2016年11月27日

ArchSPMの特性。APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

きのう、いっしょにシステムにつながっている
hddの存在がaporteus上、findコマンドを使うには不都合で、
(aporteusは検知し得たパーティションをすべてマウントする)
hddを物理的に外すことがありました。

その状態で、archSPMを使いますと、インストール時の
パーティションsdb1,sdb2は、sda1,sda2に変わっていて、
ArchSPMを使いますと、生成物が、どこを探しても見当たらない
幽霊状態が生じます、表示は適正に終了した
ように出るのですが。パーティションのズレに、
気づくのにいくらか時間を要しました。

ですので、ArchSPMを使っての
アプリケーション等を追加するときは、
インストール時、ArchSPMを初めて動作させた
"当初のハード環境”で、ということに
なりそうです。

ArchSPM上での第二パーティションの認識が、
uuid指定ではないために起こるんじゃないかな、
と想像しています。

ちなみに、adb1,adb2になるように環境を戻しますと、
ArchSPMによる成果物は、
ふつうに見えるようになりました。

今回の見えぬ成果物状態のとき、
ram上のどこをさまよっているのか、
とても不思議でおもしろい体験でした。


posted by ブログ開設者 at 11:56| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

nttcomカードリーダーのインストール。APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

scr3310-nttcomが正式名。
これをAPorteusで動作させるために
追加したモジュール:
cairo-1.14.6-x86_64-2.xzm
cairo-perl-1.106-x86_64-2.xzm
ccid-1.4.25-x86_64-1.xzm
flex-2.6.1-x86_64-1.xzm
glib-perl-1.321-x86_64-2.xzm
gtk2-perl-1.2498-x86_64-2.xzm
libusb-1.0.21-x86_64-1.xzm
linux-headers-4.8.10-x86_64-1.xzm
pango-perl-1.227-x86_64-2.xzm
pcsc-perl-1.4.14-x86_64-2.xzm
pcsc-tools-1.4.27-x86_64-1.xzm
pcsclite-1.8.18-x86_64-1.xzm
perl-5.24.0-x86_64-2.xzm
pkg-config-0.29.1-x86_64-2.xzm


archbangでbase-develインストール後に
比べると、足りないものもあった。

$ sudo reboot
$ sudo systemctl start pcscd.service
$ sudo systemctl enable pcacd.service


dvbで受信するには、
開発環境のツール状態がどうなっているか、
点検してからですね。

/mnt/sdb2/iso/APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64/porteus/base/
001-core.xzm内にあるのは、

│   └── packages
│   ├── acl-2.2.52-x86_64-3
│   ├── archlinux-keyring-20161101-noarch-1
│   ├── attr-2.4.47-x86_64-2
│   ├── bash-4.4.005-x86_64-1
│   ├── bc-1.06.95-x86_64-3
│   ├── binutils-2.27-x86_64-1
│   ├── bridge-utils-1.6-x86_64-1
│   ├── btrfs-progs-4.8.2-x86_64-1
│   ├── bzip2-1.0.6-x86_64-5
│   ├── ca-certificates-20160507-noarch-1
│   ├── ca-certificates-cacert-20140824-noarch-4
│   ├── ca-certificates-mozilla-3.27.1-x86_64-1
│   ├── ca-certificates-utils-20160507-noarch-1
│   ├── cdrtools-3.02a06-x86_64-1
│   ├── coreutils-8.25-x86_64-2
│   ├── cpio-2.12-x86_64-3
│   ├── cracklib-2.9.6-x86_64-1
│   ├── cryptsetup-1.7.3-x86_64-1
│   ├── curl-7.51.0-x86_64-1
│   ├── db-5.3.28-x86_64-3
│   ├── dbus-1.10.12-x86_64-1
│   ├── device-mapper-2.02.167-x86_64-2
│   ├── dhcpcd-6.11.3-x86_64-1
│   ├── dialog-1:1.3_20160828-x86_64-1
│   ├── diffutils-3.5-x86_64-1
│   ├── dnssec-anchors-20150403-noarch-1
│   ├── dosfstools-4.0-x86_64-3
│   ├── e2fsprogs-1.43.3-x86_64-1
│   ├── expac-8-x86_64-1
│   ├── expat-2.2.0-x86_64-2
│   ├── file-5.29-x86_64-1
│   ├── filesystem-2015.09-x86_64-1
│   ├── findutils-4.6.0-x86_64-2
│   ├── fuse-2.9.7-x86_64-1
│   ├── gawk-4.1.4-x86_64-2
│   ├── gcc-libs-6.2.1-x86_64-1
│   ├── gdbm-1.12-x86_64-2
│   ├── gettext-0.19.8.1-x86_64-2
│   ├── glib2-2.50.2-x86_64-1
│   ├── glibc-2.24-x86_64-2
│   ├── gmp-6.1.1-x86_64-1
│   ├── gnupg-2.1.15-x86_64-2
│   ├── gnutls-3.4.16-x86_64-1
│   ├── gpgme-1.7.1-x86_64-2
│   ├── gpm-1.20.7-x86_64-7
│   ├── gptfdisk-1.0.1-x86_64-2
│   ├── grep-2.26-x86_64-1
│   ├── groff-1.22.3-x86_64-7
│   ├── gzip-1.8-x86_64-2
│   ├── hdparm-9.50-x86_64-1
│   ├── hwids-20161103-noarch-1
│   ├── iana-etc-20161101-noarch-1
│   ├── inetutils-1.9.4-x86_64-5
│   ├── inotify-tools-3.14-x86_64-4
│   ├── iproute2-4.8.0-x86_64-1
│   ├── iptables-1.6.0-x86_64-1
│   ├── iputils-20161105.1f2bb12-x86_64-1
│   ├── js17-17.0.0-x86_64-4
│   ├── kbd-2.0.3-x86_64-1
│   ├── keyutils-1.5.9-x86_64-1
│   ├── kmod-23-x86_64-1
│   ├── krb5-1.13.4-x86_64-1
│   ├── ldns-1.6.17-x86_64-4
│   ├── less-487-x86_64-1
│   ├── libarchive-3.2.1-x86_64-2
│   ├── libassuan-2.4.3-x86_64-1
│   ├── libcap-2.25-x86_64-1
│   ├── libedit-20160903_3.1-x86_64-1
│   ├── libffi-3.2.1-x86_64-2
│   ├── libgcrypt-1.7.3-x86_64-1
│   ├── libgpg-error-1.24-x86_64-1
│   ├── libidn-1.33-x86_64-1
│   ├── libksba-1.3.4-x86_64-2
│   ├── libldap-2.4.44-x86_64-2
│   ├── libnl-3.2.28-x86_64-1
│   ├── libpipeline-1.4.1-x86_64-1
│   ├── libsasl-2.1.26-x86_64-8
│   ├── libseccomp-2.3.1-x86_64-1
│   ├── libssh2-1.8.0-x86_64-1
│   ├── libsystemd-231-x86_64-4
│   ├── libtasn1-4.9-x86_64-2
│   ├── libtirpc-1.0.1-x86_64-2
│   ├── libunistring-0.9.6-x86_64-2
│   ├── libusb-1.0.21-x86_64-1
│   ├── libutil-linux-2.28.2-x86_64-2
│   ├── linux-api-headers-4.7-x86_64-1
│   ├── logrotate-3.10.0-x86_64-1
│   ├── lsof-4.89-x86_64-1
│   ├── lynx-2.8.8-x86_64-4
│   ├── lz4-131-x86_64-2
│   ├── lzo-2.09-x86_64-1
│   ├── m4-1.4.17-x86_64-2
│   ├── man-db-2.7.5-x86_64-4
│   ├── mc-4.8.18-x86_64-1
│   ├── mdadm-3.4-x86_64-1
│   ├── mpfr-3.1.5-x86_64-1
│   ├── nano-2.7.1-x86_64-1
│   ├── ncurses-6.0+20161112-x86_64-1
│   ├── net-tools-1.60.20160710git-x86_64-1
│   ├── netctl-1.12-noarch-2
│   ├── nettle-3.3-x86_64-1
│   ├── networkmanager-1.4.2-x86_64-2
│   ├── npth-1.2-x86_64-1
│   ├── nspr-4.13.1-x86_64-1
│   ├── ntfs-3g-2016.2.22-x86_64-1
│   ├── openresolv-3.8.1-noarch-1
│   ├── openssh-7.3p1-x86_64-2
│   ├── openssl-1.0.2.j-x86_64-1
│   ├── openvpn-2.3.13-x86_64-1
│   ├── os-prober-1.71-x86_64-1
│   ├── p11-kit-0.23.2-x86_64-1
│   ├── pam-1.3.0-x86_64-1
│   ├── pambase-20130928-noarch-1
│   ├── parted-3.2-x86_64-5
│   ├── pciutils-3.5.2-x86_64-1
│   ├── pcre-8.39-x86_64-2
│   ├── perl-5.24.0-x86_64-2
│   ├── pinentry-0.9.7-x86_64-3
│   ├── pkgs.001-core
│   ├── polkit-0.113-x86_64-4
│   ├── popt-1.16-x86_64-8
│   ├── procps-ng-3.3.12-x86_64-1
│   ├── psmisc-22.21-x86_64-3
│   ├── pth-2.0.7-x86_64-5
│   ├── readline-7.0-x86_64-1
│   ├── reiserfsprogs-3.6.25-x86_64-1
│   ├── rng-tools-5-x86_64-4
│   ├── sed-4.2.2-x86_64-4
│   ├── shadow-4.4-x86_64-3
│   ├── slang-2.3.0-x86_64-1
│   ├── squashfs-tools-4.3-x86_64-4
│   ├── sudo-1.8.18.p1-x86_64-1
│   ├── sysfsutils-2.1.0-x86_64-9
│   ├── systemd-231-x86_64-4
│   ├── systemd-sysvcompat-231-x86_64-4
│   ├── tar-1.29-x86_64-2
│   ├── tzdata-2016i-noarch-1
│   ├── unzip-6.0-x86_64-12
│   ├── usbutils-008-x86_64-1
│   ├── util-linux-2.28.2-x86_64-2
│   ├── wget-1.18-x86_64-1
│   ├── which-2.21-x86_64-2
│   ├── wireless_tools-30.pre9-x86_64-1
│   ├── wpa_supplicant-1:2.6-x86_64-2
│   ├── xfsprogs-4.8.0-x86_64-1
│   ├── xz-5.2.2-x86_64-1
│   ├── yajl-2.1.0-x86_64-1
│   ├── zip-3.0-x86_64-7
│   └── zlib-1.2.8-x86_64-4

ってことでいいのかな。
そうだとするなら、libusbは
インストール無用だったってことになる。
あ、bcもだ。


posted by ブログ開設者 at 22:02| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザーとして、1コだけ進歩。APorteus-LXDE_ja-v16.11.23-x86_64.iso

archSPMを使ってはインストールできないけど、
archlinuxにはある、というパッケージの
モジュール化施策でござる。

nekoさんのご説明(コメント欄参照)を
少し深く読んでみた。

現実には、勝手な都合により、
archSPMよりインストールできる
ccidを例に説明。

まず、ブラウザを使って、
https://www.archlinux.org/packages/community/x86_64/ccid/
にアクセス、「Download From Mirror」 をクリックすると、
なぜか~/に、ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar.xzが
ダウンロードされたと仮定。

$ xz -dv ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar.xz
$ mkdir ccid-1.4.25-1-x86_64
$ mv ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar ~/ccid-1.4.25-1-x86_64/
$ cd ~/ccid-1.4.25-1-x86_64
$ tar vfx ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar
$ ls

. .. .BUILDINFO .MTREE .PKGINFO etc usr ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar
※etc,usrこそが用のあるファイル入りのフォルダ
$ rm .BUILDINFO
$ rm .PKGINFO
$ rm .MTREE
$ rm ccid-1.4.25-1-x86_64.pkg.tar
$ cd ..
$ mkXZM ccid-1.4.25-1-x86_64
$ ls

..... ccid-1.4.25-1-x86_64.xzm ......
$ sudo mv ccid-1.4.25-1-x86_64.xzm /mnt/sdb2/extra/
 ※つまり、モジュールをロードさせるために
  カーネルオプションで指定した第二パーティションの
  当該ディレクトリへ送る。
$ sudo reboot
$ sudo find / -name "*ccid*"


たくさん、行が出るけれど、
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/etc/libccid_Info.plist
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/etc/reader.conf.d/libccidtwin
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/usr/lib/pcsc/drivers/ifd-ccid.bundle
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/usr/lib/pcsc/drivers/ifd-ccid.bundle/Contents/Linux/libccid.so
/mnt/live/memory/changes/home/guest/Downloads/ccid-1.4.25-1-x86_64/usr/lib/pcsc/drivers/serial/libccidtwin.so

などと、モジュール化したccidがロードしている、たぶん。

だから、lib32-glibcも、このやり方でやれば、
モジュールとしてロードさせられたことになる。
いちいち手貼りしなくてもよかったのだ。

ってことは、aurからしかインストールできない
ものも、archlinux上で、yaourtコマンドで、
pkg.tar.xzを生成したところで、捕獲し、
こっちにもってくれば、たいがいのものは、
モジュール化して、ロードさせることができる。
モジュールを追加すればそれなりにシステム起動時の
時間はかさばるけど、元は小さな容量にできる
ということなんだと思う。

これって、
高級なカップヌードルに例えられる?
ramというお湯をかけると、
死んでいたはずのパリパリ麺が
シコシコ麺に変身。おいしく食べられる
ってことなのよう。ロケットに
積んで火星に持って行くにはいいのかも。

身近なところでの用途は、
他人のパソコンを使って、100%の
じぶんpcの世界を楽しめる
ってことかな。迷惑もかけないで。
だから、デバイス対応の見地から、
カーネルは重くせざるをえず、ですね。
ネットにつながらないのでは、
意味がないですし。
他人のプリンターを動かすのは、ちょっと、、、。

ネットカフェってところに
行ったことがないんだけど、
再起動したり、biosを
出したりできるんですよね?
起動デバイスの一時変更ができなければ、
文明の力といえども、どうにもならない。


posted by ブログ開設者 at 18:34| Comment(2) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする