2016年03月15日

alphago強し。番外

韓国人棋士は、いちばん真価の問われる
最終戦で負けた。

見方はいろいろだろうけど、
韓国人棋士(黒番)は序盤に石を取ったが、
あまり良くなったようには見えなかった。
下辺の打ち込み以降、下辺を渡ったりして
流れは決定的になってしまった。
黙って中央の地を消しに行ったほうが
良策だったんじゃないかな。
流を失ってから黒地は、
ほとんど増えていないしね。

これが当代一二を争う人の碁?
普通に打てない心理も
あったように思う。
碁として力が拮抗していない。

7目半コミ出しの勝負なのに
コミなし碁みたいに見えた。


posted by ブログ開設者 at 19:40| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

閑話休題。archbang-beta-130316

betaと付くんだから、
何か新しいことにトライしているんだろ。
まだ何も確かめていない。

というのも、わずか9ヶ月で3度目の入院をした。
持ってきたipodtouchでリリースを確認しただけ。
isoがx86_64、i686ともに500mb以上の重さがあり、
checksumの値も掲示してある。
bangでよくある不発系でもないだろう。

ダウンロードは、sourceforgeで。


posted by ブログ開設者 at 10:37| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

alphagoも動揺、感情があった? 番外

韓国人棋士が勝って、
人類、勝った!!!
人間、勝った!!!
とみな大騒ぎ。

中盤まで流れは、完全にalphagoのものだった。
きわどいところを割り込まれ、
対応を間違ってからは、碁が豹変。
じぶんに腹を立て?悪手を連発、逆転負け。

びどくなったときは、
そこらの箱で売っている
囲碁ソフトと変わらないんじゃないか。

人間側は、ヤツがまだ知らない
穴をつくしかないのかも。

割り込みになぜ手が緩んだのか、判らない。
人間並みに変化の多さに手が滑ったのか。
シチョウと辺の攻防の特性は、
アマチュアも驚くほど知らない。

でもこういう穴も、
確実に埋まっていく。

投了、ちゃんとしたね。
負けを認める機能あり。

第5戦も、人間側が勝てば、
まだしばらくは面目を保てるだろう。
さて、中1日、双方の学習能力やいかに。


posted by ブログ開設者 at 19:13| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする