2020年03月20日

Fedora-LXQt-Live-x86_64-32_Beta-1.2.iso。vmware workstation plyaer15.5.2 / xubuntu18.04.4lts

fedora32のベータ版が出ています。すでに
spinsにもベータ版があり、ダウンロードして、
liveで動かしてみました。

これまでとの違いは、よくわからないです。

liveでも、環境は日本語にできます。
日本語入力は、できませんでした。
システムの再起動なしでは、しんどいのかもしれません。
mozcはなくて、anthyです、fcitxで。

デスクトップの仕上がりは、いかにもベータ版で、
黒いパネルに、黒い文字やアイコンになっちゃっています。
パネル設定でパネルの色を白にするなどすれば、
簡単に直ります。

仮想環境で動かすんであれば、なおのこと、今回落としてみた
LXQt版など、軽い環境がよいです。。あと、lxde、cinnamon、
mate-compiz、plasam、xfceもあります。
使ってみたことのない、soasなるデスクトップもあります。

fedora32-beta_2020-03-20_02-54-10.jpg

ダンロードサイトは、fedora spins で検索。
インストールしてみるには、
画面左上にアイコンがあります。


posted by ブログ開設者 at 03:49| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする