2015年05月22日

os-proberにかかる時間の差。archlinux系

os-proberの更新があって期待したけれど、
状況に進展は一切なかった。
何が読み取りにかかる時間をコントロールしているのか、
素人には、さっぱり判らない。

■archbang-20130404-x86_64の場合
$ sudo time grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-linux
Found initrd image: /boot/initramfs-linux.img
Found fallback initramfs image: /boot/initramfs-linux-fallback.img
Found Arch on /dev/sda7
Found Arch1 on /dev/sda8
Found Ubuntu 14.04.2 LTS (14.04) on /dev/sda9
Found memtest86+ image: /boot/memtest86+/memtest.bin
完了
1.70user 1.06system 7:31.91elapsed 0%CPU (0avgtext+0avgdata 6368maxresident)k
181811inputs+56outputs (43major+759896minor)pagefaults 0swaps

■archlinux-20150420-x86_64の場合
$ sudo time grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Generating grub configuration file ...
Found Intel Microcode image
Linux イメージを見つけました: /boot/vmlinuz-linux
Found initrd image: /boot/initramfs-linux.img
Found fallback initramfs image: /boot/initramfs-linux-fallback.img
Found Ubuntu 15.04 (15.04) on /dev/sda10
Found Ubuntu 14.10 (14.10) on /dev/sda2
Found Arch Linux (rolling) on /dev/sda4
Found Arch Linux (rolling) on /dev/sda5
Found Arch Linux (rolling) on /dev/sda6
Found Arch Linux (rolling) on /dev/sda7
Found Arch Linux (rolling) on /dev/sda8
完了
4.00user 2.80system 0:53.69elapsed 12%CPU (0avgtext+0avgdata 6560maxresident)k
371583inputs+128outputs (59major+2565719minor)pagefaults 0swaps

新しい、arch系だと、アッという間に終わるんです。
同じバージョンのパッケージ群で、結果が違うということは、
更新されても書き換わらない設定ファイルかな、と思うんだけど、
/etc/grub.d/30_os-proberのスクリプトを睨んでも、なーんも
違いは見出せない。


posted by ブログ開設者 at 08:43| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

gdm不具合対応。archlinux

evo/lutionでインストールしたarchlinuxの
デスクトップ環境は、gnomeだ。

いつ頃からか、loginの画面が”チラチラ”する
ようになっていた。(ほかによい表現が
思いつきません)

試しに、gnomeのloginツールのgdmを
downgradeしてみたら、治った。

$ downgrade gdm
Available packages:

1) gdm-3.16.1.1-1-x86_64.pkg.tar.xz (local)
2) gdm-3.14.1-2-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
3) gdm-3.14.1-1-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
4) gdm-3.12.2-1-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
5) gdm-3.12.1-2-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
6) gdm-3.12.1-1-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
7) gdm-3.12.0-1-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
8) gdm-3.10.0.1-2-x86_64.pkg.tar.xz (remote)
9) gdm-3.10.0.1-1-x86_64.pkg.tar.xz (remote)

select a package by number:2


治ったから、gdm-3.16.1.1-1には、
問題がある、ってこと、確定?!

ってことでもなさそうだ。pacman.logを見る限り、
最初からこのバージョンだった、ようだから。

このところ、xorg系とか、gnome系とか、
更新があったし、取り合わせの問題なのかも。

いま云えることは、その他が最新の状態であるとき、
gdm-3.14.1-2にすると、
ログイン画面で起こる”チラチラ”が止まる
ということです。「設定」の「ユーザー」で、
自動ログインをonにしていると、気づかないかも。
スプラッシュのときから、少し揺れ始めるけど。


posted by ブログ開設者 at 07:37| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする