2016年11月23日

usbフラッシュメモリの買い方---その1だけ。linux

super talentというブランド名がついています。
usb3.0 express nst1 64gb
シリコンバレーの企業。

わりと評判がよさそうなので、ここのに
しようとしたら、同じシリーズでも、
32gbと64gbで、読み書きのスピードが
まるで違うんですよね。

できれば、Aporteus用、archbang用に
わけたほうが、ブートのこともかんたんで
よかったんだけど、速度の差に負けて、
64gbを購入。1,480円(送料税込み)

買うときは、
容量のことばかり気にしないで、
速度も気にしたほうが
賢明かもしれません。

いまのところ、デュアルブートでは、
APorteusのsyslinuxを使って、archbangも
起動できるんではないか、と思っています。


posted by ブログ開設者 at 21:42| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

nekoさんより、APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

落とし処:
http://www.mediafire.com/file/2dswrhqf2oxmfip/APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

APortesuなら、かんたんに
じぶん仕様のAPorteus.isoが作れますよ、
という意味でしょうが、
私が前リリースバージョンをusbインストールして
追加した、vlc、gimに、kpatienceまで、
あらかじめ入っているという、
個人的には、すごーくありがたいのですが、
恐縮してしまうバージョン。
カーネルもたぶん、stableの最新、
4.8の9か10になっているんでしょう。
壁紙の変更保存もデフォルトのままで効くそうです。

みなさんも、味見をなさってみては、いかがでしょうか。
ふつうのlinuxとは、切り口がまったく違いますよ。
モジュールロードでramをかなり消費するかといえば、
そうでもないです。実効3.7gbのメモリで、
デスクトップが出た直後で0.34gbぐらいでした。


いま、実験的に、APorteus-LXDE_ja-v16.11.05-x86_64で、
プリンターを動かしてみようと、トライしていますが、
あんまりいろいろ追加しようと思わないほうが
持ち味は出ると思います。システム起動時の
モジュールのロードに時間がかかるようになってしまいますので。
起動してしまえば、キビキビ感があって、快適です。
が、gnomeとか、kdeとか、重たいデスクトップ環境は、
似合わないのかも。

近いうちに、完全じぶん仕様APorteusに
挑戦してみたいと思いますが、もうちっと理解が
深まらないとむずかしいですね。

APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.isoのダウンロードは、
明朝にします。夜は回線が遅くて、、、。
dnsサーバーを変更しても、たいして速くなりません。


posted by ブログ開設者 at 20:31| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする