2017年08月05日

最新のiso作成例がアップされています。APorteus

私は、この間、usbメモリをおかしくしたこともあり、
インストールメディアがありません、、、。
(おかしくなったusbフラッシュメモリは、fat32にフォーマット
しなおしましたら、ふつう?に使える保管庫にはなりました)

APorteus-OPENBOX_ja-v17.07.27-x86_64.iso (341 M: openbox)
http://forum.porteus.org/go.php?http://www.mediafire.com/file/u47mm13yip5tipb/APorteus-OPENBOX_ja-v17.07.27-x86_64.iso
md5sum: 1c6f5f2f8b355a7032cc5cf47837e65a

APorteus-LXQT_ja-v17.07.29-i486.iso (801 M: lxqt desktop)
http://forum.porteus.org/go.php?http://www.mediafire.com/file/hye9ddtzu9lt00q/APorteus-LXQT_ja-v17.07.29-i486.iso
md5sum: f9db0c1a157e3814694ba70c88b8df34

重さがふたつでたいぶ違いますね。
lxqtのほうは、800mbもありますから、
ほぼフル搭載なんだろう、と思います。

落とし処(リンク掲載サイト):
http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=4997&start=255


posted by ブログ開設者 at 22:22| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

archbey2の不具合。古めのarchbang(2013年頃)

更新しているうちに、terminalの
archロゴ+諸システム情報表示がおかしくなりました。

archbey.jpg

freeというコマンドを使っているらしくて、
オプション指定が違っているみたいなことらしいです。

$ sudo nano /usr/bin/archbey2
として、14行目 freeコマンドの -mtoとなっている
ところを、oを削除して-mtにすれば、解決します。

archbey2.jpg

archbangの2つほどで起こった事象です。
もうじきarchbangも骨董品入りしそうですので、
大事にしていかないといけないですね。

archbeyというのは、mr.green氏が
archeyをアレンジしたものです。


posted by ブログ開設者 at 12:58| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

fc24をfc26へ、part5。 fedora-workstation.x86_64

5例目は、fc19でインストールして、20、22、24ときて、
今回fc26にしました。30gbのパーティションの混み具合を
確かめることなくトライしたら、途中で容量が足りない
とアップグレーダーに叱られました。

すぐ後ろのパーティションにあるarchbangを
ひとつ削除してパーティションを拡張。
展開する場所を作って、
なんとかアップグレードできました。

実質必要なのは、10gbぐらいだろうに、あれこれ削除しても、
23gbぐらいも場所を取っています。fedora19からの
降り積もったなにがしかが在るんでしょうけど、
ガバッと削除する方法を知りません。

システムが壊れてしまっては、元も子もないので、
やや腰が引けています。


posted by ブログ開設者 at 02:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする