2016年09月22日

the fast-install(dos)。archbang-rc-170916-x86_64

fast-installなるものが、実在するものとは
思っていなくて、勘違いしていました。

archbangには、fast-installという名の
簡易のインストーラーが存在しています。場所は、
/usr/bin/fast-install

archbangをlive-cdからインストールするには、

[ablive@archbang ~]$ sudo gparted

インストールするパーティションを作る。

で、swapなし、拡張(論理パーティション)の
/dev/sda5にインストールするとして、

[ablive@archbang ~]$ sudo mount /dev/sda5 /mnt
[ablive@archbang ~]$ sudo /usr/bin/fast-install
Copy live root image to /mnt
Add kernel to new install...
'/run/archiso/bootmnt/arch/boot/x86_64/vmlinuz' -> '/mnt/boot/vmlinuz-linux'
Create /etc/fstab...
Rebuild boot image...
==> Building image from preset: /etc/mkinitcpio.d/linux.preset: 'default'
-> -k /boot/vmlinuz-linux -c /etc/mkinitcpio.conf -g /boot/initramfs-linux.img
==> Starting build: 4.7.4-1-ARCH
-> Running build hook: [base]
-> Running build hook: [udev]
-> Running build hook: [autodetect]
-> Running build hook: [modconf]
-> Running build hook: [block]
-> Running build hook: [filesystems]
-> Running build hook: [keyboard]
-> Running build hook: [fsck]
==> Generating module dependencies
==> Creating gzip-compressed initcpio image: /boot/initramfs-linux.img
==> Image generation successful
==> Building image from preset: /etc/mkinitcpio.d/linux.preset: 'fallback'
-> -k /boot/vmlinuz-linux -c /etc/mkinitcpio.conf -g /boot/initramfs-linux-fallback.img -S autodetect
==> Starting build: 4.7.4-1-ARCH
-> Running build hook: [base]
-> Running build hook: [udev]
-> Running build hook: [modconf]
-> Running build hook: [block]
==> WARNING: Possibly missing firmware for module: wd719x
==> WARNING: Possibly missing firmware for module: aic94xx
-> Running build hook: [filesystems]
-> Running build hook: [keyboard]
-> Running build hook: [fsck]
==> Generating module dependencies
==> Creating gzip-compressed initcpio image: /boot/initramfs-linux-fallback.img
==> Image generation successful
Clean new install...
::Install complete::

ここからは、これでよいはず、というぐらいです。

[ablive@archbang ~]$ sudo blkid
あらかじめ、インストール先パーティションの
uuidを調べておく。

[ablive@archbang ~]$ sudo mount /dev/sda5 /mnt
[ablive@archbang ~]$ sudo arch-chroot /mnt
[root@archbang /]# grub-install --force /dev/sda5
[root@archbang /]# nano /boot/grub/grub.cfg


00_headerで2ヶ所、10_linuxで6ヶ所、
都合8ヶ所のuuidを適正なuuidに修正する。

あとは、mbmをmbrにインストールすれば、
”わたくし的”起動ができるようになる! はず。

本体起動後、locale合わせ、時計合わせ、キーボード合わせ等、
日本語環境にするにも、手間がかかります。
日本語フォントは何かひとつ入れないと、
web browserで日本語が表示されません。

なお、fast-installを使ってインストールする場合、
必然的に、user:ablive が生成されます。
名前を修正するには、(ちょっと面倒)

$ sudo passwd root
rootのパスワードを決める。
$ sudo nano /etc/inittab

c6:2345:respawn:/usr/bin/agetty 38400 tty6 linux
#c6:2345:respawn:/usr/bin/agetty -a ablive -8 -s 38400 tty6 linux
c6の行を上記のようにする。

$ sudo reboot

ログインプロンプトが出て、rootでログインする。

# usermod -l xxx -d /home/xxx -m ablive
   ↑xxxは、付けたいユーザー名。

# exit

改めて、新しいユーザー名でloginした途端、
デスクトップが現れる。なぜだろう。

fast-installとは、ぜんぶじゃないけれど
(ライブ上でインストールした内容、
つまりramにあるだけのものは無効)
live-cdの構成内容をインストール先にコピーする
ってことみたい。

abinstallのほうがいいと思うけど、
fast-installの利点は、systemdでも、openrcでも、
同じインストーラーが使えるってことのよう。
違うかな。

$ cat /usr/bin/fast-install
----------------------------------------------------------
#!/bin/bash
# basic quick install script based on obarun manual install
# ::preface install target device is mounted and has filesystems created to /mnt::
#
# by Mr Green
#
# todo check for mounted device and usage
# added -b for auto syslinux install

# check for root
[[ ${EUID} -ne 0 ]] && echo "::This script must be run as root::" && exit 1

# Variables
ACM="arch-chroot /mnt"
ROOT_DEV=$(df | grep -w /mnt | awk {'print $1'})

# copy live iso environment to /mnt (new install device)
echo "Copy live root image to /mnt "
cp -ax / /mnt

# copy kernel to new install
echo "Add kernel to new install..."
cp -vaT /run/archiso/bootmnt/arch/boot/$(uname -m)/vmlinuz /mnt/boot/vmlinuz-linux

# generate fstab for new device
echo "Create /etc/fstab..."
genfstab -U -p /mnt > /mnt/etc/fstab

# remake boot image
echo "Rebuild boot image..."
${ACM} /usr/bin/mkinitcpio -p linux

# Install syslinux bootloader (optional)
if [[ $1 == "-b" ]]; then
echo "Add syslinux bootloader..."
${ACM} /usr/bin/syslinux-install_update -iam
sed -i "s|/dev/sda[0-9]|${ROOT_DEV}|g" /mnt/boot/syslinux/syslinux.cfg
fi

# clean up new install, basically removing archiso files that are only needed live
echo "Clean new install..."
rm /mnt/etc/mkinitcpio-archiso.conf
rm -r /mnt/etc/initcpio

echo "::Install complete::"

umount /mnt

----------------------------------------------------------

あれ、-bオプションを付けて実行すると、
syslinuxがmbrにインストールされるの? わからん!

2016-09-21-221403_1680x1050_scrot.jpg

conkyで、背景がチラチラしているときに、
抜きノセ文字は、いかがなものか。

2016-09-22-133343_1680x1050_scrot.jpg

ぐらいでいいんじゃないの?

なお、conkyの今季の設定ファイルは、
~/.conkyrc ではなく、
~/.config/conky/conky.conf でござる。


posted by ブログ開設者 at 13:04| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dbus-openrcで不具合。archbang-openrc-rc-120416-x86_64

openrc対応で、リポジトリ[openrc-eudev]を使っているバージョン。
dbus-openrcの更新があって、
云われるままに更新(remove & install)したら、
Xが立ち上がらなくなったばかりか、netにもつながらなくなった。

幸いキャッシュに、旧バージョンが残っており、
$ downgrade dbus-openrc (20160917-2 -> 1.10.10-5)
で、正常な状態に戻せたが、

こういうことが起こるようでは、
systemd freeなんておこがましいぞ!! ふんっ!

それとも、単に、
$ sudo rc-update add xxxxxx

などと、サービスを再開始しなければならなかっただけ?


posted by ブログ開設者 at 08:01| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

catalystのbangで不具合。archbang-rc-20141215-x86_64

カーネルをlong term supportのを使っていれば、
問題ないだろう、と思っていたのが、甘かった。

カーネルが、最新のlinux-ltsだと、
カーソルが動かなくなり、カーネルのバージョンを
更新以前のものに戻したら、動いたが、

catalyst(表示ドライバ)の状態が動作的に、
スローモーションの表示になってしまった。

やったこと:
$ downgrade linux-lts (4.4.21-1 -> 4.4.19-1)
$ downgrade linux-lts-headers (4.4.21-1 -> 4.4.19-1)
$ downgrade util-linux (2.28.2-1 -> 2.28.1-1)

これで、復帰しますた!

さっそく、/etc/pacman.confで、
更新されてしまわないよう、ignore指定したりしました。
catalystを使えば、表示の細かい調整とかできるけど、

ふつうに表示されていればよいひとは、
xf86-video-atiだったと思うけど、これで
表示できるんだから、catalystは
インストールしないほうが賢明だと思います。
進展がarchlinuxとまったく同期しないので。

戻すのも、それなりに面倒です。
/etc/X11/xorg.confとか、わざわざcatalystのために
つくちゃってるので(archbangのデフォルトは、
evdevでほとんど動きます。jp106キーボードだけ
/etc/X11/xorg.conf.d/内で設定)。


posted by ブログ開設者 at 16:13| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする