2017年07月10日

APorteus-v17.07.08-x86_64.iso

APorteus-v17.07.8-x86_64.isoのisoビルダーは、
正常動作するようです。
じぶんが確かめたのは、openboxでの作成で、です。
チェックボックスで指定したもの:
openbox,google-chrome,firefox,gimp,vlc,cardgames,fcitx-mozc

で、他の環境は確かめていませんが、
openboxでは、アプリケーションが問題なく動作しています。

openboxの指定では、tint2も、conkyもセットで
入り、archlinux-xdg-menuも効いているようで、
メニューは、インストールされているものを正確に反映しています。
gpartedも、gksuが入っていて、openboxのメニューから
起動できます。

カーネルは、4.12.0-porteus。
端末情報飾りのneofetchは、文字絵(ロゴ)なしで、
スッキリしています。

deepinは、重くて実用的でありませんでした。

openboxなら軽くて、実用の範囲に入ってきます。
ハードスペックにもよりますが、できるかぎり、
軽い環境を使ったほうがストレスはないでしょう。

isoビルダーは、好みのisoを作成したあと、ただちに、
usbにインストールするか尋ねてきます。
usbにインストールしたいのであれば、
isoビルダー起動前にインストール用usbフラッシュメモリを
ポートに挿して、デバイス名を確かめておくとよいでしょう。
インストールデバイス指定時のためです。
このやり方だと、dvd-rとかは、一枚の消費で済みます。

気をつける点は、dvd-rの外部にワークスペースを設ける
必要があることですかね。linux的ext4とかのマウントできる
スペースが必要です。

カーネルオプションの設定は、本家Porteusに準じている模様です。
lsmodでpt3-earthモジュールも見えています。
$ systemctl
では、udisk2.serviceが、loaded failed failedになっています。
気にする必要はないと思います。

各種情報を端末に表示するneofetch。
aporteus_neofetch.jpg

usbインストール後のデスクトップ。
aporteus_desktop.jpg

どうだっ! 夏だから!
summer.jpg

インストール後、すぐやるべきことは、時間合わせと、
英文入力時の日本配列のキーボード設定ぐらいです。
上のscreenshotは、まだutcのままです。


↓  ↓  ↓  ↓
pcmanfmの起動に時間がえらくかかります。
~/.config/openbox/autostartのi一番目に、
pcmanfm -d &
で、かなり改善。なぜ時間がかかるのか(20秒ぐらい)、
理由は不明です。

archlinuxでのkpatience(kpat)の汚れが、
APorteusにも出ました。んー。治る日は来るのか。


posted by ブログ開設者 at 12:33| Comment(6) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする