2017年01月19日

archbang-beta-0117-i686.iso

変わったところは、ファイルマネージャーが
spacefmに戻ったことと壁紙ぐらいかな。
NetworkManager(applet)もありますね。
i868版だけでなく、x86_64版もあります。

インストーラーは、abinstall搭載。正常動作するかは、
インストールしていないので、判りません。
fast-installもあります。

/usr/bin/abinstall
/usr/bin/fast-install

インストールは、fast-installのほうが速いです。
ただ、パーティション作成をあらかじめ先に
しなければならないし、マウントして、
インストール(live状態のコピー)後は、
user名がabliveのままだったりします。
オートログインで、sudoが効きます。
locale合わせも、localtimeの時間合わせも、
キーボードのjp106設定も、手動でインストール後にします。
/mntにマウントしたパーティションに
即インストール(コピー)を
始めちゃうので、注意を要します。
自力で起動できるようにするには、arch-chrootして、
$ sudo grub-install /dev/sda とか、
mbmを使っているなら、
$ sudo gurb-install --force /dev/sda3 とか、
する必要があります。

インストール後に最初にすることは、
/etc/pacman.d/mirrorlistにおいて、
ミラーサーバーをどこか開く。そして、
$ sudo pacman-key --init
$ sudo pacman-key --pupulate archlinux
$ sudo pacman -Syy
$ sudo pacman -S base-devel yaourt
$ yaourt ttf-vlgothic
$ sudo pacman -S fcitx fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-configtool volumeicon udisks
$ nano .bashrc

追記:
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

$ nano .jwmrc
追記:
<StartupCommand>fcitx -d</StartupCommand>
<StartupCommand>volumeicon</StartupCommand>

  ※くの字カッコが全角のためコピペ不可。

logoutして、デスクトップの起動しなおし後、
fcitxのアプレットを右クリックから設定を開いて、
mozcと日本語キーボードをaddする。

なお、conkyの設定ファイルは、
~/.config/conky/conky.conf
fast-installした場合は、
/home/ablive/.config/conky/conky.conf
になる。

カーネルは、4.8.13-1-ARCH。

このところ、ファイルマネージャーは、
pcmanfmのほうがいい、と思っています。
なんせ、長いpathを簡単にコピーできますので。
spacefmに戻したのは、どうかな。

vmplayerでisoファイルを起動したところ。
archbang-beta-0117-i686.jpg

isoの落とし処:
https://sourceforge.net/projects/archbang/files/


posted by ブログ開設者 at 10:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする