2016年06月19日

systemdからopenrcへ変更の設定。archbang-light-20140704-x86_64(systemd)

こうやったはず、という程度です。
途中、紆余曲折があって、記憶が定かでありません。
すでにsystemdでインストール済みの
archbangをopenrcに変更できるか
の実験。変更できます。

$ sudo pacman -Syyu (とりあえずsystemd状態で最新まで更新)

$ sudo nano /etc/pacman.conf
[arch-openrc]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc
[arch-nosystemd]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc


$ sudo nano /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc
##
## Arch Linux OpenRC repository mirrorlist
## Generated on 2016-06-09
##

Server = http://archbang.org/archopenrc/$repo/$arch
Server = ftp://ftp.heanet.ie/mirrors/sourceforge/a/ar/archopenrc/$repo/$arch
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/archopenrc/$repo/$arch


$ sudo pacman -S openrc
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...
:: sysvinit と systemd-sysvcompat が衝突しています。systemd-sysvcompat を削除しますか? [y/N] y
警告: 循環依存が検出されました:
警告: openrc-repo は依存パッケージ openrc の前にインストールされます

パッケージ (6) openrc-keyring-20160504-1 openrc-mirrorlist-20160609-1
openrc-repo-1.1-1 systemd-sysvcompat-230-4 [削除]
sysvinit-2.88-16 openrc-0.21-2

$ sudo pacman -Syyu
:: パッケージデータベースの同期中...
core 119.5 KiB 355K/s 00:00 [######################] 100%
extra 1748.8 KiB 2.40M/s 00:01 [######################] 100%
community 3.5 MiB 5.10M/s 00:01 [######################] 100%
multilib 160.5 KiB 9.22M/s 00:00 [######################] 100%
arch-nosystemd 25.1 KiB 91.8K/s 00:00 [######################] 100%
arch-nosystemd.sig 543.0 B 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
エラー: arch-nosystemd: key "FA91071797BEEEC2" is unknown
:: PGP 鍵 4096R/A55C3F1BA61CAA63036D82BAFA91071797BEEEC2, "Chris Cromer ", 作成日: 2016-04-18 をインポートしますか? [Y/n]
エラー: arch-nosystemd: signature from "Chris Cromer " is unknown trust
エラー: arch-nosystemd の更新に失敗しました (無効または破損したデータベース (PGP 鍵))
archlinuxfr 11.3 KiB 0.00B/s 00:00 [######################] 100%
エラー: データベース 'arch-nosystemd' は無効です (無効または破損したデータベース (PGP 鍵)


$ sudo pacman-key -r FA91071797BEEEC2
$ sudo pacman-key --lsign-key FA91071797BEEEC2
$ sudo pacman -Syy
$ sudo pacman -S device-mapper-openrc fuse-openrc haveged-openrc networkmanager-openrc openssh-openrc syslog-ng-openrc udev-openrc dbus-openrc cronie-openrc consolekit-openrc cgmanager-openrc autofs-openrc avahi-openrc acpid-openrc alsa-utils-openrc wpa_supplicant-openrc

依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...
:: polkit-consolekit と polkit が衝突しています。polkit を削除しますか? [y/N] y

パッケージ (34) acpid-2.0.27-1 autofs-5.1.1-3 cgmanager-0.39-2 consolekit-1.1.0-7 cronie-1.5.0-1
eventlog-0.2.12-4 jansson-2.7-1 libdbi-0.9.0-2 libndp-1.6-1 libnih-1.0.3-2 libpgm-5.2.122-2
libsodium-1.0.10-1 libteam-1.23-1 networkmanager-consolekit-1.2.2-2 polkit-0.113-4 [削除]
polkit-consolekit-0.113-5 syslog-ng-3.6.3-2 zeromq-4.1.4-1 acpid-openrc-20160609-1
alsa-utils-openrc-20160609-1 autofs-openrc-20160604-1 avahi-openrc-20160609-1
cgmanager-openrc-20160609-1 consolekit-openrc-20160609-1 cronie-openrc-20160609-1
dbus-openrc-20160609-1 device-mapper-openrc-20160609-1 fuse-openrc-20160604-1
haveged-openrc-20160604-1 networkmanager-openrc-20160609-1 openssh-openrc-20160604-1
syslog-ng-openrc-20160604-1 udev-openrc-31-1 wpa_supplicant-openrc-20160609-1

合計ダウンロード容量: 6.41 MiB
合計インストール容量: 38.66 MiB
最終的なアップグレード容量: 37.04 MiB

$ sudo pacman -S displaymanager-openrc
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...

パッケージ (1) displaymanager-openrc-20160609-1

$ sudo rc-update add dbus default
* service dbus added to runlevel default
$ sudo rc-update add cronie default
* service cronie added to runlevel default
$ sudo rc-update add consolekit default
* service consolekit added to runlevel default
$ sudo rc-update add haveged default
* service haveged added to runlevel default
$ sudo rc-update add NetworkManager default
* service NetworkManager added to runlevel default
$ sudo rc-update add consolekit
* service consolekit added to runlevel default
$ sudo rc-update add alsasound default
* service alsasound added to runlevel default


$ sudo pacman -S xorg-xdm
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...

パッケージ (1) xorg-xdm-1.1.11-6

$ sudo pacman -S lightdm
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...

パッケージ (2) libxklavier-5.4-1 lightdm-1:1.18.1-2

$ sudo pacman -S lightdm-gtk-greeter
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...

パッケージ (1) lightdm-gtk-greeter-1:2.0.1-3

$ sudo nano /etc/conf.d/xdm
DISPLAYMANAGER="lightdm"

$ sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf
追記:
greeter-session = lightdm-gtk-greeter

$ sudo rc-update add xdm default
* service xdm added to runlevel default

$ sudo nano /etc/mkinitcpio.conf
HOOKS="base udev autodetect modconf block resume filesystems keyboard keymap fsck"
$ sudo mkinitcpio -p linux

$ sudo pacman -S eudev eudev-systemdcompat
依存関係を解決しています...
衝突するパッケージがないか確認しています...
:: eudev と libsystemd が衝突しています (libudev.so)。libsystemd を削除しますか? [y/N] y
:: eudev-systemdcompat と systemd が衝突しています。systemd を削除しますか? [y/N] y

警告: 循環依存が検出されました:
警告: eudev-systemdcompat は依存パッケージ eudev の前にインストールされます

パッケージ (4) libsystemd-230-4 [削除] systemd-230-4 [削除] eudev-3.2-1
eudev-systemdcompat-230-1

$ sudo nano /etc/conf.d/keymaps
keymap="jp106"

$ sudo rm /etc/resolv.conf(←リンク先不在のresolv.confが在ったため)
$ sudo nano /etc/resolv.conf
# Generated by resolvconf
nameserver 192.168.1.1


$ sudo reboot

$ rc-status
Runlevel: default
dbus [ started ]
NetworkManager [ started ]
consolekit [ started ]
netmount [ started ]
xdm [ started ]
alsasound [ started ]
cronie [ started ]
haveged [ started ]
local [ started ]
Dynamic Runlevel: hotplugged
Dynamic Runlevel: needed/wanted
xdm-setup [ started ]
Dynamic Runlevel: manual


posted by ブログ開設者 at 20:47| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

openrc関連サーバー変更実験。archbang-openrc-rc-240416-x86_64

たしか、archbangのopenrc版の2番目辺りのバージョン。
それで、最新のopenrcバージョンの状態にできるかやってみた。

まず、
[core] [extra] [community] [multilib] [archlinuxfr]に加え
[openrc-eudev]だけがある状態で最新にした。

そして、/etc/pacman.confに下記を追記。
[arch-openrc]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc

[arch-nosystemd]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc


archbang-openrc-rc-140616-x86_64.isoをlive起動して、
/etc/pacman.d/mirrorlist-openrcを取得。
archbang-openrc-rc-240416-x86_64の
/etc/pacman.d/にコピーした。
mirrorlist-openrcの内容は以下のとおり、
-----------------------------------------------------------------
##
## Arch Linux OpenRC repository mirrorlist
## Generated on 2016-06-09
##

Server = http://downloads.sourceforge.net/project/archopenrc/$repo/$arch
Server = http://archbang.org/archopenrc/$repo/$arch
Server = ftp://ftp.heanet.ie/mirrors/sourceforge/a/ar/archopenrc/$repo/$arch
-----------------------------------------------------------------
※↑一番目のdownloads.sourceforge.netは遅くて使えないので、
 後で一番下に下げることになった。

そして、
[openrc-eudev]をコメントアウト。

$ sudo pacman -Syyu したら、openrcなど
20ほどのパッケージ更新があった。
何々よりなになにのほうが新しいとかのメッセージが
あれこれ出るようになって、[arch-openrc]も閉じて、
[arch-nosystemd]だけにしたら、余計な
表示が出なくなった。

インストールしていない
archbang-openrc-rc-140616-x86_64.isoのlive上では、
[arch-openrc] [arch-nosystemd]の両方が
生きる設定になっている。
実際にインストールしたら、どうなるんだろう。

なお、openrcがインストールされたとき、
/etc/pacman.conf内の[arch-openrc] [arch-nosystemd]
のサーバー記述がダブるから、修正(削除)する必要がある。
[arch-openrc] と[arch-nosystemd]で、バージョン違いで
パッケージが重複するところがかなりありそうだ。

この辺り、openrcの波がはじまったばかりで、
まだきちんと整理できていない感じ、、、。

でもこれ、archbangがやっていることなのか、
本家archlinuxがやっているのか、よく判らない。
「systemd、やーめた!」になるんだろうか。
使っていての印象は、openrcのほうが軽い気はする。


posted by ブログ開設者 at 07:06| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

archbang-openrc-rc-140616-x86_64.iso

liveで見た限りだけど、
070616版(2016.06.07)と違うのは、
openrc周りについての更新サーバーが

[arch-openrc]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc

[arch-nosystemd]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist-openrc


の2つになっていること。つまり、
メインサーバーのurlに含まれちゃったわけで、、、。

070616版で確かめたときは、
サーバー名を上記に変えることによって、
update候補の数が異なった。
このたびの一連の、openrc化の初期のバージョン、
120416版では、

[openrc-eudev]
SigLevel=PackageOptional
Server=http://downloads.sourceforge.net/project/archopenrc/$repo/$arch


の1つだった。きょう現在そのままで、
120416版は、何事もなく快適に動作している。
このバージョンを140616版の2つの
サーバーに切り替え更新したら、
何が起こるのか、想像外。
openrc版のパッケージが増えるのは
間違いないが、システムは無事動作するのだろうか。

実際のところは、やってみないと
判らないね。どうしようかな。

140616版は、その他については見かけ上、
ひとつ前の070616版から何も変わっていない。
変わっているとすれば、インストーラーかな。
プロジェクトがインストーラーにこだわる人たちのようで、
よくいじる。


posted by ブログ開設者 at 15:56| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする