2017年05月26日

落ちた罠? hddで起こった悲哀記

いつものように、hddをたくさんに割って、
わが世の春を謳歌していた。
mageia6でシステムのコピーに失敗するもので、
余計なことを考えた。基本パーティションにすれば、
コピーが行われるかも、と。
そして、拡張パーティションの拡張領域権を失わぬよう、
拡張領域と離して、hddの最後部に基本パーティションを設けた。
そして、既報のごとくやっぱりmageia6の
システムコピーならずで、
その基本パーティションも削除した。

Screenshot_2017-05-26_13-49-19.png

で、mageia6の新ダウンロードisoを使って、
拡張領域内論理パーティションにもう一度インストールすべく
gpartedを使って、拡張領域を拡げようとした。

Screenshot_2017-05-26_13-50-56.png

なぜか、エラーになって、拡張できない。事件の前にはできたのに。

Screenshot_2017-05-26_13-52-17.png

hddの、削除した場所になんらかの痕跡が残っていて、
邪魔をするようなんだけど。基本パーティションなら
作れる状態。それだと、あと3つまでになってしまう。
困ったことになった。mageia6、お前が悪い!

エラーの理由は、たしか、
unenable to satisfy all constaints on the partition.

dosのルールは、守れているはずなんだけどなー。

ddコマンド使って、空いているところをきれいに
お掃除してもだめかな。

何が起こっているのか、説明してくれる人は
いないでせうか。


posted by ブログ開設者 at 23:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする