2013年02月20日

ibus-anthyがちょっとヘン。ubuntu系

ふつうにインストールしてあるだけだから、
たぶん、最新版なんだろう。
変換で漢字を確定したのにまだ下線が残って、、、
なんなんだ、ともう一度リターンを叩くと、
改行しちゃう、へんだよね。
descentos、backboxなど
おしなべてぜーんぶ同じ状況。

使えるものになったarchのほうの
それは、直前の入力モードが
再起動後でも維持される仕様のようで、
これまでとはちょっと勝手が違う。
が、下線が残るような不届きな面はない。


posted by ブログ開設者 at 23:35| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

退却。archpup

hddにインストールして、rootのパスワードとか、
一般ユーザーを作って、保存しようとしても、
設けた保存領域に保存できなかった。
なんでなんだろう。

ってことで、puppyはpuppy。
使い物にならない、と独断。

archbangは、ええよお。
スリルある。変化ある。
たいがいのことは、できる。

でも、archlinuxを一度やって
からでないと馴染んでこないだろうね。
だって、いまどきのarchbangは、
インストールしただけでは
日本語表示さえできないのだから。

でもねえ。linuxmintなどに漂う
コテコテ感がない。

archbangで実現できていないのは、
脱獄なしでのiPodのマウントだけ。


posted by ブログ開設者 at 23:25| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

linux-3.7.9-1、問題なし。archbang(arch系)

まだ、2台ほど、更新しただけだけど、
問題ないみたい。

arch系といっても、
適用して差し支えないのは、ほぼ同じ更新速度の
archlinux、archbang、bridgelinux。

それにしても、カーネルの更新速度が早いなあ。


posted by ブログ開設者 at 07:49| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする