2015年09月18日

archlinux-2015.09.01-dual.iso(openbox)

表題のisoをcd-rに焼いて、i686版でmbr起動。
子ディストロとしてインストール。

# loadkeys jp106
# cfdisk /dev/sda
# mkfs.ext4 /dev/sdaX
# mount /dev/sdaX /mnt
# pacstrap /mnt base base-devel
# genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
# arch-chroot /mnt
# pacman -S grub
# grub-install --force /dev/sdaX
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
# umount /mnt
# reboot

login:root no passward
# echo HI−IZURUKUNI > /etc/hostname
# rm /etc/localtime
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc
# useradd -m -g users -G wheel,audio,vide,lp -s /bin/bash SHOTOKUTAISHI
# passwd SHOTOKUTAISHI
# passwd root

# systemctl start dhcpcd.service
# systemctl enable dhcpcd.service
# pacman -Syyu
# pacman -S nano
# nano /etc/locale.gen
(selecting:ja_JP.UTF-8)
# nano /etc/locale.conf (LANG=ja_JP.UTF-8)
# locale-gen

# pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit xorg-xclock xterm xf86-input-evdev xf86-video-intel
# sudo nano /etc/X11/xorg.conf.d/01-keyboard-layout.conf

Section "InputClass"
Identifier "keyboard-layout"
Driver "evdev"
MatchIsKeyboard "yes"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection


# pacman -S openbox obconf lxappearance tint2 lxdm
# systemctl enable lxdm.service
# nano ~/.xinitrc
(export DE=openbox)
# reboot
select desktop:openbox login


opemboxのメニューから起動できるのは、xtermだけ。
最初にこのxtermで、複数のウィンドウを開ける
何らかのターミナルをインストール。必要なものを
一つ一つインストールする。

メニューの構築は、yaourt を使って、
obmenu-generatorをインストールする手もある。
その場合、/etc/xdg/内のopenboxのフォルダごと、
~/.configにコピーしておき、
~/.config/openbox/menu.xmlをmenu.xml.bakし、
あらたに、menu.xmlを下記の内容で作ると、

2015-09-18--1442569317_890x133_scrot.png

メニューづくりが少しラクになるかもしれない。

tint2やfcitxなどの、自動起動は、なんでも
~/.config/openbox/autostartに記述すれば、ok。

2015-09-18--1442569649_1680x1050_scrot.jpg

posted by ブログ開設者 at 18:59| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

unity-tweak-tool、治る。ubuntu15.10-beta1-amd64

unity-setting-daemonやunity-tweak-toolの
更新があって、unity-tweak-toolが起動する
ようになった。環境が
カスタマイズできなきゃ、ね!


posted by ブログ開設者 at 14:46| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

archbang-150916-x86_64

差し替えて、新しいisoが上がっています。
容量的に、こんどは大丈夫そう。
じぶんは、このところ、i686で十分だ、
と思うようになってきた。

uefi-gptのhddには、x86_64でないと
インストールできないけれどね。

ttp://sourceforge.net/projects/archbang/files/


posted by ブログ開設者 at 00:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする