2015年11月28日

gpartedのメニューエントリ。archbang-beta-171115-x86_64

pipe_menuの仕掛け部分が
obmenu-generatorに代わって、xdg-menuになっている。
ここでも、自動ではメニューに反映されないgpartedのエントリ。
そこそこ真面目に書き、追加しないとメニューに反映されないぞな。

$ sudo pacman -S gparted gksu
$ sudo leafpad /usr/share/applications/gparted.desktop


[Desktop Entry]
Name=Gparted
GenericName=Partition Editor
X-GNOME-FullName=GParted Partition Editor
Comment=Create, reorganize, and delete partitions
Exec=gksu /usr/bin/gparted_polkit %f
Icon=/home/USERNAME/Pictures/gparted.png
Terminal=false
Type=Application
Categories=GNOME;System;Settings;
StartupNotify=true
X-Ubuntu-Gettext-Domain=gparted


$ openbox --reconfigure


posted by ブログ開設者 at 19:02| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

vlc--nightly-3.0.0-7。archbang-beta-171115-x86_64

vlcのバージョン表示では、3.0.0-git Vetinari。
screenshotにあるように、映像が拡大しない。

あと、カーソルが映像の中に入ると、消える。仕様?

$ yaourt -S vlc-nightly
とすれば、関連パッケージ127コのインストール
とともに、コンパイルできる。

コンパイル時間は、celeron g1840で、
15分弱。エラーなく最後までいけたんだから、
ちゃんと動作しろよ。

2015-11-27-215513_1680x1050_scrot.jpg


posted by ブログ開設者 at 22:07| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうも逝ってしまった。slackware-current-25 NOV i486

同バージョン、2度目のインストールでも、
逝かせてしまうという体たらく。

glibc-solibs-2.15-i486-7.txzをインストール
すると、/bin/shでそんなファイルもディレクトリも
ない、みたいな表示がダラーっと出て、システム全体が
操作不能になり、再起動後のカーネルも動かなくなる。

pt2やpt3といえば、
のnttcomの定番リーダーを動かすために、
入れるべきパッケージのはず。

システムが新しくて、パッケージが合わない
だけで、だめパッケージってことでもないかもしれない。
だった、14.1では動いているからね。

とにかく、カーネルが4.1.13のslackware-currentで
pt2,3などを、というときには気をつけてください。

以上、報告でした。
私事ながら、きょうは、疲れるだけの一日だった。

なんか、こう。スカッとさせてくれる
linuxはないのか!?


posted by ブログ開設者 at 21:00| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする