2016年01月12日

self-build-vlc、2.2.1-3vl7で更新エラー。vine7.0-i686

何かとオートでbuildしながらインストール
する方式の、vineのself-buildというやり方。
国際社会のお約束事をしっかり守る
日本人らしいさかも。

バイナリであらかじめ用意したものを
頒布すると何かの決まりにひっかかるらしい。
まあ云ってみれば、ubuntuなどで現物でない
flashのinstallerをインストールする
やり方と同じですね。

それでも、前バージョンの、vlc-2.2.0-4vl7は、
上手くインストールでき、なんの問題もなかったけど、
今回は、前バージョン削除が先に行われ、
インストールに失敗し、vlcがなしになったでござる。

旧バージョンのパッケージは、
/var/cache/apt以下にそろっているはずだけど、
必要なパッケージとそのバージョンの整合性を突き止めて、
vlcを元に戻す元気はないです。
修正されるのを待つのみ。

ってことで、vine7.0をやっている人は、
日本人でも少ないでしょうが、
vlcの更新は、とりあえず「待ち」にしたほうがいいでしょう。
やってしまうと、少なくともしばらくは
vlcなしの憂き目に遭います。

buildする方式って、ソースの取得先がすぐ変わって、
あらら、ってことがよくある。
ということもあって、私は、難しい系のlinuxでは、
バイナリでだいたい事足りるslackwareまでです。


posted by ブログ開設者 at 15:06| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする