2018年05月20日

archbang-1905.iso(openbox,systemd,x86_64)。vmware / debian-9.0.0

stable版のリリースのようで、rcが名前から外されています。
vmware workstation player-14.1.1上ではありますが、
無事にインストーラー(abinstall)が
動作するか試しました。問題なかったです。
rc-1205と異なるところは、
avahiのツールがないことです。
メニュー上では、Avahi SSH サーバ検索 Avahi VNC サーバ検索
と出ていたツールです。これが削除されています。

あとの装備は、
lxterminal-0.3.1-2
netsurf-3.7
pcmanfm-1.3.0
l3afpad-0.8.18.1.11
deadbeef-0.7.2
tint2-16-4-1
tint2-16.4-1(tint2confメニューにあり)
obconf-2.0.4-5
lxappearance-0.6.3-1
openbox-3.6.1-3
volumeicon-0.5.1-1
networkmanager-1.10.8-1
netwrok-manager-applet-1.8.11dev+12+ga37483c1-1

などです。

ランチャー設定は、lxterminalのみ

カーネルは、4.16.9-1-ARCH

インストール状態にはしましたが、初設定は
何もせずです。実質的にrc-1205と変わりませんので。
個人的には、削除します。stableバージョンなので、
archlinuxを気楽に試したい、という向きには、
このバージョンが好適だと思います。

仮想環境に入れるなら、virttualbox上がよいでしょう。
表示をfullscreenにするだけなら、
おそらく何もしないでもできると思います。

vmware上、liveで起動後のデスクトップ
archbang1905_2018-05-20_14-41-01.jpg


posted by ブログ開設者 at 15:42| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

こちらも、Xが立ち上がらなくなるのは同じでした。artixbang-rc-070518

中身の設計がちがっていて、違う結果もあるかな、
と思ってやりましたが、同じでした。
20780519 14:12現在、ホールドなし、フル更新での結果です。
カーネルは、4.16-8-ARTIXに上がりました。

修復するには、、、
オートログインさせていた場合、しなくなります。
ブラックスクリーン上、rootでログインします。私の環境の場合

# downgrade xorg-server xorg-server-common xf86-video-intel \
xf86-video-vmware xf86-video-vesa


使わないビデオドライバは削除です。
インストールが成立したら、勝手にユーザーログインして
デスクトップが現れます。

今回の件では、後学のためにも、何において、
これが起こるのか、目撃したいです。
細かく更新していかないと、判らないですね。

参考:2018-05-18 06:24の投稿。


posted by ブログ開設者 at 14:28| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20180519 13:08現在、フル更新して問題なしですた。archbang-rc-0203(2018)(systemd,x86_64)

更新したパッケージは、以下のとおりです。

パッケージ (26) bind-tools-9.12.1.P2-1 ca-certificates-mozilla-3.37-1
curl-7.60.0-1 e2fsprogs-1.44.2-1 firefox-60.0.1-1
gst-plugins-base-1.14.1-1 gst-plugins-base-libs-1.14.1-1
gstreamer-1.14.1-1 libdrm-2.4.92-1 libinput-1.10.7-1
linux-4.16.9-1 linux-headers-4.16.9-1 mesa-18.0.3-4
nss-3.37-1 pacman-mirrorlist-20180517-1
virtualbox-guest-modules-arch-5.2.12-2
xf86-video-ati-1:18.0.1-2 xf86-video-dummy-0.3.8-3
xf86-video-fbdev-0.4.4+13+g9af7f81-1
xf86-video-intel-1:2.99.917+831+ge7bfc906-1
xf86-video-nouveau-1.0.15-3 xf86-video-openchrome-0.6.0-3
xf86-video-vesa-2.4.0-2 xf86-video-voodoo-1.2.5-10
xorg-server-1.20.0-2 xorg-server-common-1.20.0-2


更新後、再起動して、
Xが問題なく立ち上がり、openboxのデスクトップが
出ました。ってことは、artixbang(openrc)のほうで
立ち上がらなくなる件は、
やっぱりopenrcの対応の問題なんですかね。
まだこれといった追加パッケージが挙がってこないので、
放置していますけど。


posted by ブログ開設者 at 13:23| Comment(0) | linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする