2016年08月25日

uefi起動。asus h170-plus d3の場合

h170-plus d3の場合、問答無用で、起動してくれるのは、
/boot/efi/EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
だけ。マザーボード出荷まえに覚えさせてあるのは、それだけ。

同じasusでもh97-proなら、linuxでは、
ubuntu,opensuseを覚えさせてある(ようだ)。

じぶんのこの度の場合、/boot/efi以下に
EFIパーティションがマウントしてあるとして、
$ sudo cp /boot/efi/EFI/refind/refind_x64.efi \
/boot/efi/EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
などとし、refindをマイクロソフトのブートローダーに見せかけてあったから、
linux各種インストール済みのhddをただ接続して起動できたが、
この操作をやっていなければ、uefi-bios上、ブートローダーが
見えなかったはずなわけで、一切起動できなかっただろう。

いま、ubuntu上からgrubを下記のように再インストールして、

$ sudo grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot/efi \
--bootloader-id=$esp --recheck --debug

ブートローダーが見えるようになったけれど、
hddの接続を切り離し、他のhddを動かしたあと、
再び元に戻したら、確実に消えているはず。

いまだに、uefi-shellのv2を起動させられない
わたくしとしましては、たいへんに困った事態にあるのであります。

マイクロソフトによる圧力が、このような事態を
招いているなどとは、けっして思いませんが。
台湾企業のだらしなさは、当然想うわけであります。
linuxのなんか一個ぐらい、起動するようにしとけよ!
それを、archlinuxにしとけ、とまでは云わないけれど。

biostar製マザーボードだかが、唯一、biosにuefi-shellの機能を
有する、というような記事を読んだことがある。
確かめてはいないけど。

日に二度も三度も、hddをつなぎ替えて、
運用するじぶんとしては、この不自由さは大きな問題です。

唯一、マイクロソフトのbootmgfw.efiに見せかけるなら、
refindがいいように思う。なぜなら、
refindは、起動のたびhdd内の各パーティションに
存在するカーネルをサーチする。だから、grubみたいに
親ディストロにもどって、update-grub(grub-mkconfig)を
する必要がない。でも、どれが目当てのディストロの
カーネルか、というのは、入れている数が多いと、
見分けにくい(じぶんはGUI的アイコンあり画面でなく
テキストのみモード、パーティション番号は表示に
付かない)。
そのようなとき、refindなら、
refindのos選択画面からさらにubuntuのgrubの選択画面を経て、
起動できる、ということもある。
欠点はosの起動までに時間がかかる
ってことですけどね、たんびにサーチするので。

そろそろ、大真面に、nvramへのブートローダーの
埋め込み?にトライしないといけない。
この方面、がんがんトライしたときから、
二年ぐらい経ったはずだけど、未だに情報量が
増えていないですね。実践して、こうだった
というような話がほとんどない。
箱にpcを入れている人がほとんどで、
hddをはずすことはないからか、不自由は感じないのかも。

asusのbios内の説明では、セキュアブートを
disableしろとか出るけど、その操作をどこの何を
どうしろ、という説明がなくて、
bios内の設定項目の実態と一致しない。
この間も、やろうとして、biosのupgradeの憂き目に遭った。
だれかー。実践例を聴かせてほしい。

linuxの起動には、dosのほうが高環境なのは、
云うまでもない。で、それもあって、uefiのほうへ
あまり気が向かない。2tbの壁も、パーティション数の
限界問題も、Linuxにはあまり関係ないのでね。
ただ、時代の趨勢として、高容量のhddで
linuxさせられるってことになっていくのだから、
やらざるを得ない。
中古の廉価な200〜300gb(sata2)のhddもいよいよ
なくなってしまうだろうし、、、。

linuxのインストールディスクをuefiで起動した
画面にuefのshellがあるけど、
あそこあら起動して、直接bicsのnvramに書き込めるのかな。


posted by ブログ開設者 at 00:00| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

weather.noaa.govよ、さようなら? conkyの気温表示。archlinux本家系

ブラウザで、http://weather.noaa.govにアクセスすると、
でかい字で This Service is no longer available と出た。
きょうは、暑い日なのか、しのぎやすいのか、
判りやすかったconkyの気温表示ができなくなりました。
まだ気づいて半日ぐらいだから、メンテかなにかで
サーバダウンしているだけだといいんだけど、期待薄。

代替の方法を探したけど、
スポット的に気温だけってないみたいで、、、。
情報の要らない部分を外せない。
タダってそういうことね。
その日の天気を表示させることで
お茶を濁しました。

$ sudo pacman -S w3m libxslt

$ mkdir ~/.conky_weather
$ leafpad ~/.conky_weather/.conky-weather.sh
スクリプトの中身:
w3m -dump http://weather.livedoor.com/forecast/rss/13/63.xml \
| xsltproc --param showtitle "false()" ~/erss.xsl - \
| grep -v "^ *\\[ PR \\]" | head -n 1 | sed "s/- //g" \
| awk '{printf "%-12s %s %s(%s)\n",$7,$4,$5,$6}'


※あれれ? 投稿をプレビューしたら、バックスラッシュが、、、
budgeiのデスクトップ上では、円マークに見えている。
4行に見えているけど、行の後ろのそれは、バックスラッシュで、
長い長い一行のコマンドです。
head -n の後ろの数を変えれば、表示させる日数が変えられます。
私は、その日だけでいいから、1にしました。

$ sudo chmod 755 ~/.conky_weather/.conky-weather.sh
$ leafpad ~/.conkyrc

適所に追記:
${texeci 3600 ~/.conky_weather/conky-weather.sh}

conky_change.jpg

「8月24日(水) 東京 曇時々雨」の後ろに、じつは「(最高気温31℃)」が
つながっています。美意識優先の拙僧は、conkyの表示幅を優先しまちた。
天気は、表示に都合よくいつも4文字の予想になる
わけないので、表示がきれいじゃない日もあるでせう。

じぶんの地域に合わせるには、スクリプト内の
http://weather.livedoor.com/forecast/rss/13/63.xml
rss以下の番号等をいじるんだそうです。

http://weather.livedoor.com/ へ行き、
じぶんの地域を開いて、rssボタンをクリックしたときの
url欄を参照すればokです。

たとえば、旭川なら、
http://weather.livedoor.com/forecast/rss/area/012010.xml
になります。

情報が長いんで、最初、新幹線の車内ニュースみたいに
流そう(コマンド的には、scrollさせよう)と考えました。
rssの受信ってことのせいか、流れている
文字が点滅しちゃってどうにもならなかったです。

budgie二日目、わりといいです。
gnome本家よりだいぶ軽快。


posted by ブログ開設者 at 16:39| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

カラフルなフラットアイコン、Oranchelo-icon-theme。budgie-desktop上

budgieは、左下の一極集中メニューのスタイルで、
ランチャーとか使えないみたい。
だから、アイコンの華々しい出番はない。

でも、アイコンって、ほとんどがフォルダとテキストファイル。
あと圧縮ファイルぐらいなもので、それらが気に入らない
と使わないってことになるけれど。
Oranchelo-iconは、
アイコンがなしのファイルって、まずないし、
趣味性もまずまずではないですか。
カタチも○ばっかりとか□ばっかり
じゃないから、単調じゃない。

budgieのメニューは、使い慣れれば、
遅いってことでもないような。
xfce4のintegrated-menuとほぼおんなじかな。
アプリケーションファインダーもある。
archlinux上では、gnome3より、動作はかなり機敏。
安定性も高いような。それでいて、
ウィンドウのアニメーションな動きも
一応存在する。

スクリーンショットは、右がthuner。左がspacefm。
アプリケーションメニューの画面にちょっとアイコンが見えるかな。
gtkテーマは、adwaitaで、グローバルダークテーマがon。

2016-08-23-215640_1680x1050_scrot.jpg


posted by ブログ開設者 at 22:28| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする