2015年05月02日

android-x86-4.4-r2

linuxkernelが3.18.0-android-x86+らしくて、
これなら、ネット接続できるだろう、
ということで、android-x86-4.4-r1を廃棄し、
同じ場所にandroid-x86-4.4-r2を新規インストールした。

設定方法などすっかり忘れていて、
手間取ったところもあった。

思惑通り、r8169でも、e1000eでも
ネットにつながった。
つまりh87-hd3だけでなくh97-proでも、
問題なくつながった。

インストールするときのポイント:
じぶんの場合は、ブートローダーは
インストールせず、管理ディストロで。

$ sudo nano /etc/grub.d/40_custom
menuentry "Android-x86-4.4-r2" {
saved_entry=${chosen}
save_env saved_entry
set root=(hd0,9)
linux /android-4.4-r2/kernel root=UUID=e2d24cb0-a01f-4b93-9df8-10e6db366bd8 ro quiet splash
initrd /android-4.4-r2/initrd.img
}


mageiaの場合:
$ sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
$ sudo reboot

で、androidが選べるようになるはず。

見た感じは、何も変わらない。
ただ、安定して動作している気はする。


↓  ↓  ↓  ↓
google日本語入力の設定ができないでいる。
「google日本語入力の設定」の画面が出るだけで
何もできない。結果として、
「設定」→「言語と入力」以下の設定で、
日本語だけか、英語だけみたな、、、。
不具合のように思えるけど、やり方が
解っていないのかな。


posted by ブログ開設者 at 20:17| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハード移行実験結果 2。linux

考え:
h87-hd3 + corei5 4590s につないでいたhdd(uefi+gpt)を
h97-pro + celeron g1840につなぎ替えて動作させたい。

hddの中身(hdd2、hdd3):
最初のhddのときに結果の判っているもの以外では、
mageia-4-gnome-en-i586
android-x86-4.4-r1
chakra-201405-descartes-x86_64
voyager-hd-14.04.02-amd64
slackware64-14.1(kde)

結果:
androidがネットにつながらなかった。
端末を起動して、システム内を探索すると、
e1000eは、あるんだけど、
カーネルが3.10.52-x86+で、
ダメなときのe1000eと想われる。

デスクトップのandroid上から、
カーネル更新する方法を知らない。
一般的なunixコマンドは在るけれど。
旧環境につないで、とりあえずネットに
つながるようにし、i386版のe1000eを
ぶっこんだら、使えるようにならないかな。
linuxkernelは使っているけど、
システムの構造が一般的なlinuxとは、
まったく異なる。makeやinstallが
通らないだろうね。

chakraは、つなぐだけでは、ネットに
つながらなかった。デバイス設定をやりなおしたら、
つながった。ifconfig -aで出た
デバイス名(たしかeth2)にしたと思う。

voyagerは、中身はubuntuだし問題なかった。
slackwareも、問題なかった。


posted by ブログ開設者 at 14:59| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレビのdvb視聴対策。oraclelinux-r6-u5-server-x86_64

oracleのオリジナルカーネルでioctl moduleが
動いていないので(実は、モジュールがあるかないか
起動できるかどうか、調べることにアタマが行かず)、
カーネルを新規構築をしてしまった。

ioctlというのは、われ御用達の受信コマンド
tuneを使うに当たって、必要なモジュールらしい。
tuneコマンドを実行すると、ioctlがない、
というようなエラーが出る。

同環境下で動いている
slackwareでコンパイルしたときの.configファイルを
もってきて、カーネルをコンパイルした。
ダウンロードしたカーネルのソースは、チョー最新の4.1-0-rc1。
狙いは当たって、tune受信のエラーが消え、
dvbでテレビを見ることができるようになった。

このモジュール関連のエラーは、linux広しといえども、
ほかにない。ふつうなら動いているモジュール
と想われる。ま、oraclelinuxは業務用linuxだろうから、
エンタメ方面の機能を充実させる必要性は、ないないんだろう。

映りが冴えなくなっていたrecpt1受信の映像に
おさらばできて、気分がいい。

デフォルトカーネル3.8.13-44-el6uekからの
ジャンプアップの巻でした。


posted by ブログ開設者 at 14:34| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

pacmanパッケージ更新不具合。chakra−201405−descartes−x86_64

pacman-4.2.1-1にアップグレードするときにerrorが出た。
/usr/lib/libalpm.so.9が存在する、とかで。

$ sudo mv /usr/lib/libalpm.so.9 /usr/lib/libalpm.so.9.bak
$ sudo pacman -S pacman
($ sudo reboot)
$ sudo pacman-db-upgrade

で、正常化した。
rebootは、やっちゃったので、
書いただけで、たぶん要らないと思う。


posted by ブログ開設者 at 11:37| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起動時の、backlightほにゃららの赤字が五月蝿い向きに。archlinux

たぶん、ラップトップ用の機能だと思われる。
デスクトップでは、意味がないから、赤字になる。
対策しておいても、systemdが更新されると、
maskが外れる。
デストロイヤーの顔はまだ観たことがないけれど。

$ sudo systemctl mask systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service
Created symlink from /etc/systemd/system/systemd-backlight@backlight:acpi_video0.service to /dev/null.



posted by ブログ開設者 at 11:03| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更新で、firefoxがまた起動しない。archbang-init-20140425-x86_64

$ firefox
XPCOMGlueLoad error for file /usr/lib/firefox/libxul.so:
libvpx.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory
Couldn't load XPCOM.


$ sudo ln -s /lib/libvpx.so.2.0.0 /lib/libvpx.so.1

として、とりあえず、起動できるようにはなった。
以下のerrorはまだ出るが、、、。

(process:1932): GLib-CRITICAL **: g_slice_set_config: assertion 'sys_page_size == 0' failed
libgnutls.so.30: 共有オブジェクトファイルを開けません: そのようなファイルやディレクトリはありません
Failed to load module: /usr/lib/gio/modules/libgiognutls.so


ま、firefoxがふつうに使えはする。


posted by ブログ開設者 at 10:51| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップルのafc://......。linux

若くて、アタマがフレキシブルかつセンシティブで、
pcないし通信に詳しい人なら、何をいまさら、の話。

われ、かなり蛍光灯。

nautilusでipodtouch4gをマウントする
云々の話をだらだらやっていたのは、だいぶ前のことだけど、
実態は、マウントではなく、通信してアップルの用意した
クラウドサーバにアクセスしているみたい、

ってことを今頃認識した。

nautilusの一時的選択設定で、「場所を入力する」だった
と思うけど、選んでパス表示し、左側の欄でiopdtouchを選ぶと、
パスのところに、afc://以下が出る。
これって、わがpcの中じゃないじゃないか。

つまり、撮った写真でもなんでも、linuxに接続して
見えるようにした途端に、データを吸い上げているわけだ。
ファイルマネージャーにブラウザ機能を持たせただけ。

itの人たちってのは、
なぜここまで他人の領域に入りたがるのかだろうか。
おそらく利益が得られるからだろう。
IT的資源の合理化、有効活用なんて詭弁だね。


ウィルスとセキュリティ会社の関係だって、ふつうのアタマで
考えれば、拡販は容易だ、ってことに気づく。
みなが信じきっていた近代史だって、
やらせもやらせのこんこんちき。
受けてきた教育は洗脳でしかなかった
ってことに、人々が気づき始めている。

この世に、神は居ないのか、神は。ったく。
こういうpm2.5以上の不誠実な世相を思えば、
人類が人類をやってる意味ってあるの?
メディアが何も云わなくても、
9.11が300%やらせ、ってことは、明々白々だ。

日本人ならではの人間性善説って、
やっぱりガラパゴス的貴重さだと思う。
この精神性は、ほんとうに大切だ。
もう第二の鎖国、鎖国だー!

♪踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々

で、アハハ、アハハてやていく?
それとも、

♪悲しくて悲しくてー
とてもやーりーきれーない、
この限りないむなしさの
すくーいはーないだろかー

で、地球への彗星の一刻も早い衝突を祈る?

狸と狐の化かし合いみたいな世界で、
後に残るものってあるのかな。

何日か前、
メディア不信極まれりのこの時代にも、
階下の郵便受けから○○新聞を
押し頂いていくご老人の姿を見たよ。
じぶんよりはだいぶ上の世代。


posted by ブログ開設者 at 09:48| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする