2017年02月16日

APorteus-v17.02.15-x86_64.iso

カーネルが更新されています。
4.9.9-porteus

それ以外は、変わらず、です。
頻繁にカーネル周辺の更新がなされる理由は、
システムの固定部分と変動部分での、齟齬回避のためだと
思われます。

必要ライブラリとかが変更されると、
「ライブラリがありません」状態になり、
インストールしたアプリケーションが
起動できないってことも起こりがちです。

原則としては、オフィシャルのリポジトリに
あるものしかインストールできません。
[multilib]も使えません。
multilibやaurにあるものを使うには、
別途archlinux環境があり、そこで
パッケージングしたものをaporteusにもってきて、
解凍→モジュール化しなければなりません。

付き合い方としてもっとも簡便な方法は、
インストールしたら、面倒がらず、即時に
カスタマイズを完全にし終えてしまうことです。
外部デバイスとかのドライバインストール
なんかも含めてです。
更新の激しいarchlinuxは、変動部分が
どんどん先へ進んでしまうためです。
当然のことながら、aporteus環境では、
dawngradeコマンドも使えません。

でも!! ひとたび完全にじぶんのものにできたら、
あとは快適です、ほんと。
最近の私は、aporteusの使用がほとんどです。
ssdとの相性もいいです。
搭載ramはちょっと多めがいいです。個人的には8gb推奨。
4gbでも、ふつうに使うぶんには、問題ないです。
archlinuxベースということで、aurからしか
paeカーネル(32bit_osでramを64gbまで認識)が使えないため、
じぶんの場合、x86_64バージョンにしています。

isoの落とし処(上下に長いページの半分よりさらに下のほう):
http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=4997

2017-01-24-221419_1680x1050_scrot.png
※参考として、v17.01.31バージョンのデスクトップ。
 変わっていません。

マニュアルは、11-12月頃の投稿についている
nekoさん(aporteus_jaの生みの親)のコメントを
参照してください。


posted by ブログ開設者 at 19:51| Comment(9) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする