2017年01月14日

dcp7030をネットワーク機器に(2)。linux

dcp7030のメーカーサポートから返事が来ました。
「あいにく、弊社からご案内できる(解決)方法が
ございません」ということでした。

話の内容としては、rt-ac1200hpに
おそらくcupsサーバー機能が
備わっており、プリントができたのではないか。
スキャナへの対応策は備わっていないのでは、
ということでした。

素人考えでは、ip番号で通信でき、印刷指示が出せるなら、
スキャナも同じように指示でき、動いてもよさげに思うけど、
それほど単純ではないらしいですね。

この一件で、初めて知った言葉がありました。
まずは、「usbデバイスサーバー」。
そういう機器が一時期流行ったらしいですね。
それらを使うとよかったらしいんだけど、
それで無線lanが付いていると高価になってしまったりして。

もうひとつは、サポートからのメールで教えてもらった
んですけど、USB over IDというもの。
これも、rt-ac1200hpにホストの機能が備わっていず、
結局はだめだったんですけど。
usbデバイスをlan接続で使えるようにする
ソフトがあるんですね。

実りは少なかったけど、
システムと格闘することで、少しは勉強になりました。


posted by ブログ開設者 at 22:08| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする