2017年07月17日

APorteusのLXQT日本語バージョンについて。APorteus-v17.07.14-x86_64.isoビルダーより作成

nekoさんへの私信的です。一連の経緯はコメント欄に。

isoビルダーを新しくダウンロードしなおしました。
で、iso作成における状況は、ほぼ変わっていません。
あるものは、日本語化し、あるものは日本語化しない、
状況です。

■日本語化するもの:
firefox(日本語化のfirefox-i18n-jaが追加された
ものと想われます)
google-chrome(これは以前からノーマルです)
archSMP
lxdm(ログイン画面)
lxqtのアプリケーションメニュー 
qtコンフィグレーションセンター(バータイトルは英語のまま)
qtのコンフィグレーションパネル(バータイトルは英語のまま)
など。

■日本語化しないもの:
pcmanfm-qt
lxterminal
kpatience(kde-l10n-jaが入っていますが、、、)
gparted
gimp
vlc
qtパネルの「Drop application icons here」の表示 
など。

LXQT_desktop.jpg

といった具合です。
ご指摘の、workディレクトリ内のArchSPM_DB内には、
以前からlocaleDB-17.07.11-noarch-1.xzmは、在りました。
isoビルダーの、localeデータの取得し損ねは、
なかったのではないかと想われます。

そして、インストール直後の状態は、
/etc/locale.genは、en_US.UTF-8 UTF-8に。
/etc/local.confは、en_US.UTF-8になっています。
つまり、isoビルダーでの言語設定が、
反映されていません。
それらを、ja_JP.UTF-8に設定改めし、
何度かのシステム再起動を経て、上記のような状況です。

v17.07,08のisoビルダー時には、発現しなかった
状況だと思います。isoビルダーによるlocaleデータの
取得方法に差異があるとのことですが、
素人考えでは、それ以外の理由があるように想われます。

たとえば、私のpc環境のせいとか。

ほかのデスクトップ環境で作成してみると、
何かわかるかもしれませんね。
lxqt固有で起こっているのかも。

でも、ふしぎですね。


それと、今回の作成では、
pcmanfm-qtで、隠しファイルのshow hidenの設定が
保存されなくなっています。
ウィンドウを閉じて開いたらその場で、
show hidenしなくなります。

この問題は、pcmanfmをインストールし、
使うことで、クリアされました。

以上のような検証結果ですが、
何かの参考になりましたでしょうか。


posted by ブログ開設者 at 08:06| Comment(4) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする