2017年05月13日

バージョンアップしつつ交際していくなら本家系。fedora

fedoraベースのディストロをいくつかやっているけど、
中身のバージョンを上げるのは、むずかしいですね。
じぶんの能力の問題も確かにありますが。

chapeauとか、kororaとか、使っていて悪くもないけど、
サポート期限切れで、バージョンアップを
試みると、たいがい上手くいかないです。

本家fedora20でインストールしたものの場合、
22→24と上げてきて、なんの問題もありません。

ってことで、長持ちさせたいなら、
本家がおすすめということです、
われら初級者に近い者にとっては。

でも、fedoraは、斜陽な気はしますね。
ノレンだけが残っているって感じ。


posted by ブログ開設者 at 18:18| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく判らない現象。manjaro-bspwm(16.3のはず15.12の派生)

ターミナルを開くと、、、
zshrc::.:6: そのようなファイルやディレクトリはありません。/etc/profile.d/fzf.zsh
英語になおすと、
zshrc::.:6: no file or directory: /etc/profile.d/fzf.zsh

プロンプトのまえに表示がでるだけで、
使っていて不具合は感じないけれど、
気持ちはよくないですね。
bash以外のシェルってほとんど使ったことがなく、
よく判りませぬ。調べても役立つ情報は、update待ちみたな、、、。

bspwmは、タイル型のウィンドウマネージャーです。


posted by ブログ開設者 at 09:28| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする