2015年09月08日

tint2の異変。archbang(archlinux)

同じサーバーから、同じパッケージが入るので、
archlinuxでも同じようになる、と思う

tint2の時間表示の右(パネル全体右端)に、
2015-09-08--1441702738_313x40_scrot.jpg
のような表示が出るようになった。

どうやら、
------
 0%
00:00
------
と書いてあるようなのだが、
数値が変化するってことはない。

tint2-0.12.2-1 から、tint2-0.11-8に
バージョンを下げれば消失するから、
ホームディレクトリでの設定は、関与していない。
tint2が、何をしようとしているのか、
さっぱり判らない。ネット上にも情報がない。


posted by ブログ開設者 at 17:46| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

skylakeのcpuは、当分無理?! linux

新しいこと、ちょっとやりたくなっているけど、
第六世代のインテルcoreプロセッサーを
linuxで使うのは、当分の間は無理みたい。
パソ○○工房で、ubuntu14.04lts、centos6.5で
実験したらしいけど、、、。
主にacpiで具合のよろしくないところがあるらしい。

linuxで新しいハードに飛びつくのは、
やめたほうがいいです。


posted by ブログ開設者 at 15:07| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pt2設定(dvb版)覚え書き。fedora22-x86_64-gnome

■下準備
$ sudo dnf groupinstall "Development tools"
$ sudo dnf install fuse-devel


■cardreader(SCR3310NTTCom)
$ sudo dnf install pcsc-lite-ccid pcsc-lite pcsc-lite-devel pcsc-tools
※pcsc-lite-libsはデフォルトでインストール済み

$ sudo systemctl start pcscd.service
$ sudo systemctl enable pcscd.service
$ pcsc_scan

  Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)
^C

■s2scan
$ wget http://www3.wazoku.net/2sen/dtvup/source/up0588.zip
$ unzip up0588.zip
$ cd dvb_apps_0.92/cmds/

↓スキャン:地上波、bs、csの順
$ ./s2scan -a 1
$ ./s2scan -a 0 -p -b
$ ./s2scan -a 0 -p -c


■tune
$ wget http://www3.wazoku.net/2sen/pt1up/source/up0219.gz
$ tar -zxvf up0219.gz
$ cd dvb-pt1-test
$ nano tune.c

スキャン結果を元に自己の地域に合わせチャンネル修正したら、
の部分を修正保存。

prop[0].cmd = DTV_FREQUENCY;
prop[0].u.data = channel->frequency;
prop[1].cmd = DTV_ISDBS_TS_ID_LEGACY;
prop[1].u.data = channel->ts_id;
prop[2].cmd = DTV_TUNE;

$ mv tune tune.bak
$ make

gcc -O2 -Wall -I../dvb-pt1/linux/include -o tune tune.c
$ sudo cp tune /usr/local/bin/
$ sudo chmod 755 /usr/local/bin/tune

$ cd


■fuse_b25
$ wget http://www3.wazoku.net/2sen/dtvup/source/up0664.zip
$ unzip up0664.zip
$ cd fuse_b25-0.4.8/
$ unzip fuse_b25-0.4.8.zip
$ cd fuse_b25-0.4.8/
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

$ cd


■rc.local
$ sudo nano /etc/rc.d/rc.local
記述保存:
#!/bin/sh
for ADAPTER in 0 1 2 3 ; do
NEW_ADAPTER=`expr $ADAPTER + 10`
mkdir /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
chown root:video /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
chmod 0775 /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER
/usr/bin/nice --4 /usr/local/bin/fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter$ADAPTER /dev/dvb/adapter$NEW_ADAPTER -o allow_other
done
exit 0


$ sudo chmod 755 /etc/rc.d/rc.local

■systemd
$ sudo nano /etc/systemd/system/rc-local.service
記述保存:
[Unit]
Description=/etc/rc.d/rc.local Compatibility

[Service]
Type=oneshot
ExecStart=/etc/rc.d/rc.local
TimeoutSec=0
StandardInput=tty
RemainAfterExit=yes

[Install]
WantedBy=multi-user.target


$ sudo chmod 755 /etc/systemd/system/rc-local.service
$ sudo systemctl enable rc-local.service

Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/rc-local.service to /etc/systemd/system/rc-local.service.

■group
$ sudo gpasswd -a USERNAME audio
$ sudo gpasswd -a USERNAME video



$ sudo reboot


■test
$ ls -l /dev/dvb
合計 0
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter0
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter1
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter10
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter11
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter12
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter13
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter2
drwxr-xr-x 2 root root 100 3月 22 12:05 adapter3

$ tune 12 13 &
[1] 1415
$ Successfully tuned to Dlife .
fg
tune 12 13
^C

■vlc
$ sudo rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm
$ sudo dnf check-update
$ sudo dnf install vlc

インストールされたのは、バージョン:2.2.2みたいだ。
ヘルプ→VideoLanについて、で確認する限り。
Screenshot from 2015-09-08 11-47-16.jpg
dnf infoで出るバージョンは、なぜか2.2.1だ。

メディア→キャプチャーデバイスを開く→キャプチャーモード:TV 
デジタル→チュナーカード:/dev/dvb/adapter12→再生 で再生開始

ツール→設定→すべて→入力/コーデック→詳細設定
のキャッシュの設定欄の仕様が変わっている。
vlc設定画面.jpg

40分ほど視聴しているが、
デフォルトのままの状態で、映像も音も乱れてこない。
これは、よいバージョンかもしれない。


posted by ブログ開設者 at 11:53| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

yumの代替? dnf fedora22

英語表示を気にも止めなかった。
とりあえず、
$ sudo yum update で、
アップデートはできるので。やったあと、
もう一度してみて、ちゃんと読んでみた。

$ sudo yum update
Yum command has been deprecated, redirecting to '/usr/bin/dnf update'.
See 'man dnf' and 'man yum2dnf' for more information.
To transfer transaction metadata from yum to DNF, run:
'dnf install python-dnf-plugins-extras-migrate && dnf-2 migrate'

$ sudo dnf install python-dnf-plugins-extras-migrate && dnf-2 migrate
Last metadata expiration check performed 0:08:01 ago on Tue Sep 8 06:14:52 2015.
Package python-dnf-plugins-extras-migrate-0.0.9-1.fc22.noarch is already installed, skipping.
Dependencies resolved.
Nothing to do.
完了しました!
エラー: This command has to be run under the root user.

$ dnf --help
usage: dnf [options] COMMAND

List of Main Commands

autoremove
check-update Check for available package upgrades
clean キャッシュデータを削除する
distro-sync 最新の利用可能なバージョンへインストール済みパッケージを同期する
downgrade パッケージのダウングレード
group Display, or use, the groups information
help 役立つ使い方のメッセージを表示する
history トランザクション履歴を表示、使用する
info パッケージもしくはパッケージのグループについての詳細を表示する
install システムにパッケージをインストールする
list パッケージグループの一覧を表示する
makecache メタデータキャッシュを生成する
provides 指定値を提供するパッケージを検索する
reinstall パッケージの再インストール
remove システムから削除するパッケージ
repolist ソフトウェアリポジトリーの構成を表示する
repository-packages Run commands on top of all packages in given repository
search 指定した文字列でパッケージの詳細を検索する
updateinfo Display advisories about packages
upgrade Upgrade a package or packages on your system
upgrade-to Upgrade a package on your system to the specified version

List of Plugin Commands

builddep Install build dependencies for package or spec file
config-manager manage dnf configuration options and repositories
copr Interact with Copr repositories.
debuginfo-install install debuginfo packages
download Download package to current directory
kickstart Install packages defined in a kickstart file on your system
migrate migrate yum's history, group and yumdb data to dnf
needs-restarting determine updated binaries that need restarting
playground Interact with Playground repository.
repoquery search for packages matching keyword
reposync download all packages from remote repo

optional arguments:
--allowerasing allow erasing of installed packages to resolve
dependencies
-b, --best try the best available package versions in
transactions.
-C, --cacheonly キャッシュから完全に実行し、キャッシュを更新しません
-c [config file], --config [config file]
構成ファイルの場所
-d [debug level], --debuglevel [debug level]
デバッグ情報の出力レベル
--debugsolver dumps detailed solving results into files
--showduplicates 一覧/検索コマンドのリポジトリーの重複の表示
-e ERRORLEVEL, --errorlevel ERRORLEVEL
エラー出力レベル
--rpmverbosity [debug level name]
rpm のデバッグ情報の出力レベル
-q, --quiet 静かに処理をする
-v, --verbose 冗長に処理をする
-y, --assumeyes すべての問い合わせに「yes」で答える
--assumeno answer no for all questions
--version show DNF version and exit
--installroot [path] インストールのベース ディレクトリーを設定する
--enablerepo [repo]
--disablerepo [repo]
-x [package], --exclude [package]
exclude packages by name or glob
--disableexcludes [repo]
disable excludes
--repofrompath [repo,path]
label and path to additional repository, can be
specified multiple times.
--noplugins disable all plugins
--nogpgcheck GPG 署名の確認を無効にする
--disableplugin [plugin]
名前でプラグインを無効にする
--color COLOR 色を使うかどうか制御する
--releasever RELEASEVER
override the value of $releasever in config and repo
files
--setopt SETOPTS 全体設定とリポジトリー オプションの任意に設定する
--refresh set metadata as expired before running the command
-4 resolve to IPv4 addresses only
-6 resolve to IPv6 addresses only
-h, --help show help

$ sudo dnf check-update
Last metadata expiration check performed 0:40:39 ago on Tue Sep 8 06:14:52 2015.

$ sudo dnf reinstall vi
Last metadata expiration check performed 0:25:38 ago on Tue Sep 8 06:14:52 2015.
Dependencies resolved.
================================================================================
Package アーキテクチャ
バージョン リポジトリー 容量
================================================================================
再インストール中:
vim-minimal x86_64 2:7.4.827-1.fc22 updates 465 k

トランザクションの要約
================================================================================

総ダウンロード容量: 465 k
これでいいですか? [y/N]y
パッケージをダウンロードしています:
vim-minimal-7.4.827-1.fc22.x86_64.rpm 949 kB/s | 465 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計 237 kB/s | 465 kB 00:01
Running transaction check
Transaction check succeeded.
Running transaction test
Transaction test succeeded.
Running transaction
再インストール中 : vim-minimal-2:7.4.827-1.fc22.x86_64 1/2
削除中 : vim-minimal-2:7.4.827-1.fc22.x86_64 2/2
Verifying : vim-minimal-2:7.4.827-1.fc22.x86_64 1/2
Verifying : vim-minimal-2:7.4.827-1.fc22.x86_64 2/2

Reinstalled:
vim-minimal.x86_64 2:7.4.827-1.fc22

完了しました!


勝手に気を効かせたりするらしいね!
勉強するの、やだなあ。
dnfになって、何がよくなるんだろう。


posted by ブログ開設者 at 07:10| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする