2019年07月28日

amd-ucode(microcode)なんですけど、、、。archlbang / virtualbox-5.2.18 / xubuntu-18.04(.2)lts

amd_cpuでは、xubutun18.04ltsおよびその18.04.2ltsを
virtualbox-5.2.18のホストにしています。
つまり、hddが2台あります。
amdのcpuを使って最初のxubuntu18.04ltsをホストにしたとき、
フリーズしないわけではないけれど、
そんなに頻繁ではありませんでした。

今回、/boot/amd-ucode.imgが有効になってから、
ゲスト上の高解像度の動画はよく動くんですが、
突然、ホストもろともフリーズすることが多くなりました。
(ゲストで音の出るものを見ていると、音は引き続きし、
マウスのカーソルも動くけど、操作はできない)

つまり、/boot/amd-ucode.imagを疑ってみたんです。

よくよく調べてみたら、これまでも、amd-ucodeはインストール
されていたのですが、grub-mkconfgをシステムのインストール後に
やらないと、initrd行にmicrocodeのimgが入らないため、
実質、働いていなかったわけです。
amd用の最初のhdd上、xubuntu18.04ltsのvirtualboxに
インストールしたarchbangは、
/boot/amd-ucode.imagは、存在するものの、
すべて機能していない状態でした。
で、フリーズになりにくい、ってことがありました。

7台ぐらいですかね、さっきシステムをupdateしてみて
いくらか触りましたが、問題ありませんでした。
いま、2台目のhdd(xubuntu18.04.2lts)に戻って、
/boot/grub/grub.cfgのinitrd行から、/boot/amd-ucode.imgを
外して、使ってみています。いまのところフリーズ
しませんねえ。検証状態がはっきりしてきたら、
またご報告します。


posted by ブログ開設者 at 21:41| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

amdのcpuで、システム起動しないというようなこともあるようです。debian10既知の不具合

amdは、bios更新で対応した、って話もありますが、
じぶんの場合、2019/05/22リリースの最新版には
なっています。

財形新聞のサイトの記事。
『AMDのCPUにおけるRDRAND命令に不具合、Systemdが影響を受ける』
https://www.zaikei.co.jp/article/20190717/521624.html

書いてあることは、難しくてよく判りませんが、
先般、debian10上で、virtualbox及びvmware workstation playerで、
ゲストosが起動しないということがありましたが、
関係あるんでしょうか。

2tbの中古hddを買ったはいいが、何をホストosにするべきか
考えどころではあります。debian9(stretch)のほうが
安全なんでしょうかね。xubuntu18.04ltsも、サポートの
長さは魅力ではありますが、ばっちりって感じはしていません。


posted by ブログ開設者 at 11:04| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする