2019年07月21日

archbang-beta-2107-x86_64.iso。virtualbox-5.2.18 / xubuntu18.04.2lts

openboxに戻っています。
ほぼsummerバージョンと同じです。
dmenuが入っています。
主要ツールは、firefox、pcmanfm、lxterminalと
エディタは変わって、l3afpadです。
キーバインドを少し変えたみたいです。
dmenuを出すには、super + dです。
deadbeefは削除されています。
カーネルは、5.2.1-arch1-1-ARCH

上辺にdmenuを出したところ。名前を入力途中で、
候補に当該アプリが出たら、「→」キーで選択&リターンです。
archbang2107_2019-07-21_23-02-05.jpg

xdg_menuでメニューに自動的に入らない場合は、
こちらを使って、ってことですかね。
archlinux-xdg-menuパッケージは、~/.config/openbox/menu.xmlを
見た限りでは、入っているようです。
確かめたら、入っていました。

dmenuは、インストールしていないアプリも候補に出ます。

isoファイルをliveで起動しただけです。virtulaboxでなら、
フルスクリーンで試用できます。


posted by ブログ開設者 at 23:22| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと付けswapfile作成方法。ubuntu18.04.2lts / tb350-btc + ryzen 3 2200g

このごろ、時々システムがフリーズします。
いつも、カーソルは動くものの操作はできない、
音は出ていて、あとは、
なにもできない、という状況。
起これば、いつもこのパターンです。

概ね、vmware workstation player15.1.0か
virtualbox-5.2.18を使っているときですけど。
16gbもあるのですから、
単純にramがいっぱいになって、ってことでも
ないような気もしますが、、、。
ホストosである、ubuntuごとフリーズするので、
ホストにswapfileを設けした。

$ su
# dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=65536
# mkswap /swapfile
# swapon /swapfile
# nano /etc/fstab

追記内容:
/swapfile swap swap defaults 0 0

swapfileのサイズは、64mbにしました。少なっ!
効果? 感じませんね。作成後にも一度、
xubuntu18.04ltsは、フリーズしました。

xubuntuの側に、なにかあるんじゃないのかな。
もうひとつ保有する、xubuntu18.04ltsは、
しばらく触っていないですが、ほとんど
フリーズしなくなっています。
システム更新して、出るようになれば、
xubuntuのせいだ、ってことにはなりますね。


posted by ブログ開設者 at 06:53| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする