2016年09月05日

catalystの更新。archbang-rc-20141215-x86_64

/etc/pacman.confの以下の設定で、
[catalyst-stable]
SigLevel = Never
Server = http://catalyst.wirephire.com/repo/catalyst/$arch


catalystをインストール、更新している。

今回ちょっと間が開いちゃって、
xorg-serverがまた先に行ってしまい、
xorg-serverを更新できなかった。
システムに差し障りなくcatalystを動作させるには、

最低で
xorg-server xf86-input-evdev xf86-input-libinput
xf86-input-driver xf86-input-joystick
xf86-input-keyboard xf86-input-mouse xf86-input-void

8つは、同時に更新しなきゃならないけど、xorg-serverが
今時の最新では1.18.4-1になっていて、最新のcatalyst3点セット
catalyst-utils catalyst-libgl catalyst-hook
ではまたまた未対応な状態のようだ。
インストール済みxorg-serverは、1.17.4-2。

catalyst側の対応は、terminalの表示で見ただけだけど、
1.18.0台のxorg-serverには、対応してきているようだ。

依存関係として、xorog-serverバージョンとの依存関係が
よくわからず、上がるところまでxorg-serverを上げれば
いいのだが、やらなかった。

catalystを使うなら、カーネルは、linux-image-ltsを
使うといいように思う。きょう更新があって、4.4.19-1-lts。


posted by ブログ開設者 at 12:22| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする