2017年01月20日

mateで日本語入力可。solus-2017.01.01-mate(x86_64)

以前から気になっていた、新solus。
(ちょっとまえまでは、debianベースだった)

のパッケージリストに、ibusだけではなく、
ibus-anthy,anthyが加わったので、日本語が打てるかな
ってことでインストールしてみました。

export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus

の3行を、/etc/profileに設定して、やっと
日本語が打てるようになった、と喜んだのものの、
それはデフォルトのfirefoxでの話で、後入れの
google-chrome(stable、geta、dev))では、
打てないという、悲哀あり。

liveの状態では、日本語が打てるようには
できません。再起動すると設定がクリアされるので。
plumaで日本語が打て、mate-terminalでも
打てるので、まあ、合格ですかね。

budgie環境は、このプロジェクトご自慢の産物らしいんですけど、
しばらく使ってみて、だんだん気に入らなくなって、
mate環境のバージョンをインストールしました。
guiでのinputmethodの設定を含む言語設定はありません。
インストール時にlocale設定があり、
表示環境は初起動のとき、日本語化されています。

見栄えは、念入りで、
きれいで洗練されています。

サードバーティのアプリケーションを
インストールするには、software centerでは、
サーバーにつながらず、
https://wiki.solus-project.com/3rdParty からやります。
取り込みコマンドと、インストールコマンドの2行の
セットになっていて、その場限りのリポジトリ設定です。
removeは簡単で、
$ sudo eopkg remove <application name>
でできます。

ローリングらしいので、長く付き合えるんでしょう。
パッケージ管理のコマンド体系については、
まださっぱりわかりません。
パッケージは、基本的にボソボソと歯抜けで、
これからでしょうね。cupsはすでに入っていて、
sane-backendとsimple-scanもあるので、
複合機(私的にはdcp7030)は動かせるかな。
ドライバは、解体して、手貼りするしかない?

pt3は、カードリーダー周りの
パッケージが足りないです。
eopkgのパッケージをソースから
作る方法があるのかないのか。

solus.jpg


posted by ブログ開設者 at 16:28| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

archbang-beta-0117-i686.iso

変わったところは、ファイルマネージャーが
spacefmに戻ったことと壁紙ぐらいかな。
NetworkManager(applet)もありますね。
i868版だけでなく、x86_64版もあります。

インストーラーは、abinstall搭載。正常動作するかは、
インストールしていないので、判りません。
fast-installもあります。

/usr/bin/abinstall
/usr/bin/fast-install

インストールは、fast-installのほうが速いです。
ただ、パーティション作成をあらかじめ先に
しなければならないし、マウントして、
インストール(live状態のコピー)後は、
user名がabliveのままだったりします。
オートログインで、sudoが効きます。
locale合わせも、localtimeの時間合わせも、
キーボードのjp106設定も、手動でインストール後にします。
/mntにマウントしたパーティションに
即インストール(コピー)を
始めちゃうので、注意を要します。
自力で起動できるようにするには、arch-chrootして、
$ sudo grub-install /dev/sda とか、
mbmを使っているなら、
$ sudo gurb-install --force /dev/sda3 とか、
する必要があります。

インストール後に最初にすることは、
/etc/pacman.d/mirrorlistにおいて、
ミラーサーバーをどこか開く。そして、
$ sudo pacman-key --init
$ sudo pacman-key --pupulate archlinux
$ sudo pacman -Syy
$ sudo pacman -S base-devel yaourt
$ yaourt ttf-vlgothic
$ sudo pacman -S fcitx fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-configtool volumeicon udisks
$ nano .bashrc

追記:
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

$ nano .jwmrc
追記:
<StartupCommand>fcitx -d</StartupCommand>
<StartupCommand>volumeicon</StartupCommand>

  ※くの字カッコが全角のためコピペ不可。

logoutして、デスクトップの起動しなおし後、
fcitxのアプレットを右クリックから設定を開いて、
mozcと日本語キーボードをaddする。

なお、conkyの設定ファイルは、
~/.config/conky/conky.conf
fast-installした場合は、
/home/ablive/.config/conky/conky.conf
になる。

カーネルは、4.8.13-1-ARCH。

このところ、ファイルマネージャーは、
pcmanfmのほうがいい、と思っています。
なんせ、長いpathを簡単にコピーできますので。
spacefmに戻したのは、どうかな。

vmplayerでisoファイルを起動したところ。
archbang-beta-0117-i686.jpg

isoの落とし処:
https://sourceforge.net/projects/archbang/files/


posted by ブログ開設者 at 10:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

最新のaporteus_ja、出る。archlinuxベースのporteus

http://forum.porteus.org/viewtopic.php?f=75&t=4997
において、新しいiso-builderが出ています。

APorteus-v17.01.17-i486.iso (389 M)
APorteus-v17.01.17-x86_64.iso (384 M)

長いページを全体でみて、
三分の二辺り下がったところにあります。

お試し、ってことなら、同じページの上記ビルダーより
ちょっと上にある、
APorteus-LXDE_ja-v17.01.06-i486.iso (702 M)
を落として焼けば、liveですぐ起動できます。

いま、aporteus_ja(xfce)をm.2接続の
ssdで使っていますが、極めて相性がいいですね。
言葉にはしにくいですけど、ありがちな言葉
で修飾すれば、軽量で快適。

じぶんの好みにカスタマイズするまでは、
やや難儀な点もありますが、できあがってしまえば、
使っていてとてもいいですよ。

Screenshot from 2017-01-18 15-06-08.jpg

iso-builderの選択画面。選べる範囲も拡がっています。


posted by ブログ開設者 at 22:20| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする