2017年05月27日

pt3のrc-locale.service設定に異変。lubunu-17.04-amd64

/etc/rc.localがなくなって、systemdのserviceに
切り替ったのは、ubuntu16.04からだったと思います。

今回、ちょっと事情が変わっていることに気づきました。
/lib/systemd/system/rc-local.service.d/debian.conf
という、ディレクトリとファイルがありまして、
いつもどおり、rc-local.serviceを作って起動させると、
なんか名前がかぶるみたいで、うまくserviceが起動しません。
代替案として、

$ sudo nano /etc/fuse_b25.sh 
#!/bin/sh
sleep 5;
for ADAPTER in 0 1 2 3 ; do
NEW_ADAPTER=`expr $ADAPTER + 10`
mkdir /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
chown root:video /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
chmod 0775 /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
/usr/bin/nice --4 /usr/local/bin/fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter$ADAPTER /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER -o allow_other
done
exit


$ sudo nano /etc/systemd/system/fuseb25.service
[Unit]
Description=/etc/fuse_b25.sh Compatibility

[Service]
Type=oneshot
ExecStart=/etc/fuse_b25.sh
TimeoutSec=0
StandardInput=tty
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target


$ sudo systemctl enable fuseb25.service
$ sudo reboot


でやることにして、上手く起動するようになりました。
scritptやserviceの名前が任意です。
serviceの名前にアンダーラインは入れちゃ
いけないみたいでした。

動けばなんでもいいんですけど、
/lib/systemd/system/rc-local.service.d/
へ置くファイルの書き方次第で
systemdを起動させられるのなら、
やってみたいですけどね。


posted by ブログ開設者 at 23:18| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

落ちた罠? hddで起こった悲哀記

いつものように、hddをたくさんに割って、
わが世の春を謳歌していた。
mageia6でシステムのコピーに失敗するもので、
余計なことを考えた。基本パーティションにすれば、
コピーが行われるかも、と。
そして、拡張パーティションの拡張領域権を失わぬよう、
拡張領域と離して、hddの最後部に基本パーティションを設けた。
そして、既報のごとくやっぱりmageia6の
システムコピーならずで、
その基本パーティションも削除した。

Screenshot_2017-05-26_13-49-19.png

で、mageia6の新ダウンロードisoを使って、
拡張領域内論理パーティションにもう一度インストールすべく
gpartedを使って、拡張領域を拡げようとした。

Screenshot_2017-05-26_13-50-56.png

なぜか、エラーになって、拡張できない。事件の前にはできたのに。

Screenshot_2017-05-26_13-52-17.png

hddの、削除した場所になんらかの痕跡が残っていて、
邪魔をするようなんだけど。基本パーティションなら
作れる状態。それだと、あと3つまでになってしまう。
困ったことになった。mageia6、お前が悪い!

エラーの理由は、たしか、
unenable to satisfy all constaints on the partition.

dosのルールは、守れているはずなんだけどなー。

ddコマンド使って、空いているところをきれいに
お掃除してもだめかな。

何が起こっているのか、説明してくれる人は
いないでせうか。


posted by ブログ開設者 at 23:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

Mageia-6-rc-LiveDVD-Xfce-x86_64-DVD.iso

久しぶりに、と思いましたけど、門前払いです。
インストーラーが、「ファイルを新しいrootに
コピーできません」で終わってしまいます。

原因は、swapなしでインストールしようとしているためか、
インストーラーの不具合か、のどちらかだと思います


ライブで立ち上げる途中で、いろいろ聞いてきて、
立ち上がったときには、ibus-anthyとibus-mozcで
日本語が打てるようになっています。
環境も日本語表示になっています。

最初、論理パーティションにインストールしようと
しているのが気に入らないのかな、と思いまして、
基本パーティションにして再度トライしましたが、
それでも「ファイルを新しいrootにコピーできません」
で終わりました。

stable版が出たら、また試してみようと思います。


↓  ↓  ↓  ↓
vmware上でインストールして、うまく行きました。
念の為、再ダンロードどしたisoでしましたが。
リアルインストールしてうまくいかなかった
isoともに、sha512sumでは、問題なかったです。
パーティション設定は状況を同じにするため、
手動設定にしました。ブートローダーのインストール先
の選択については、システムのコピーが終わってから
問い合わせが出ます。vmware上では選択の余地がなく、
mbr(/dev/sda)しか出なかったですが。

swapがなくても、インストールできましたので、
spwapのあるなしは関係なかったです。

残念なのは、vmware-toolsのインストールがうまく
できたのに、fullscreenにならないことです。
ゲストのmageia6のカーネルは、4.9.28-desktop-1.mga6
ホストのlubuntu17.04のカーネルは、 4.10.0-21-generic
vmware-playerは、12.5.6 build-5528349

vm-mageia.jpg

fullscreenでないせいかもしれませんが、
youtubeの1440pがよく映っていますね、仮想の中で。
xfceのデスクトップは、なーんも手を入れていず、
まるでslackwareでインストールした時みたいな、
規定通りのダサさでした。

ユーザー設定等を除いては、デスクトップの状態が
そのまんまインストールされるようです。
ibus-anthyとibus-mozc、どちらかしか
要らないようなら、live上でどちらかを削除すれば、
インストール後もそのようになるでしょう。


posted by ブログ開設者 at 21:11| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする