2019年07月25日

archbang-beta-2407-x86_64.iso。virtualbox-5.2.18 / xubuntu18.04.2

このところ、archbangが矢継ぎ早に出ています。
2407バージョンは、インストールすると、
microcodeが入るらしいです。これまでも
入っているつもりだったみたいですが、
不具合で入っていなかったみたいです。

使ってる環境によって、
amd-ucodeかintel-ucodeがインストールされ、
/bootに、amd-ucode.imgかintel-ucode.imgが
入るものと思われます。

cpuの動作を最適化するようですけど、
実感するのは、むずかしいですね。

しかも、リアルインストールの
マルチブートの子ディストロとして
入れる場合、親ディストロからのgrub-mkconfigで、
os-proberが働くとき、microcodeが邪魔になって、
initramfs-linux.imgが拾われず、
システムが起動しなくなります(カーネルパニック)。
たぶん、いまでも対応できていないと思います。
親ディストロの/boot/grub.cfgを修正すれば
済むことですが、手間ですよね。
microcodeを使うには、注意が必要です。

カーネルは、5.2.2-arch1-1-ARCHに上がっています。
外観、ツール内容に、変化はないようです。


posted by ブログ開設者 at 00:01| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

TDE(trinity)デスクトップ環境。q4os-3.8-x64.r1 virtualbox-5.2.18 / xubuntu18.04.2

システムをapt update & apt upgradeした拍子に、
plasmaだったデスクトップ環境が、xfceになりました。
xfce上で、どうやってもsynapticが起動しないので、
デスクトップ環境を戻すとかしなければ、
ってことになりました。

つらつらと調べるに、ディスプレーマネージャーは、
tde.serviceというのがsystemdで動いていて、
tde周辺ファイルは、/opt/trinity以下にワーッとあります。
(オートログインの設定は、 /etc/trinity/tdm/tdmrcで)

デスクトップの変更は、login画面のパスワード入力欄右下の
menuをクリック。プルダウンメニューのsessionsの▼に
デスクトップ等の選択肢がありました。
そこで、TDEを選んだら、立ち上がったデスクトップは、
なかなかの出来で、exegnulinux64の同じtrinityと比較して、
ふた味ぐらいは上の雰囲気でした。こちらだと、
synapticも無事に起動するので、使うことにしました。

ただ、手が込んでいるぶん、動画の動きは、
exegnulinux64のtrinityに負けますね。ベンチマーク代わりの
動画は1440pまででした。それでも十分なんですけど。

アプリケーションのメニューは、TDE menuというもので、
xfceのwhiskermenuとよく似ています。使っているアイコンが
きれいなフラットアイコンで、心地よいです。
trinity環境って、これから流行ってくる気配のような。

環境の日本語化は、tde-i18n-ja-trinityの
インストールが必要です。fcitxのオートスタートは、
$ cp /usr/share/applications/fcitx.desktop ~/.trinty/Austostart/
です。

ちなみに、xfceは、テーマが提供元のデフォルトのまんまで、
つまらなかったです。

TDE_2019-07-24_20-51-05.jpg
きれいさだけで云えば、タイポグラフィー的に
英語のままのほうがいいですね。


posted by ブログ開設者 at 21:34| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

virtualboxやvmware workstation playerのゲストとして、debian系を入れたとき。ホスト:xubuntu18.04.2 ハード: bt350-btc + ryzen 3 2200g

考えてみれば、bt350-btc + ryzen 3 2200gで、
debian系をリアルインストールしたことはありません。
しかも、最近になって、ゲストとして、
debian系を入れたりしています。

総じて云えるのは、apt updateして、更新候補があり、
apt upgradeをすると、ダウンロードの速度に問題はないけれど、
展開、上書き等で、とてつもない時間がかかります。
strecch(debian9)、buster(debian10)でもです。
初めて経験することで、どこに問題があるのか、判りません。
滞りがちな更新状況で、ホストに廻って、conkyの
cpu使用値を見ると、ほとんど使われていないみたな?
cpu4個を使う指定でゲストを動かしていますが、
1個の3分の1ぐらいしか使っていないみたいに
時間がかかります。hddも、線香花火の消えかかりのごとく
ジリジリやっています。

intel cpuで動かしている仮想環境のdebian系もあった
だろうと想いますが、こういう感じは覚えがないです。
apparmorとかの設定って、関係ないでしょうかね。

なお、システムのapt upgrade以外のときは、
cpuはきわめてふつうに動作しているように見えます。
exegnulinux64は、仮想環境上の動画の動きが
最高によいディストロの1つだと思います。


posted by ブログ開設者 at 17:44| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする