2014年10月30日

最新?の暫定策。tuneコマンドによるdvb受信終了時のctrl-c操作問題/pt2/archbang

ユーザー(じぶん)のホームに居るとして、
$ nano s.sh
下記を記述保存(2行)
#!/bin/sh
sudo umount -f /dev/dvb/adapter12 && sudo /usr/local/bin/fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter2 /dev/dvb/adapter12 -o allow_other

$ sudo chmod 755 s.sh

$ nano t.sh
下記を記述保存(2行)
#!/bin/sh
sudo umount -f /dev/dvb/adapter13 && sudo /usr/local/bin/fuse_b25 --target /dev/dvb/adapter3 /dev/dvb/adapter13 -o allow_other

$ sudo chmod 755 s.sh

  ※上記で、生成される仮想アダプターの番号は、
   /etc/rc.d/rc.localを
   どう設定したかで異なります。4〜7とかになるようにしたら、
   キータッチが1回減りますよ。

「./」を前につけなくても、スクリプトを実行できるようにします。
$ nano .bash_profile
同ファイルの最初のほう、startxより上に追記(2行)
PATH=$PATH:$HOME/bin:.
export PATH


logout→login
$ source .bash_profile
としないと、設定が反映されなくなった(archbang-150121)。

チャンネルチェンジしたくなったとか、一旦視聴を終えたあと、
また観たくなったとかのとき、比較的手早く復活させる方法として
このダサイ方法を使っています。使い方としては、

$ tune 12 13 &
[1] 3290
$ Successfully tuned to Dlife .
fg
tune 12 13
^C ←ctrl-cの操作をするとこれが出る、
   確かめなくてもfse_b25の接続は切れています。で、
$ s.sh
$ tune 12 13 &
[1] 3306
$ Successfully tuned to Dlife .

てことで受信しなおせます。地上波なら$ t.shにして。
シェルスクリプト化しただけですけど、
エディタ等に保存してある長いコマンドを
コピペして実行するよりは早いです。
情けない方法ですが、
じぶんとしては、実力的にこれが精一杯かな。

systemdがハード(マザーボード等)の
仕様変更についていけていないのが原因なら、
systemdを使わない方法で、
fuse_b25接続のdaemon起動ができるように
組めればいいはずで、
上級者なら出来るんでしょうね。

recpt1の終了の、ctrl-c操作では、
問題は出ないですね。ちょっとしたことだと思う。
でも、それが初心者にはむずかしい。tune.cのコンパイルが
できなくなって、ながーく悩んだときがありましたが、
上級者から教えていただいた、
「DTV_ISDBS_TS_IDをDTV_ISDBS_TS_ID_LEGACYに
変更すればコンパイルできませんか?」
のひと言で問題が氷解したときと似たムード。

vlcを閉じただけでも、接続が切れるので、
ほんとイライラ。なんとかならないですかね。

posted by ブログ開設者 at 19:02| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

tsukubaのサーバー状態→復旧。archlinux

archlinuxに、便利なサイトがあるのを知りませんでした。
https://www.archlinux.org/mirrors/status/#outofsync

ミラーサーバーの状態をチェックできます。
じぶんだけに起きているのか、
そうではないのか、客観できますね。

↓  ↓  ↓  ↓
日付変わって、27日00:34現在、復旧している。
国家予算削減で、やーめた、にしたのかな
と思って、ぜんぶjaistに変えちゃったあとに、これだもの。

こんなに長時間、完全に止めたんだから、
凄いサーバー用cpuを採用したことを願う。
確かに速いみたいだ。時間帯にもよるだろうけど。


posted by ブログ開設者 at 21:21| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

usbフラッシュメモリにブートローダーを入れてしまった。archbsd

archbsdのインストールで、
インストール先を間違って、大事な大事な
資料の入っているusbフラッシュメモリを上書きして
しまったんだけど、

インストールした、ということは、
ブートローダーもusbフラッシュメモリの
mbrに入ったってことで、

fat32にフォーマットしなおしても、
mbrは、そのままだから、
biosは、searchして、起動ディスクと睨み、
usbフラッシュメモリを選んでみたりする。
そのたんびに起動不発になって、、、。

archbsdの起動が上手くいかなとき、
mbmから起動したらどうか、と発狂し、
da0をhddと信じていて、
やはりusbフラッシュメモリに
インストールしてしまった。

usbフラッシュメモリにarchbsdをインストールしてしまった
ことに気づき、削除しフォーマットし直したあとに、
まだmbmが起動画面が見えたときは、
幽霊かと思った。冷静さを取り戻して、
ああ、そういうことかと理解したけどね。

で、ddコマンドを使って、mbrのブートローダーを
どうだ!と削除した。昨日、別なusbフラッシュメモリに
去年末ぐらいまでの資料なら在って、
それをコピーしたのがぜんぶぶっ飛んだ。
512バイトの中には、ファイルの番地も記録してあるのだった。
でまた、コピーのやり直しになって、、、。

そこで話が終わりなら、まあよかった、で済むのだけれど。
終わらない。

適正な状態に戻ったはずのusbフラッシュメモリ。
それを挿したまま、ide接続のhddなり、sata接続のhddを
つなぎ替えると、biosでそのhddを見えなくするという
不思議な技を繰り出してきた。
同じhddでリブートをかけ、あれこれディストロを
使っている分には問題ないが、hddを替えて起動したとき、
そのつなぎ替えたhdd(os)が起動できなくなる。
じぶんが先着上位である、と言い張るかのように。

ってことで、usbフラッシュメモリにosを入れる時代では
あるけれど、ただの保管庫に戻すのは、むずかしい!
ということは、あるかもしれない。

じぶんと関係ないhddを biosに認識させないって、不思議な技。
それも、全面的に見えなくするわけじゃなく、advancemodeの
bootのプライオリティを決める本設定と
ezモードのところのでかいメディアアイコンには
リストされず、同じページの簡易に
ブートメディアを手早く選ぶべるところにだけ
hddの名前がある、という状態。いちいちbiosに入れば、
起動はできたんだけど、、、。

hddをつなぎ替えるときは、いっしょにusbフラッシュメモリも
一旦抜いて、os起動してから
改めて挿さす、という状態になってしまった。

天にましますわれらの神が「抜いとけ習慣」を与えたもうた?


posted by ブログ開設者 at 17:43| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする