2017年01月08日

aporteusのbuilder.isoを使ってみた。APorteus-v17.01.06-x86_64.iso

aporteusの新しいbuilder.isoが
http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=4997#p36689
に上がっていたので、使ってみました。

base.isoが古いものしか見当たらなかったので、
現物のAPorteus-v17.01.06-x86_64.isoを
base.isoに指定し、
google-chrome,firefox,libreoffice,vlc,fictx-mozc,gimpを
追加し、環境は、xfce4。
言語は、もちろん、ja_JP.UTF-8。

できたisoの名前は、
APorteus-XFCE_ja-v17.01.08-x86_64.iso。
日付は、ビルドした日の日づけが付くようです。
cardgameは、入れたつもりが、
出来上がりには、入らなかったです。
設定の最終確認をよくしなかったので、
なんとも言えませんが。

カーネルは、おそらく、builderに依存していて、
ビルドした時点の最新のものが入るってことではなさげ。
アプリケーションは、最新が入る感じ?です。

で、インストール先は、m.2スロットの
px-g128m6eの、2番目のディストロとして、
入れました。マルチブートの場合は、
ほとんど手動インストールの世界になりますが、
馴れれば、それほど手間もかかりません。

起動は、mbm+extlinux64。
grubでやってみようと思ったけど、
os-proberが効かないので、やめました。
grubの手動設定の方法は、nekoさんのコメントの
どこかにあります。

64ビットのaporteusがワイフの新しいマシンに
行ってしまったので、今回は、64ビットにしました。
32bit版の場合、paeのカーネルではありませんので、
メモリを潤沢に使うには、64bit版に限られます。
32ビット版ドライバしかないプリンターの
インストールのときは、ちょっと面倒ですけど。

インストールしてみての状態は、
いまのところ、問題なく、
アプリケーションは起動します。

初期設定ですることは、時間合わせだけです。

ほぼ、インストール直後。
スクリーンショット_2017-01-08_07-54-00.jpg

スクリーショットのファイル形式変更時に、
クリップボードに入れたpngの画像がgimpで
開かなかったですね。ファイル保存した状態から
だと問題なく開けましたが、、、。

で、肝心の、m.2に入れての効果のほうは、
ま、早いは速いですけど、
感動してしまって、どうしようもない
ってほどのこともないですね。

あと、xfce4の場合、ホームディレクトリが
デスクトップディレクトリを兼ねています。
たぶん、意図的だと思います。
デフォルトでは、隠しファイル以外のファイルは、
デスクトップにアイコンが並びます。

消したい場合は、デスクトップ上右クリック。
デスクトップの設定→アイコンタブ→アイコンタイプで、
「無し」を選べば、okです。


posted by ブログ開設者 at 17:24| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする