2020年06月02日

dwmをテスト。artix-base-s6-x86_64。virtualbox-6.1.8 / sparky-5.11-x86_64-xfce

archbangのgreen氏は、デスクトップをdwmにしようとして、
願うようになかなかならないらしく、i3-wmに戻そうか、
お悩み中のようです。

じぶんは、dwmというのは、ぜーんぜん知りませんでした。
youtubeには、dwm関連の動画が、2016年には
アップロードされており、にわかに出てきたものではない
ようなのですが、知りませんでしたね。

で。yayコマンドを使ってインストールし、
sddmの/etc/sddm.conf.d/autologin.confの設定を
Session=icewm-session.desktopから、dwm.desktopに変更し、
起動してみました。無事起動しましたが、素人のパッと見では、
ほかのタイル型とそんなに違うわけでもなさそうなのですが、
どうなんでしょうかねえ。

dmenuと一緒に使うみたいらしく、alt+pで起動はするけれど、
実行ファイルの頭文字を入力すると、dmenu自体が終了しちゃいます。
dmenuを使っていての初めての状況です。不具合か、私の
やり方の問題か、ちょっと判別しかねています。

一瞬、何も操作できず、デスクトップ上で
また弁慶の立ち往生か、
と心配しましたが、alt+shift+enterで
ターミナル(たぶんxterm)が起動する
ことがわかって、事なきを得ました。

設定を変更するには、~/.cache/yay/dwm/config.hを
編集して、コンパイルのし直しをするらしいです。
設定ファイルらしきものは、たしかにありません。
/usr/bin/dwm自体を書き換えるということのようです。
makeファイルが2000行未満という決まりも
あるらしいです。徹底して軽くしようということのようです。

じぶんは、archbangの結論を待って、そのとき、
また試したいと思います。

dwm_example_2020-06-02_21-10-44.jpg

icewm上で、dmenu_runを実行しましたら、
ふつうに使えました。dwm上での環境設定で、
なにかしらの問題があるのかも。



posted by ブログ開設者 at 21:40| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パネルのデジタル時計の表示設定、artix-base-s6(openbox→icewm化)。virtualbox-6.1.8 / sparky-5.11-x86_64-xfce

icewmのパネルに、デジタル時計が表示され、
表示されているところでの右クリックで、
表示スタイルを変更できますが、その場限りで、
ログアウトないしシステム再起動で設定はクリアされ、
デフォルトの表示に戻ってしまいます。

デフォルトでは「16時37分50秒」と丁寧するぎるので、
「16:37:50」で表示したく、方法を探しました。

~/.icewm/preferencesの850行目辺り
# TaskBarClockLeds=0 # 0/1
  ↓  ↓  ↓
TaskBarClockLeds=1


~/.icewm/preferencesの643行目辺り
# TimeFormat="%X"
  ↓  ↓  ↓
TimeFormat="%H:%M:%S"

icewmのメニューの「ログアウト(L)… ▶」の
サブメニューにある「icewm を再起動」を選択。

で、簡略化した表示の固定ができました。

設定ファイル(preferences)の中身は、
すべてコメントアウトされた状態で、
デフォルト設定は、実行ファイルに組み込まれています。

icewmの動作は、当然のことながら、規定の設定優先で
アナログ的な設定は、上書きすることで成立するようです。
テーマもいろいろありますが、この中から選んで
やっておきなさい感は、かなりあります。
その一部を変更するのは、少し手間がかかりますね。
ただ、設定の仕組みからすると、
他のテーマを選んだときも、この変更した
時計表示は、有効になるはずです。

でもですねえ、右クリックで別な表示が選択できるなら、
ふつう、変えたスタイルは保存されますよね。
軽いデスクトップを実現する、ということは、
こういうことなのさ。ちょっとした不便ぐらい甘受しろ、
ということのようです。


posted by ブログ開設者 at 17:11| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

誰も聴きたくない苦労話…軽量化&オートログイン+オートstartxの設定失敗の巻。openSUSE-Tumbleweed-DVD-x86_64-Snapshot20200528-Media.iso。virtualbox-6.1.8 / sparky-5.11-x86_64-xfce

一発でフルスクリーンのデスクトップが出ないのを
なんとかしたくなって、lightdmとxdmを削除しました。

そして、archbangでのいつものやり方:
$ sudo systemctl edit getty@tty1
[Service]
ExecStart=
ExecStart=/usr/sbin/agetty --autologin USERNAME --noclear %I $TERM


$ nano ~/.bash_profile
. $HOME/.bashrc
[[ -z $DISPLAY && $XDG_VTNR -eq 1 ]] && exec startx


$ nano ~/.xinitrc
exec icewm-session

などとしてみたら、startxのところで
error表示がループして、プロンプトも出せなくなりました。
トホホ。

手をつくしても、設定を解除することがなかなかできず、
万策尽きたかに見えたその一瞬に蛍光灯のアタマがひらめきました。

とりあえず、オートログインを止めれば、プロンプトは
出るはず、ってことで、fedoraのisoをdos起動して、
(opensuseは、efiインストール)、
ルートパーティションのsda2をマウントし、
$ sudo rm /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/override.conf
を実行。systemdのオートログイン設定を削除しました。

思惑通り、本体起動、root(オートstartxのないユーザー)で、
ログインすることができ、/home/user/.bash_profileの
設定を削除することができました。

けっきょく、lightdmとxdmを再度インストールし、
よく解らない症状を受け入れることにしました。

システム終了時にゲストのopensuseをウィンドウ表示に
してある状態でシャットダウンすると、立ち上がるときも
ウィンドウ表示のままですが、デスクトップは出ます。
何が原因なんですかね。ちょっとわかりません。

今回の学びとしては、1つ目は、以前にも言ったことですが、
efiでvirtualboxにインストールした場合、
物理ドライブやisoの起動を上位にしても、
インストール済みのhddから立ち上がるので、
レスキューできない。dos起動の設定にして、
live media(iso)を起動する必要があります。

2つ目は、opensuseは、たいへんにセキュリティが
行き届いていて、外部メディアによるマウントはできても、
/mnt/homeの以下がない、状態になります。
つまり、幕を張るわけですね。ですが、
システム内は見せてくれます。ですから、
/etc/systemct/system/getty@tty1.service.d/override.conf
を削除することはできました。

今回は、かなり際どかったです。opensuseとは、
なんだかんだで縁が薄いのかな、と思い始めていましたので。

今回の騒動で感じたopensuseの印象は、
なんでも自動化してくれているけれど、
ある意味それは、手前共の掟に従ってもらいます、
的はお仕着せでもあります。
xdm lightdmによるデスクトップの起動のさせ方も、
がっちり固まっていて、ほかは許さん、って感じを受けました。

lightdmをsddmに変えようとしましたら、
188パッケージも入り、ぜんぶで100mbを超えて
いましたかね、そこまで重くしてやるほどのことでもない
ってことで、やめました。

xdmパッケージにdisplay-namager.serviceという
サービスファイルがあり、lightdmをひっかけて起動させます。
lightdm独自のsystemdサービスはありません。
このへんの作りは、archlinuxとは違います。


posted by ブログ開設者 at 12:24| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする