2016年11月26日

nttcomカードリーダーのインストール。APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

scr3310-nttcomが正式名。
これをAPorteusで動作させるために
追加したモジュール:
cairo-1.14.6-x86_64-2.xzm
cairo-perl-1.106-x86_64-2.xzm
ccid-1.4.25-x86_64-1.xzm
flex-2.6.1-x86_64-1.xzm
glib-perl-1.321-x86_64-2.xzm
gtk2-perl-1.2498-x86_64-2.xzm
libusb-1.0.21-x86_64-1.xzm
linux-headers-4.8.10-x86_64-1.xzm
pango-perl-1.227-x86_64-2.xzm
pcsc-perl-1.4.14-x86_64-2.xzm
pcsc-tools-1.4.27-x86_64-1.xzm
pcsclite-1.8.18-x86_64-1.xzm
perl-5.24.0-x86_64-2.xzm
pkg-config-0.29.1-x86_64-2.xzm


archbangでbase-develインストール後に
比べると、足りないものもあった。

$ sudo reboot
$ sudo systemctl start pcscd.service
$ sudo systemctl enable pcacd.service


dvbで受信するには、
開発環境のツール状態がどうなっているか、
点検してからですね。

/mnt/sdb2/iso/APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64/porteus/base/
001-core.xzm内にあるのは、

│   └── packages
│   ├── acl-2.2.52-x86_64-3
│   ├── archlinux-keyring-20161101-noarch-1
│   ├── attr-2.4.47-x86_64-2
│   ├── bash-4.4.005-x86_64-1
│   ├── bc-1.06.95-x86_64-3
│   ├── binutils-2.27-x86_64-1
│   ├── bridge-utils-1.6-x86_64-1
│   ├── btrfs-progs-4.8.2-x86_64-1
│   ├── bzip2-1.0.6-x86_64-5
│   ├── ca-certificates-20160507-noarch-1
│   ├── ca-certificates-cacert-20140824-noarch-4
│   ├── ca-certificates-mozilla-3.27.1-x86_64-1
│   ├── ca-certificates-utils-20160507-noarch-1
│   ├── cdrtools-3.02a06-x86_64-1
│   ├── coreutils-8.25-x86_64-2
│   ├── cpio-2.12-x86_64-3
│   ├── cracklib-2.9.6-x86_64-1
│   ├── cryptsetup-1.7.3-x86_64-1
│   ├── curl-7.51.0-x86_64-1
│   ├── db-5.3.28-x86_64-3
│   ├── dbus-1.10.12-x86_64-1
│   ├── device-mapper-2.02.167-x86_64-2
│   ├── dhcpcd-6.11.3-x86_64-1
│   ├── dialog-1:1.3_20160828-x86_64-1
│   ├── diffutils-3.5-x86_64-1
│   ├── dnssec-anchors-20150403-noarch-1
│   ├── dosfstools-4.0-x86_64-3
│   ├── e2fsprogs-1.43.3-x86_64-1
│   ├── expac-8-x86_64-1
│   ├── expat-2.2.0-x86_64-2
│   ├── file-5.29-x86_64-1
│   ├── filesystem-2015.09-x86_64-1
│   ├── findutils-4.6.0-x86_64-2
│   ├── fuse-2.9.7-x86_64-1
│   ├── gawk-4.1.4-x86_64-2
│   ├── gcc-libs-6.2.1-x86_64-1
│   ├── gdbm-1.12-x86_64-2
│   ├── gettext-0.19.8.1-x86_64-2
│   ├── glib2-2.50.2-x86_64-1
│   ├── glibc-2.24-x86_64-2
│   ├── gmp-6.1.1-x86_64-1
│   ├── gnupg-2.1.15-x86_64-2
│   ├── gnutls-3.4.16-x86_64-1
│   ├── gpgme-1.7.1-x86_64-2
│   ├── gpm-1.20.7-x86_64-7
│   ├── gptfdisk-1.0.1-x86_64-2
│   ├── grep-2.26-x86_64-1
│   ├── groff-1.22.3-x86_64-7
│   ├── gzip-1.8-x86_64-2
│   ├── hdparm-9.50-x86_64-1
│   ├── hwids-20161103-noarch-1
│   ├── iana-etc-20161101-noarch-1
│   ├── inetutils-1.9.4-x86_64-5
│   ├── inotify-tools-3.14-x86_64-4
│   ├── iproute2-4.8.0-x86_64-1
│   ├── iptables-1.6.0-x86_64-1
│   ├── iputils-20161105.1f2bb12-x86_64-1
│   ├── js17-17.0.0-x86_64-4
│   ├── kbd-2.0.3-x86_64-1
│   ├── keyutils-1.5.9-x86_64-1
│   ├── kmod-23-x86_64-1
│   ├── krb5-1.13.4-x86_64-1
│   ├── ldns-1.6.17-x86_64-4
│   ├── less-487-x86_64-1
│   ├── libarchive-3.2.1-x86_64-2
│   ├── libassuan-2.4.3-x86_64-1
│   ├── libcap-2.25-x86_64-1
│   ├── libedit-20160903_3.1-x86_64-1
│   ├── libffi-3.2.1-x86_64-2
│   ├── libgcrypt-1.7.3-x86_64-1
│   ├── libgpg-error-1.24-x86_64-1
│   ├── libidn-1.33-x86_64-1
│   ├── libksba-1.3.4-x86_64-2
│   ├── libldap-2.4.44-x86_64-2
│   ├── libnl-3.2.28-x86_64-1
│   ├── libpipeline-1.4.1-x86_64-1
│   ├── libsasl-2.1.26-x86_64-8
│   ├── libseccomp-2.3.1-x86_64-1
│   ├── libssh2-1.8.0-x86_64-1
│   ├── libsystemd-231-x86_64-4
│   ├── libtasn1-4.9-x86_64-2
│   ├── libtirpc-1.0.1-x86_64-2
│   ├── libunistring-0.9.6-x86_64-2
│   ├── libusb-1.0.21-x86_64-1
│   ├── libutil-linux-2.28.2-x86_64-2
│   ├── linux-api-headers-4.7-x86_64-1
│   ├── logrotate-3.10.0-x86_64-1
│   ├── lsof-4.89-x86_64-1
│   ├── lynx-2.8.8-x86_64-4
│   ├── lz4-131-x86_64-2
│   ├── lzo-2.09-x86_64-1
│   ├── m4-1.4.17-x86_64-2
│   ├── man-db-2.7.5-x86_64-4
│   ├── mc-4.8.18-x86_64-1
│   ├── mdadm-3.4-x86_64-1
│   ├── mpfr-3.1.5-x86_64-1
│   ├── nano-2.7.1-x86_64-1
│   ├── ncurses-6.0+20161112-x86_64-1
│   ├── net-tools-1.60.20160710git-x86_64-1
│   ├── netctl-1.12-noarch-2
│   ├── nettle-3.3-x86_64-1
│   ├── networkmanager-1.4.2-x86_64-2
│   ├── npth-1.2-x86_64-1
│   ├── nspr-4.13.1-x86_64-1
│   ├── ntfs-3g-2016.2.22-x86_64-1
│   ├── openresolv-3.8.1-noarch-1
│   ├── openssh-7.3p1-x86_64-2
│   ├── openssl-1.0.2.j-x86_64-1
│   ├── openvpn-2.3.13-x86_64-1
│   ├── os-prober-1.71-x86_64-1
│   ├── p11-kit-0.23.2-x86_64-1
│   ├── pam-1.3.0-x86_64-1
│   ├── pambase-20130928-noarch-1
│   ├── parted-3.2-x86_64-5
│   ├── pciutils-3.5.2-x86_64-1
│   ├── pcre-8.39-x86_64-2
│   ├── perl-5.24.0-x86_64-2
│   ├── pinentry-0.9.7-x86_64-3
│   ├── pkgs.001-core
│   ├── polkit-0.113-x86_64-4
│   ├── popt-1.16-x86_64-8
│   ├── procps-ng-3.3.12-x86_64-1
│   ├── psmisc-22.21-x86_64-3
│   ├── pth-2.0.7-x86_64-5
│   ├── readline-7.0-x86_64-1
│   ├── reiserfsprogs-3.6.25-x86_64-1
│   ├── rng-tools-5-x86_64-4
│   ├── sed-4.2.2-x86_64-4
│   ├── shadow-4.4-x86_64-3
│   ├── slang-2.3.0-x86_64-1
│   ├── squashfs-tools-4.3-x86_64-4
│   ├── sudo-1.8.18.p1-x86_64-1
│   ├── sysfsutils-2.1.0-x86_64-9
│   ├── systemd-231-x86_64-4
│   ├── systemd-sysvcompat-231-x86_64-4
│   ├── tar-1.29-x86_64-2
│   ├── tzdata-2016i-noarch-1
│   ├── unzip-6.0-x86_64-12
│   ├── usbutils-008-x86_64-1
│   ├── util-linux-2.28.2-x86_64-2
│   ├── wget-1.18-x86_64-1
│   ├── which-2.21-x86_64-2
│   ├── wireless_tools-30.pre9-x86_64-1
│   ├── wpa_supplicant-1:2.6-x86_64-2
│   ├── xfsprogs-4.8.0-x86_64-1
│   ├── xz-5.2.2-x86_64-1
│   ├── yajl-2.1.0-x86_64-1
│   ├── zip-3.0-x86_64-7
│   └── zlib-1.2.8-x86_64-4

ってことでいいのかな。
そうだとするなら、libusbは
インストール無用だったってことになる。
あ、bcもだ。


posted by ブログ開設者 at 22:02| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザーとして、1コだけ進歩。APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

archSPMを使ってはインストールできないけど、
archlinuxにはある、というパッケージの
モジュール化施策でござる。

nekoさんのご説明(コメント欄参照)を
少し深く読んでみた。

現実には、勝手な都合により、
archSPMよりインストールできる
ccidを例に説明。

まず、ブラウザを使って、
https://www.archlinux.org/packages/community/x86_64/ccid/
にアクセス、「Download From Mirror」 をクリックすると、
なぜか~/に、ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar.xzが
ダウンロードされたと仮定。

$ xz -dv ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar.xz
$ mkdir ccid-1.4.25-1-x86_64
$ mv ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar ~/ccid-1.4.25-1-x86_64/
$ cd ~/ccid-1.4.25-1-x86_64
$ tar vfx ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar
$ ls

. .. .BUILDINFO .MTREE .PKGINFO etc usr ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar
※etc,usrこそが用のあるファイル入りのフォルダ
$ rm .BUILDINFO
$ rm .PKGINFO
$ rm .MTREE
$ rm ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar
$ cd ..
$ mkXZM ccid-1.4.25-1-x86_64
$ ls

..... ccid-1.4.25-1-x86_64.xzm ......
$ sudo mv ccid-1.4.25-1-x86_64.xzm /mnt/sdb2/extra/
 ※つまり、モジュールをロードさせるために
  カーネルオプションで指定した第二パーティションの
  当該ディレクトリへ送る。
$ sudo reboot
$ sudo find / -name "*ccid*"


たくさん、行が出るけれど、
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/etc/libccid_Info.plist
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/etc/reader.conf.d/libccidtwin
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/usr/lib/pcsc/drivers/ifd-ccid.bundle
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/usr/lib/pcsc/drivers/ifd-ccid.bundle/Contents/Linux/libccid.so
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/usr/lib/pcsc/drivers/serial/libccidtwin.so

などと、モジュール化したccidがロードしている、たぶん。

だから、lib32-glibcも、このやり方でやれば、
モジュールとしてロードさせられたことになる。
いちいち手貼りしなくてもよかったのだ。

ってことは、aurからしかインストールできない
ものも、archlinux上で、yaourtコマンドで、
pkg.tar.xzを生成したところで、捕獲し、
こっちにもってくれば、たいがいのものは、
モジュール化して、ロードさせることができる。
モジュールを追加すればそれなりにシステム起動時の
時間はかさばるけど、元は小さな容量にできる
ということなんだと思う。

これって、
高級なカップヌードルに例えられる?
ramというお湯をかけると、
死んでいたはずのパリパリ麺が
シコシコ麺に変身。おいしく食べられる
ってことなのよう。ロケットに
積んで火星に持って行くにはいいのかも。

身近なところでの用途は、
他人のパソコンを使って、100%の
じぶんpcの世界を楽しめる
ってことかな。迷惑もかけないで。
だから、デバイス対応の見地から、
カーネルは重くせざるをえず、ですね。
ネットにつながらないのでは、
意味がないですし。
他人のプリンターを動かすのは、ちょっと、、、。

ネットカフェってところに
行ったことがないんだけど、
再起動したり、biosを
出したりできるんですよね?
起動デバイスの一時変更ができなければ、
文明の力といえども、どうにもならない。


posted by ブログ開設者 at 18:34| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壁紙も出会い。linux

壁紙もデスクトップ環境によって、
合う合わないがあったりするけれど、
何をもってきても、おもしろくならない代表は、
unityだろう。おもしろくないデスクトップ環境には、
おもしろくない壁紙を使うのが相殺性があって、
わりと合ったりする。
anaのジェット旅客機が写っている
カレンダー付き壁紙を食らわせたりしている。

じぶんの気分に合う他人様の作品を見つけるのは
非常に難しいし、かなりのぶぶん、偶然性に依存している。

モノトーンの線画イラストは、もともと好むところなんだけど、
検索でおもしろいのがひっかかりました。
いかにも、日本流行りの時代そのまんま、という感じの
西洋人の、らしい作品。渋谷のスクランブル交差点をまんなかに配し、
ニョキニョキ伸びる竹の子のようなビル、、、
といった都会の風情が描かれています。

spend on's time having fun!!!とビルの
屋上の人が叫んでいます。
生きてる以上、楽しさを最大化しろ
ということなんでしょうか。こっちは、
spend off's time having fun!!! の立場なんだけど。

なんの益もない朝のばか噺でした!っと。

Screenshot from 2016-11-26 10-06-45.jpg
デスクトップ環境は、APorteusのlxde。

http://lifestyle-net.com/wallpaper/a_01/img_p/a_01_02_w_1680.jpg


posted by ブログ開設者 at 10:21| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする