2016年06月06日

pt3設定の要点のみ。sprinlinux-runit-20150811-x68_64

下記は、runitでpt3をやる場合の特異点。
インストールするパッケージなどはいつもどおり。

pcscdの起動:
$ mkdir -p /etc/sv/homes/joeuser
$ sudo nano /etc/sv/homes/joeuser/run

#!/bin/sh
/usr/bin/pcscd

$ sudo ln -s /etc/sv/homes/joeuser /var/service/

フォルダ名のjoeuserは、任意の名前でいいような。


rc.localは、
/etc/rc.localが存在するから、
ubuntuのようにこのファイルに

for ADAPTER in 0 1 2 3 ; do
NEW_ADAPTER=`expr $ADAPTER + 10`
mkdir /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
chown root:video /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
chmod 0775 /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
/usr/bin/nice --4 /usr/local/bin/fuse_b25 --target \
/dev/dvb/adapter$ADAPTER /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER -o \
allow_other
done
exit 0


を追記すれば、ok。


posted by ブログ開設者 at 00:30| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする