2015年09月27日

archbang-rc-150926-i686

びっくりするような壁紙がいちばん目立った。
アプリケーションメニューを見た限り、
変化がないようで、インストールをやめよう
と思ったけど、archbangのforumを見たら、
気になる点があった。

インストーラーが変わった。
architec的というか、archbangの
二世代前のインストーラーに似ている。

トップから3番目の画面。
2015-09-26--1443289799_560x357_scrot.png

で、mirror serverを選ぶ項目がない。
パーティショニングツールには、gpartedを採用。

あと、packerの仕様が変わったらしい。
aurが使いやすくなったのかな。
こんな感じ。

packer.jpg

packerって、存在するのは、知っていたけれど、
ほとんど使ったことがない。
だから、使い方をよく知らない。

live-cdの時点で撮ったデスクトップ。
2015-09-26--1443281540_1680x1050_scrot.jpg


posted by ブログ開設者 at 02:45| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

pt3_dvb_driver_install。ubuntu_trusty系amd64 & fedora22-x86_64

※少なくとも、fedoraで20151104現在、下記は通用せず。
os4-openlinux-amd64-13.5(upgradeしてtrustyなのかも)と、
gobang-2.04.2-amd64(ubuntu14.04)で試した方法。
dvb系のドライバ、ぜーんぶ入るみたいなんだけど、ヨシとして。
意外と簡単だったし、pt3は使えた。

$ sudo aptitude install linux-headers git build-essential patchutils libproc-processtable-perl
$ cd /usr/local/src/
$ sudo git clone git://linuxtv.org/media_build.git
$ cd media_build
$ sudo ./build
$ sudo make install
$ sudo modprobe earth-pt3
$ sudo reboot


buildにかかる時間は、corei5 2405sで、
12分ぐらい。(2.5ghz cpu26-28%。mem 500mib)

fedoraでもやってみようと思うけど、
下準備のところのパッケージ名が違うだろうね。
そこをクリアすれば、なんとかなる?

でも、、、カーネルバージョン上がるたび、
ドライバをインストールしなきゃならないんだから、
chadev版のほうが、その点、早いね。

いつもお世話になっているサイト:
ttp://blog.lwlv.net/archives/792

-----------

fedora22-x86_64(19→20→22)で
同じことを行ったが、上手くいった。
下準備に違いがあるだけ。

$ sudo dnf groupinstall "Development tools"
or
$ sudo dnf group install "C Development Tools and Libraries"
$ sudo dnf install perl-Proc-ProcessTable patchutils kernel-devel


エラーメッセージ:
CC [M] /usr/local/src/media_build/v4l/vb2-trace.o
/usr/local/src/media_build/v4l/vb2-trace.c:4:30: fatal error: trace/events/vb2.h: No such file or directory
#include
^
compilation terminated.
scripts/Makefile.build:258: recipe for target '/usr/local/src/media_build/v4l/vb2-trace.o' failed
make[3]: *** [/usr/local/src/media_build/v4l/vb2-trace.o] Error 1
Makefile:1388: recipe for target '_module_/usr/local/src/media_build/v4l' failed
make[2]: *** [_module_/usr/local/src/media_build/v4l] Error 2
make[2]: Leaving directory '/usr/src/kernels/4.1.10-100.fc21.x86_64'
Makefile:51: recipe for target 'default' failed
make[1]: *** [default] Error 2
make[1]: Leaving directory '/usr/local/src/media_build/v4l'
Makefile:26: recipe for target 'all' failed
make: *** [all] Error 2
build failed at ./build line 491.

posted by ブログ開設者 at 20:21| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

catalystを更新。archbang-rc-20141215-x86_64

数あるarchbangで唯一これだけで、
catalystドライバをインストールしている。

新しいxorg-serverに未対応で、
xorg-serverの更新をすーっと止めていた。

catalystのリポジトリ[catalyst-stable]を
開きっぱなしにしていたら、更新があったみたいで、
ターミナルの更新時の表示にはいろいろ出た。
以下は、logになってからのものだけど、
だいたい以下のような内容だった。文字化けが若干ある。

[2015-09-25 16:54] [ALPM] upgraded catalyst-hook (15.5-1 -> 15.9-1)
[2015-09-25 16:54] [ALPM-SCRIPTLET] - removing fglrx module from /usr/lib/modules/4.1.6-1-ARCH
[2015-09-25 16:54] [ALPM-SCRIPTLET] - removing fglrx module from /usr/lib/modules/extramodules-4.0-ARCH
[2015-09-25 16:54] [ALPM-SCRIPTLET] - removing empty directory: /usr/lib/modules/extramodules-4.0-ARCH
[2015-09-25 16:54] [ALPM-SCRIPTLET] + building fglrx module for 3.18.1-ARCH kernel ...
[2015-09-25 16:54] [ALPM-SCRIPTLET] Failed!!! Check out log: /var/log/catalyst-install.log
[2015-09-25 16:54] [ALPM-SCRIPTLET] + building fglrx module for 4.1.6-1-ARCH kernel ...
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] ok.
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] ------------------------- ANGELA -------------------------------
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] To enable 'automatic re-compilation while system shutdown/reboot'
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] feature run these commands as root:
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] systemctl enable catalyst-hook
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] systemctl start catalyst-hook
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET]
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] More info here:
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1255575#p1255575
[2015-09-25 16:55] [ALPM-SCRIPTLET] ----------------------------------------------------------------


[2015-09-25 17:00] [ALPM] reinstalled catalyst-libgl (15.9-1)
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] --------------------------- PXP --------------------------------
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] @pxp_user: I switched GL/glx links to catalyst again...
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] ----------------------------------------------------------------
[2015-09-25 17:00] [ALPM] reinstalled catalyst-utils (15.9-1)
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] -------------------------- TTY BUG -----------------------------
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] There's a bug in switching to VT/TTY
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] Using uvesafb is a workaround:
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] https://wiki.archlinux.org/index.php/uvesafb
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] ----------------------------------------------------------------
[2015-09-25 17:00] [ALPM] reinstalled catalyst-hook (15.9-1)
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] - removing fglrx module from /usr/lib/modules/4.1.6-1-ARCH
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] + building fglrx module for 3.18.1-ARCH kernel ...
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] Failed!!! Check out log: /var/log/catalyst-install.log
[2015-09-25 17:00] [ALPM-SCRIPTLET] + building fglrx module for 4.1.6-1-ARCH kernel ...
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] ok.
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] ------------------------- ANGELA -------------------------------
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] To enable 'automatic re-compilation while system shutdown/reboot'
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] feature run these commands as root:
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] systemctl enable catalyst-hook
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] systemctl start catalyst-hook
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET]
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] More info here:
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1255575#p1255575
[2015-09-25 17:01] [ALPM-SCRIPTLET] ----------------------------------------------------------------
[2015-09-25 17:01] [ALPM] transaction completed


やったことは、
更新を止めていたxorg-serverの更新。
(同一システム起動時内)

$ sudo pacman -S xorg-server

と、

$ sudo pacman -S catalyst-utils catalyst-hook catalyst-libgl

の再インストール(念のため)。

$ sudo systemctl enable catalyst-hook
$ sudo systemctl start catalyst-hook


も、念のため。

$ sudo reboot

で、問題なくディスプレー表示した。

2015-09-25--1443171699_699x577_scrot.jpg

バージョン、ちゃんと上がったかな?
前の数字、控えていないから、わからない。
pacmanでは、3つともインストールされた
ように表示される。catalystの3パッケージとも、
15.9.1ってことになっている。

ignoreしていた、xorg-serverを解放した。
症状が出てから、対応してくれるまで、
8ヶ月待ちでした。


posted by ブログ開設者 at 18:12| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする