2012年07月23日

一日一善。pt2復活。acrhbang(unofficial版)

2012/07/02頒布のunofficial版、いいと思う。
以下は、備忘録を兼ねて。

◆事前の用意
$ sudo pacman -U ~/Downloads/linux-headers-3.4.4-2-x86_64.pkg.tar.xz
※↑要るのか、要らないのか、知らないんだけど、OSインストールしたままでは、入っていない。
 kernelバージョンと合わせる必要があるのかどうかも知らない。
 pacmanで単純にインストールしたら、linux-headers 3.4.6-1になるはず。

◆カードリーダー関係(使用リーダーは、例のntt.comのもの)
$ sudo pacman -U ~/Downloads/ccid13-1.3.13-1-x86_64.pkg.tar.xz

Targets (2): pcsclite-1.8.4-1 ccid13-1.3.13-1

  ※ccid13は、「ないぜよ! ccid13……」の記事下にある。

$ sudo pacman -S pcsc-tools

Targets (6): cairo-perl-1.082-2 glib-perl-1.260-1 gtk2-perl-1.244-1
pango-perl-1.223-2 pcsc-perl-1.4.12-3 pcsc-tools-1.4.20-1

$ sudo pacman -S gtk2 pango glib

Targets (3): gtk2-2.24.11-2 glib-1.2.10-9 pango-1.30.1-1

◆スマートカードの最新リスト入手
$ sudo wget http://ludovic.rousseau.free.fr/softwares/pcsc-tools/smartcard_list.txt --output-document=/root/.smartcard_list.txt

--2012-07-23 16:13:55-- http://ludovic.rousseau.free.fr/softwares/pcsc-tools/smartcard_list.txt
ludovic.rousseau.free.fr をDNSに問いあわせています... 212.27.63.136
ludovic.rousseau.free.fr|212.27.63.136|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 146252 (143K) [text/plain]
`/root/.smartcard_list.txt' に保存中

100%[======================================>] 146,252 107K/s 時間 1.3s

2012-07-23 16:13:58 (107 KB/s) - `/root/.smartcard_list.txt' へ保存完了 [146252/146252]

◆カードリーダーのチェック
$ sudo /etc/rc.d/pcscd start
:: Starting PC/SC smart card daemon     [DONE]


◆カード認識をチェック
$ pcsc_scan
----------------------------------------------------
-----------------------------------------------------
Japanese Chijou Digital B-CAS Card (pay TV)

◆arib25を入手、インストール
Yoshiki Yazawaさんの
http://hg.honeyplanet.jp/pt1/rev/c44e16dbb0e2 から
bz2をクリックしてpt1-c44e16dbb0e2をダウンロードして、~/へ展開。

$ cd ~/pt1-c44e16dbb0e2/arib25/src
$ make
$ sudo make install

$ su
# echo "/usr/local/lib" > /etc/ld.so.conf.d/local.conf

# ldconfig -v

  ※なんかいっぱい出るがerrorがでなければ、ヨシとせよ。

# ldconfig -p | grep b25
libarib25.so.0 (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libarib25.so.0
libarib25.so (libc6,x86-64) => /usr/local/lib/libarib25.so

◆録画ツールとドライバ入手、インストール
やはりYoshiki Yazawaさんサイトより
最新版pt1-b14397800eaeを入手する。~/へ展開。
http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/tip.tar.bz2

◆録画ツール
$ cd ~/pt1-b14397800eae/recpt1
$ ./autogen.sh
$ make
$ sudo make install
install -m 755 recpt1 recpt1ctl checksignal /usr/local/bin

◆ドライバ
$ cd ../driver
$ make
$ sudo make install
nstall -m 644 pt1_drv.ko /lib/modules/`uname -r`/kernel/drivers/video
if [ -d /etc/udev/rules.d -a ! -f /etc/udev/rules.d/99-pt1.rules ] ; then \
install -m 644 etc/99-pt1.rules /etc/udev/rules.d ; \
fi
depmod -a

◆dvb版ドライバを標準装備したkernelを使っている場合の決まりごと。

$ sudo nano /etc/modprobe.d/modprobe.conf

blacklist earth-pt1 ←の1行を追記。

$ sudo reboot

$ ls -l /dev/pt1*  ←デバイス作成の苦労のあとを確認
crw-rw-rw- 1 root video 251, 0 7月 23 17:14 /dev/pt1video0
crw-rw-rw- 1 root video 251, 1 7月 23 17:14 /dev/pt1video1
crw-rw-rw- 1 root video 251, 2 7月 23 17:14 /dev/pt1video2
crw-rw-rw- 1 root video 251, 3 7月 23 17:14 /dev/pt1video3

というふうに出て、tvが映らなかったら、詐欺。

$ recpt1 --udp --strip --b25 000 - /dev/null
enable UDP broadcasting
enable B25 strip
using B25...
pid = 1135
C/N = 12.318967dB
Recording...

gnomeplayerでもvlcでもよく映る。

何でも最新、最新、てのはよくない、とアタマに刻む。
現状では、linux-kernelは3.4.4-2を含むそれ以前でないとダメ。
posted by ブログ開設者 at 18:47| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一筋の光明。archbang

2012/07/02に出たunofficialのインストールデータを見つけた。
kernelは、linux3.4.4-2である。つまりpt2が動く
kernelのはず。

接続したusbメモリのmountも正常だし、
ファイル名が文字化けすることもなくなった。

$ sudo pacman -Syy
$ sudo pacman-key --init
$ sudo pacman-key --popurate archlinux

などの操作は必要なようだけど(この行、投稿後に訂正。失礼!)

$ sudo pacman -Su

とインストール済みパッケージ(現物)を
最新にまでupdateしなくても、
必要なパッケージはインストールできた。
これはじぶんが気づかなかっただけ、
のようだ。

このunofficial版、すでにダウンロードできるサイトはたくさんあるが、
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_archbang/releases/
からいけば、md5sumのファイルチェックができる。

ただし、pacmanでインストールできるのは、つねに現時点の
最新のパッケージだけ。かつてのパッケージを使う場合は、
https://schlunix.org/archlinux-about
で調達できるはずだったんだけど、利用するには年額いくらか
払え、みたいなサイトに変わったようだ。

pt2に関して、動くか、
まだ試していない。動くとすれば、
chardev版の更新パッケージが用意されるまでは、
kernelの更新は、慎んだほうがいいんだろうね。

ちなみに、
ファイルマネージャーが、spacefmというpcmanfmの
発展型だったりする。慣れないと使いにくそう。
デフォルトのログイン画面もofficial版とは違う。
posted by ブログ開設者 at 00:56| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

涙目。archbang

新archbang、一度目のインストールに失敗し、
二度目はなんとか成功できた、と思っていた。
ところが、ところが、usb挿しのメモリや
起動disk外のhddなどを自動でマウントしない。参った。

インストールの一度目の失敗は、
kernelのみlinux3.4.4-2までで留めたく
あれこれやったことが原因だった。
pacmanを最新の状態にしないと(pacman自身に
おれは最新だと思わせないと)、よろず上手く
インストールさせてもらえない。

2012/5ごろ頒布の最新インストールデータ。そのkernelは、
linux3.4.4-1。これはめっけもの、ひとつだけ
上げれば、pt2的には、完の璧と思ったのだったが、、、。

で、しかたくなく、言われるままに、
最新の状態にしたら、
kernelは、linux3.4.5-1へと一気に進んだ。

ここで、懲りずに抵抗を示して、壊れたarchbangから
linux3.4.4-2をもってきて、kernelのダウングレードを
試みるも、案の定errorになった。

たぶん、linux3.4.5-1では、現状pt2は使えないだろう。
そのこと以外がふつうに使えればいいかと思ってはいたのだが、
上で言ったとおり、他のドライブを自動で
mountしないのだ。deviceとして見えてはいる。
手動mountすると、usbのメモリの
ファイル名が文字化けする。文字codeの変換なんか
も含めてコマンドを叩いてみるも、
mountすることができなかった。

usbを挿したままでarchbangを再起動すると
起動時画面の最後のほうの表示が
パッと散って、エラーっぽくなったりする。
/var/log/error.logによると、
kernel: [ 41.538297] sd 6:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
kernel: [ 41.561124] sd 6:0:0:0: [sdb] No Caching mode page present
なーんて出ている。kernel(linux3.4.5-1)そのものに原因があるってことじゃないのか。
その証拠に、インストール後何も更新せず、つまりkernelがlinux3.4.4-1の状態なら、
ふつうに自動mountして、文字化けもしなかったのだから。

こういう、少しでも込み入った話になると、
当方に直す力はない。kernelの更新を待つのみだ。

でも、もう一回だけ、インストールをしなおしてみるかな。

ちなみに、linux3.4.4-2以前とlinux3.4.4-3以降の間には、
越すに越されぬ大きな割れ目があるような。自分的には意味はないが、
linux3.4.5-1からlinux3.4.4-3には、またふつうに戻れるんだろうか。
posted by ブログ開設者 at 11:46| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする