには、ホストにしたfedora34のデスクトップは、
fedora spinからのlxqtです.デスクトップ環境が違えば、
様子が変わってくるのかもしれません。
lxqtに対する信用度は、私の場合、あまり高くないです。
最初は、いいぞ、いいぞ、を連発していたのですが。

redhat系は、仮想環境の構築には
あまり向かないのかもしれませんね。

ちなみに、 vritualboxのguest additionsを
ダウンロードするときに見えたのですが、
virtualbox-6.1.30が最新になっていました。

intel環境でインストールしたlinux_osが、
amd環境で動いても、行きはよいよい、
帰りは恐い、ってことはあり得ると思います。
つまり、intel環境に戻して、起動しなくなる
ということがあるかもしれません。
トライは、自己責任で、よろしく。

fedora34_virtual_environment-2.jpg


posted by ブログ開設者 at 13:18| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする