2020年03月27日

xfce4-session-logout(guiツール)からのログアウト問題も一応収束。FuryBSD-12.1-XFCE-2020030701。vmware workstation player15.5.1 / sparky-5.9-x86_64-xfce

guiツールを使ってのlogoutが、failedが出て、
ダラダラとerror表示が出、リターンキーを叩くと、
一応プロンプトが出る件(既投稿。error表示のつづきで、
プロンプトでの入力がかき消されたりもする)ですが、、、

logout_failed_2020-03-25_13-10-11.jpg

というような表示が出ていましたが、
それなりに始末をつけることができました。

logout settings_2020-03-27_07-25-59.jpg

デスクトップ環境が英語での表示名ですが、
アプリケーションメニューより
Settings → Sessions and Startup のGeneralタブ、
Logout Settingsの
□ Automatically save session on logout
にチェックを入れることで、ダラダラ表示は止まり、
すくプロンプトが出るようになりました。

logout_yes_2020-03-27_07-18-04.jpg

デスクトップ環境が同じxfce4のxubuntu18.04ltsで、
同じところがどうなっているか、状況を確かめました。
xfce4-session-logoutで、ログアウトすると、すぐに
lightdmのログインの画面に移行しました。

lightdmのサービスを停止し、もう一度
同様のやり方でログアウト操作をしました。
今度は、ログインしたままのプロンプトが
黒画面に出ました。
□ Automatically save session on logout
にチェックは入っていない状態です。
チェックを入れて、同様にログアウトしても、
状況は同じでした。つまり、ログインしたまま。

xfce4-session-logout --logout コマンドには、
ログアウト機能はないみたいです。
xfce4とXをexitするだけのようです。
ディスプレーマネージャーに
ログアウトしてもらうのでしょうか。

lightdmは、FuryBSDでもデフォルト装備です。
使えば同じように、ログアウトできるのかも
しれませんが、自動ログインを
ディスプレーマネージャーを使わずに
設定してしまっているので、仮想環境上で、
またややこしいことになるのもいやなので、
このままにしておきます。もうひと手間、プロンプトで、
exitコマンドを実行すれば、ログアウトはできますので。


exitコマンドを実行すると、startxしたのと同じで
デスクトップが立ち上がるのでした。はて?
プロンプトが出ている状態で、ctrl+alt+F2すると、
ログアウトできました。rootになれます。これで行くしかない?
この状況での操作で、ホストosがログアウト
してしまうことはないです。


posted by ブログ開設者 at 10:14| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする