2017年08月02日

archbangは、終わるようですね。

Arch-openrc, Manjaro-openrc Manjaro-lxqtの
3つプロジェクトが合体して、Artixになるんだそうで。
この3月まであったarchbangのsystemd版は、
全面archlinuxですから、
続けて使うのになんの影響もないでしょうが、
openrc版は、影響必至でしょうね。

[arch-openrc]は、すぐにでも止めるみたいな話、、、。
新プロジェクトのスタートまで数ヶ月だそうです。
だから、いまアップロードされている
isoを仮想で試したり遊んだりするのはいいけれど、
主軸osのつもりのインストールはやめておけ、とのことです。

でいったい何を始めるんでしょうか。
alpineベースでなにかやる?

http://bbs.archbang.org/viewtopic.php?pid=33562#p33562


posted by ブログ開設者 at 19:17| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

fc24をfc26へ、part4。 fedora-workstation.x86_64

こんどは、fc22でインストール、その後に、
fc24へアップグレードしていたfedoraを、
今回、fc26へアップグレードしました。

デスクトップ環境は、gnomeだったので、
何も不都合は起こらず、スイスイと行きました。
やったことは、fc24の最新カーネルの
kernel-4.11.12-100.fc24.x86_64の一群を
削除したことだけです。あ、extender-dnfを使って、です。

申しそびれていましたが、一回目から
adobe-linux、rpmfusion、google(chrome)などのリポジトリは、
開いたままです。それでも上手くいきました。カスタマイズした
gnomeのパネルカラーやgtkテーマも引き継がれています。

じじくさい壁紙を観てもらおー。言葉はわたしじゃないです。
Screenshot from 2017-08-02 12-58-52.jpg


posted by ブログ開設者 at 13:08| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

openrc版の更新で、、、。archbang

openrc版のarchbangの2つほどで同じ状況だったので、
たぶん、どなたにも出る症状でしょう。

$ sudo pacman -Syyu

と更新をかけると、

依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...
:: systemd と eudev-systemd が衝突しています (systemd-tools)。eudev-systemd を削除しますか? [y/N]


このように出て、yするとまた次のが出て、、、

で、事前に、

$ sudo pacman -R netctl

をしておくと、上手くシステム更新できます。

openrc版といったところで、
元になっているのはsystemd版です。
まだまだ、改造しただけの領域。
システム内にsystemd版の残滓があるわけですね。

systemd本体がないのに、netctlが残っているものだから、
更新がかかると、こういった表示が出るようです。
netctl.serviceって、何をするものなのか、知りません。
systemdのときのarchbangでもインストールされていますが、
enableにはなっていません。


posted by ブログ開設者 at 00:27| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする