2013年02月15日

login画面の簡単な変更法。slim/arch全般

じぶんがいちばん使う手。
ポイントは、テーマの
login窓が画像のどこに位置しているか、
心得ていること。

arch系だったら、とりあえず、
$ sudo pacman -S slim-themes archlinux-themes-slim
として、各種loginテーマをインストールしておく。
あれこれ試して、画像との絡みで、
どこにlogin窓があるのがいいのか探す。
テーマによって、いろんな場所にある。

じぶんは、
OpenSky(archbangのデフォルト)の
login窓の位置に合わせて、
画像を探してくる。

インストールした既製品テーマは、
/usr/share/slim/themes内に存在する。
/etc/slim.confの下のほうの記述、
current_theme の名前を
インストールした「テーマのフォルダ名」
に変えれば、簡単に試せる。

たいがいは画像を変更したいわけだけど、
各テーマのフォルダ内のbackground.jpgが
バック画像になる。これを
使いたい画像と入れ替えれば、
めでたしめでたしになる。

じぶんは、オリジナルはつねに残したいから
例として、下記のようにコピーしている。
$ cd /usr/share/slim/themes
$ sudo cp -r OpenSky Yamanami
ダウンロードしておいた希望の画像がalps.jpgだとして、
$ cd ~/Downloads
$ sudo mv alps.jpg /usr/share/slim/themes/Yamanami/background.jpg
とすれば、alps.jpgの名前がbackground.jpgになって、
OpenSkyで使われていたbackgroundの画像と入れ替わる。

あとは、
$ sudo nano /etc/slim.conf
として、下のほうの記述、

current_theme    OpenSky

current_theme    Yamanami
と変更すれば、
次、loginしたときには、
新しい画像でloginできる。

テーマの試し見ツールがあったんだけど、
名前がどうしても思い出せない。
pacmanでインストールできたはず。


posted by ブログ開設者 at 15:58| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッチ当て済みvlc転用注意点。descentosi386(3.0)

標準インストールで、vlcは既に入っている。

usbメモリに作り置きしてあった
パッチ当て済みdebパッケージは、全部で15。

libvlc5_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
libvlc-dev_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
libvlccore5_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
libvlccore-dev_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-data_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_all.deb
vlc-dbg_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-nox_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-fluidsynth_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-jack_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-notify_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-pulse_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-sdl_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-svg_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc-plugin-zvbi_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb
vlc_2.0.5-0ubuntu0.12.04.1_i386.deb

ラクチンラクチンとただインストールしたら、
エラーになった。

synapticに現れた破損パッケージを
同ツールを使って削除したうえ、
エミュレータを使って、
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
したり、面倒なことになった。

$ sudo apt-get install devscripts
$ sudo apt-get install libcrystalhd-dev
$ sudo apt-get install vlc-plugin-fluidsynth

作成済みdebパッケージをインストールするときでも、
上記3つのインストールをしておくことが肝要のようだ。
3つをインストールしてからだと、
エラーは、出なかった。しっかり覚えておく。


posted by ブログ開設者 at 14:07| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すすめたい。super_grub_disk

マルチブートをやっていて、どういうわけだか、
osを見失うということは、
♪よくある話で、踊りましょう、夢の中へ夢の中へ
逝ってみようと思いませんか、あぁ、ル、ルルー、、、。

恍惚とした気分を冷まして、現実の幸せを蘇えらせる
ツールというか、liveなmediaというかアプリがある。

ひと呼んで、super_grub_disk。
(最近まで知らなかった。知っている人は、
とっくの昔に知っているんだろ。pc起動できる
liveなcd)

mbrとかにインストールしたブートローダーが
壊れたら、とりあえずhdd全体が起動しなくなるよね。
でもubuntu系とか同じhddに入れてあって、
パーティションのトップにローダーが入れてあれば、
このディスク(isoファイルをダウロードして
焼いておく)を使って、起動できる。
本体が起動しちゃえば、とりあえず、
$ sudo grub-install /dev/sdaとかしちゃって、
rescueなディスクに頼らずとも起動するようには戻せる。
そこからあれこれやれば、元通りの
起動の仕組みに直せるよ。

さっき、descentosを再度インストールしたが、
じぶんは確かに、sdaじゃなく、sda7に
ブートローダーのインストール指示を行ったのに、
再起動したら、gruberrorになって、
os選択画面も出なくなった。

こういうときに出動させると、
直せるわけでごわす。ハハッ!


posted by ブログ開設者 at 11:49| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする